トランス脂肪酸日本では表示義務なし!米では3年後禁止体への影響は?


アメリカで「トランス脂肪酸」が3年以内に全廃

 

マーガリン、ショートニングなどに含まれている「トランス脂肪酸」。

アメリカのFDA=食品医薬品局は、動脈疾患との関連が

指摘されていることなどから、トランス脂肪酸を

多く含む油脂について、食品への使用を3年以内に

全廃するよう通達しました。日本の対応は、

どうなっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

トランス脂肪酸とは

油脂に含まれる栄養素の ひとつです。

天然の食品中に含まれるものと、

油脂を加工する工程でできるもの があり、

問題となるものはほぼ後者の トランス脂肪酸です。

 

トランス脂肪酸の生成は 液体の油脂から半固形、

固形の油脂を 作り出す工程や、油脂中の不純物除去の 工程で行われる。

おもな取らん脂肪酸を含む食品はマーガリン、

ショートニング、ファストブレッド等です。

 

これらを現代寮に使用した、パン、ケーキ ドーナッツ、

洋菓子、揚げ物、アイスクリーム、 などにトランス脂肪酸は使用されています。

生活習慣病予防のために、専門家の会合 「食事、栄養慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合」

ではトランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の 1%未満にするように勧めています。

 

日本人の場合摂取量の目標値は1日あたり2g以下

が目標値とされています。

 

農林水産長が2008年実施した調査では 1日食べている

トランス脂肪酸の量は 0.92~0.96gと推定されます。

 

トランス脂肪酸を取りすぎた場合

血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増え

HDLコレステロール(悪玉コレステロール)が

減ることが 実証されています。   狭心症や心筋梗塞のリスクが増加します。

 

スポンサーリンク

 

世界での規制状況

今、世界的にトランス脂肪酸の規制が広がっています。

デンマーク(2003年)、スイス(08年)、オースト リア(09年)では、

100g当たり2g以上のトランス脂肪酸を含んだ油脂の国内流通を禁止。

 

米国、カナダ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラ ジル、

韓国、香港、台湾、中国では、食品含有量表示を義務付けています。

このようなトランス脂肪酸規制の世界的広がりは、

トランス脂肪酸が人の健康に有害であることが 明らかになってきているからです。

 

日本ではなぜ規制されないのか?

WHOは、トランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の 1%未満に

するように勧告していますが、 日本人の平均の摂取量は0.3%と

推計されていて、内閣府の食品安全委員会は、

「日本人の摂取量は少なく、通常の食生活では

健康への 影響は少ない」としています。

 

これが根拠になっていると思われます。

 

大丈夫でしょうか? しかしあくまで平均値であって、

ファーストフードやスナック等の 消費量が非常に多い食生活を

繰り返していたら、WHOの基準を 超えてしまうことは容易に 想像できます。

 

まとめ

本当に困ったものです。

トランス脂肪酸は

コンビニにある食品などは

全てあてはまってしまうくらい

の食品に使用されています。

 

日本ではまったくの無規制 民間業者任せになっています。

各国の対応から見ても トランス脂肪酸は健康への悪影響は

はっきりしているので、できるだけ早期に

何らかの 規制は必要と考えられます。

 

>

 COMMENT

関連記事

父の日にはは豆腐とビールで感謝の気持ちをあらわす。

ゴルフ宅配便の送り先ゴルフ場の間違い。レアケースですがもめることが

マイナンバー制度の導入目的と経済効果は?行政の都合押し付けはゴメンです。

マイナンバー紛失の場合すぐに専用番号に連絡しましょう。

滝を見る!効能とは?パワースポットで森林浴を楽しもう!!

関西は5枚切り関東は6枚切り、食パンのふかいー話