賞味期限、消費期限の違い食中毒との因果関係の立証は?

相談内容

相談

コンビニ弁当で食中毒?

責任は問えるのか?

コンビニでお弁当を買い、家に帰って

食べました。ところが次の朝、ひどい腹痛と

吐き気が。病院にいって治療をうけ、会社も

休まざるを得ませんでした。

お弁当の賞味期限は切れていませんでしたが、

コンビニや製造業に責任は問えるでしょうか。

 

回答

「賞味期限」とは、缶詰や冷凍食品・食肉加工品など

品質劣化が緩やかな食品につけられる表示で、

「品質が保持され、美味しくたべられる」期間という意味

をあらわします。

 

JAS法では、(農林物資の規格及び品質表示の適正化に関する

法律」に基づくものです。

 

最近まで同様の表示として、食品衛生法に基づく

「品質保持期限」がありましたが、消費者から

「紛らわしい」という声があり、農林水産省と

厚生労働省の協議で「賞味期限」に統一する

事に決められました。

[ad#ad-1]

一方、弁当や生菓子など、、品質が保たれる

のが製造日を含め5日以内の品質劣化が

早い食品については、「消費期限」が表示されています。

 

これは、「飲食可能な期限」をあらわすもので、

衛生上安全に飲食できる、期限を示しています。

 

しかしながら、「賞味期限」にせよ「消費期限」

にせよ、それらは飲食する際の、一応の目安に

すぎません。

 

消費期限内であっても、暖かいところに放置

しておけば、雑菌が繁殖していたんでしまうので、

販売店など

[ad#ad-1]

 COMMENT

関連記事

マイナンバーカードの利用範囲税金と社会保障手続きのみですか?

歩きやすい靴の特徴!健康に対する影響大きい。自分にあった靴を選ぶ

マンション理事の仕事理事会の仕事とは?管理会社任せにしない事

大阪成田山 2016 豆まきの有名人参加者はだれ予想時間 や参加料 は

父の日にはは豆腐とビールで感謝の気持ちをあらわす。

兵庫県自転車保険の加入義務化へ 個人賠償保険が有効?