ゴルフ宅配便の送り先ゴルフ場の間違い。レアケースですがもめることが


ゴルフ1

ゴルフ宅配便の送り先ゴルフ場の間違い

コンビニなどでゴルフ宅配便で

ゴルフバッグを送る場合。

 

電車で移動の場合はよくある

ケースですね。

スポンサーリンク

Q. ゴルフ宅配便の送り先の

ゴルフ場を(運送業者が)間違えてしまったので

顧客にはその日、貸クラブで

プレーをお願いしました。

 

貸クラブ代はもちろん

コンビニ負担で支払った

のですが、借りたクラブで

ショットがうまくいかず

恥をかいたので、

慰謝料を払えといわれて

 

困っています。

 

 

 

A. 貸クラブ代の負担すれば足りる

自分のゴルフクラブ

が使えなかった程度では

通常心身に加えられた

違法行為で精神的障害

が発生したとまではいう事が

出来ず慰謝料の

請求はできません。

 

しかし、目的を

達しなかったことは

確実です。ゆえに

ゴルフ宅急便の運賃と

貸クラブ代を運送業者側

が負担すれば、十分だと

考えられます。

コンビニなどでもよくあるトラブル

です。

 

例えば可能性は非常に少ない

ですが、プロゴルファーが

有料の運送業者を使って

手違いが起こった場合

これについては、また別の問題

があります。

 

自分のクラブが使えず

思い通りのプレーが出来なかった。

 

賞金を逃した、その実力相当の

賞金を弁済する義務があるか

については、微妙な問題です。

 

運送業者側が、プロゴルファー

の試合用のクラブと知っていたら

高価品に類した、責任があり

貸クラブ代を負担しただけ

では済まない可能性が大きいです。

 

入賞の可能性というのは

不確実な損害なので

確実な損害(いつも入賞できるとは

限らないので)

 

過去の成績などから

ある程度の保証は

止むおえないことです。

スポンサーリンク

まとめ

クレームを受ける側としては

●慰謝料はご容赦ください

運賃と貸クラブ代は当方で負担

させていただきます。

 

という事で話をおさめる。

ただ伝票は顧客が書くものなので、

間違ったのは運送業者という

ケースです。

 

クレームを言う側

貸クラブ代と運賃は貴店で負担してください。

とはっきり告げる。

 

責任をうやむやにしない。

ただし、これ以上の

責任追及はしない

という事で

話しを収めることにします。

 

またプレー日をよく確認せず

荷物を受けてしまって

クラブが届かないという

ケースでは、荷物を受けた

取次店(コンビニ等)の責任が

問われます。

 

この場合運送業者側

には一切の責任は

無いと考えられます。

スポンサーリンク

 

 

 

 COMMENT

関連記事

プレゼンを上手に行う4つのポイントとはNGとはどんな事?

民泊の「法律問題」規制緩和どこからが旅館業法違反なのか

テーブルのがたつきが気になる!!簡単に治す2つの方法とは?

モラハラ家庭で育った子供にみられる3つの特徴とはどんなもの?

マイナンバー制度のメリットとは住民に直接関わるのはどんな事

NO IMAGE

クリスマスプレゼントを小学生の男の子にスターウォーズグッズは人気