敬語で感謝の気持ちを伝えるビジネスシーンで使える表現は?


ありがとうの気持ちを確実に伝えるには?

「役に立つ」は目下の人間が目上の人間

に言う言葉としては失礼な表現。

目下の人間が目上の人間に使えば、

 

目上の人間は、目下の人間に使われてしまう

という印象を持つので要注意です。

スポンサーリンク

 

このように日本語は微妙な表現で評価を

下げてしまう可能性があるので気を付けてください。

 

感謝の気持ちを伝える機会もおおい

ビジネスでのシーンです。

 

もちろん仕事の上だけでなく、家族や

近所付き合いでも、ありがとうの気持ちを

確実に相手に伝えるのは人間関係の

 

維持には大事なことですね。

 

言葉としてはありがとうございます。

というのがシンプルです。が

相手との関連に応じて、いくつかのものが

使い分けられたらバリエーションは増えるでしょう。

 

どのようなことがありがたかったのか?

助かったのかを添えると表現も広がるでしょう。

 

一般的な感謝の言葉とは

●ありがとうございます

●感謝しております

●おかげさまで

●お礼の申しあげようもございません

●恩に着ます

●このご恩は一生忘れません

●いつもお心にかけていただき

誠にありがとうがざいます

●なんとお礼を申し上げればよいか

言葉もございません

 

アドバイスをもらった時

●勉強になりました

●参考になりました

●お気遣いありがとうございます

●たすかりました

●感謝いたします

 

手助けしてもらった時

●いろいろお骨折りいただき

ありがとうございました

●お手数をおかけしました

●お力添えいただきありがとう

ございました

 

一歩進んで

「役に立ちました」はあまり使わないほうが

いいといいました。

謙虚さが少ないという意味でです。

 

ではどういう表現がいいのかといえば

「参考になりました」といえば

相手に対する敬意も感じられるので

好感度があると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 COMMENT

関連記事

NO IMAGE

ビジネス敬語・慣用句社会人なら常識電話で役立つ10個