地域特性チャートを使い自分の町を見直す!引っ越しにもEvaCvaとは?


 

「自分が暮らす町」は全国で第何位?

地域の特性が分かるWebサイトが期間限定公開中です。

 

自分の住んでる町って?

一体住民サービスや防犯

 

雇用など全国平均からみれば

どうなの?こういうことって結構

気になるものです

 

あんまり全国平均より数値が悪いと

悲しくなりますね。

 

そういう地域の民力を簡単に

レーダーチャートに落とし込める

ツールがあります。

株式会社富士通研究所が開発したエバーシーバ

です。ソフトの使い方は下の

ユーチューブをご覧ください。

 

期間限定公開中です。2015年12月末(予定)まで、

無料で利用できるようです。

shicyouson1

↑   ↑

データの取り出し方解説

 

エバーシーバ

↑   ↑

 

個人の利用目的では

引っ越しするときの

参考に非常に役立ちます。

 

スポンサーリンク

 

財政、下水道普及、平均寿命、健康、防犯、交通安全

省資源、低酸素、農地管理、森林、雇用、財政

に区分されています。

結構細かく項目が分かれています。

これで十分全国平均と比較して

検討が可能ですね。

非常に便利な機能ですね。

 

企業利用では

商業でいえば

店舗の出店を検討したり

 

支店の進出計画を練ったり

いろいろな利用の仕方が考えられますね。

 

スポンサーリンク

 

ご自分の市町村の実力がわかる。

レーダーチャートでご自分の居住の

自治体の実力がわかる。

 

設定をすればこんなチャートが出てきます。

↓     ↓

レーダーチャート1

 

 

自分たちが暮らす町にどんな魅力があるか、

すぐに思い浮かべることはできますか?
他の町と比べると、どんな特徴があるのでしょう。

 

また、これから引っ越しをするとしたら、

どんな町で暮らしてみたいですか?

 

例えば、「子育て環境が充実している町に住みたい」

「病院が多く、医療が充実している町に住みたい」など、

 

地域を探す時は、インターネットで情報を収集したり、

市区町村が公表しているデータを参考に

したりする人が多いのではないでしょうか。

 

ところが、市区町村ごとの個別のデータを入手することはできても、

他の地域と同じ指標で比較してみたり、

複数の情報を多角的に検討してみたりといったことは、

データが別々にあるため、なかなか難しいのが現状でした。

 

そこで富士通研究所は、環境や社会、経済など、

さまざまな観点から地域の特性を発見できるツール

「EvaCva(エヴァシーヴァ)」を、ICT業界で初めて開発しました。

スポンサーリンク

 

 COMMENT

関連記事

瀬川あやかのデビュー曲は?経歴やライブ予定や事務所はどこ?

小室圭のプロフィールや年収!勤務先は奥野総合法律事務所!評判は?

「ミニオン大脱走カフェ」の場所や開催期間やメニューは

鉄玉子の使い方や錆びない保管方法は?送料無料通販も紹介!【南部鉄器】

風景画をエクセルで描くパソコン画家がすごい!堀内辰男氏60歳定年を機に

「泊まれる本屋」本棚の中にベッドが。施設や宿泊料金注意点は