レジオネラ菌は温泉施設に普通に存在通常消毒だけでは予防不能?


レジオネラ菌梅雨の季節は要注意!

日本の公衆浴場では普通にみられる細菌です。

 

また自宅でも24時間循環風呂

を利用している家では要注意です。

 

スポンサーリンク

 

全国の温泉施設には言うに及ばず

温泉付きマンション

介護施設も同様です。

 

レジオネラ菌は“好気性菌(こうきせいきん)”です。

“レジオネラ”と言っても種類は50種以上あります。 

 

簡単に言うと、 「酸素の存在下で発育する細菌」なのです。

繁殖には感染はどういう条件があるのでしょう。

 

「5つのキーワード」がそろってしまうと

「増殖」+「感染リスク」 が飛躍的に上がると

おもわれます。

 

キーワード1 40℃前後

 

温泉施設はレジオネラ菌にとって適温

 

度設定をいろいろと変えて「ぬる湯」「あつ湯」 等がありますが、

ほとんどは38℃~41℃近辺に設定されている浴槽が多いです。

 

スポンサーリンク

 

一般にバクテリアは 31.5℃を超えた段階、

レジオネラ菌は39℃近辺で急激に増殖を開始し、

60℃を超えると徐々に死滅し始めます。

 

 キーワード2人間の汗

然の事ですが、人間が入浴すると汗を出します。

化学的にはアンモニア(NH3)ですが、

 

この窒素化合物 (N)分がバクテリアのエサとなります。

(アンモニア・尿素など) 一般的には、平均的な入浴で

1人600ccの汗を出す。と言うデータがあります。

 

キーワード3ろ過器の設置

環式温浴施設の場合、「ろ過器」が設置されています。

このろ過器内にバクテリアが

 

バイオフィルム化(生物 膜化)して身を

潜めているケースがほとんどです。

 

重曹(炭酸水素ナトリウム)泉以外の一般単純温泉で、

浴槽が「ヌルっ」とした場合、配管内、

浴槽内にもい るかも知れません。

 

キーワード4弱アルカリ性

国内における一般的な「単純温泉」の場合、

ナトリウム、カリウム、カルシウム等を多く含み、

PH が 「7後半」 の「弱アルカリ泉」が最も多いとされます。

 

キーワード5ジャグジー・シャワー

設の演出でジャグジー・打たせ・シャワーなどを

発生させる浴槽があります。 レジオネラ菌が発生している場合、

このミスト状のエアロゾルに乗り人間の呼吸に

よって肺に取り込まれて感染致します。

 

報道内容では?

盛岡市保健所は3日までに、

市内で発生したレジオネラ菌の集団感染について、

 

同市向中野の公衆浴場「銭湯岩手山」が原因施設であると判断し、

公衆浴場法に 基づき60日間の営業停止処分としました。

 

併せて、患者のうち市内の70代男性が2日早朝に

死亡したと発表した。銭湯は八戸市の

「りんご温泉津軽グループ」が 運営していた。

 

保健所によると、5月中旬から下旬にかけて、

50~80代の男女12人が相次いで発症。

調査で全員が4月下旬から5月下旬に銭湯を

利用していたことが分かった。

 

立ち入り検査で、浴槽などから基準値を上回る

レジオネラ菌を検出。患者の菌と一致したことから、

原因施設と断定し、衛生管理に違反があったとして

1日付で営業停止命令を出しました。

 

死亡した男性は5月上旬に利用後、同中旬に肺炎を発症し入院していた。

他の11人のうち8人は現在も入院中で、残る3人も通院しているという。

 

同グループの日向義孝代表は「問題が指摘されたため、

責任を取って先月中に(銭湯の)廃業を決めた」と話しました。

 

レジオネラ菌によって引き起こされるレジオネラ症とは

レジオネラ属菌を包んだ直径15μm以下の

エアーゾルを吸入することにより

起こる気道感染症です。

 

症状は悪寒、高熱、全身倦怠感、筋肉痛 などが起こり、

呼吸器症状として痰の少ない咳、少量の粘性痰、

 

胸痛、呼吸困難などが現れ症状は日

に追って重たくなっていきます。
レジオネラ肺炎は健常者もかかりますが、

体の弱い高齢者、幼弱者にかかり易い

傾向にあり潜伏期間は通常一週間です。

 

最近の事故では、施設の経営者は

業務上過失致死傷容疑で捜査を受けています。

 

レジオネラ属菌は環境細菌であり土壌、

河川、湖沼などの自然環境に生息していますが、

 

循環式浴槽など水温が20℃以上の環境ではアメーバー、

繊毛虫など細菌を餌とする原生動物が生息しています。

 

これらの細菌に取り込まれたレジオネラ属菌

は死滅することなく細胞内で増殖することができるため

塩素消毒で確実に殺菌できない場合がでてきます。

 

まとめ

調査によると

現在、日本の浴場施設の60%でアメーバが、

30%以上でレジオネラ菌が検出されています!
アメーバーがレジオネラ菌の宿主で、

バイオフィルムはアメーバーの巣窟です。

ゆえに日本の温泉施設では

普通にいる細菌だということです。

 

消極的対策になりますが。

公衆浴場はできるだけ利用しない

ということになります。

 

過去の感染ケース

 

 

 

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

神社・寺院の参拝のルール御朱印はお参りを済ませてから。

レストランのマル秘クレーム処理ノウハウ円満解決法とは?

NO IMAGE

食後低血圧めまいの原因と予防治療法を実践し危険防止を!!

トランス脂肪酸日本では表示義務なし!米では3年後禁止体への影響は?

父の日にはは豆腐とビールで感謝の気持ちをあらわす。

ミニバンと団塊の世代の相関性、シニアマーケットは魅力的?