格安シムとは!毎月の携帯料金の節約術には必須では?


毎月支払っている携帯料金が高すぎると

思っている人は数多くいるので、

 

場合にもよりますが、

逆に回線スピードが

遅いとか不便になる場合も

そこをしっかりと理解した上で、

 

スポンサーリンク

 

格安SIMカードの利用を考えなければなりません。

インターネットなどで格安SIMカードの価格ばかりを見て、

実際に使用する時のことを考えていない人が少なくないです。

 

格安SIMカードが登場すればみんなそれに

乗り換えてしまうのではないかと考え

られます。

 

格安SIMカードとは ?

最近、格安SIMカードと言う

言葉を聞くことが多くなりました。

 

格安SIMカードとはどういうものでしょう。

格安と付いていることから、安い商品であることは想像

できますね。

 

安いなら自分も利用したいと考えるはず。

SIMカードは携帯電話の中に入っている

小さなICチップです。

 

スポンサーリンク

 

あなたの携帯電話番号などのデータが入ったものと

考えればいいでしょう。これが格安と言うことですから、

携帯電話の使用料が他の電話に比べて

安いということです。

 

それでも携帯電話会社はたくさん宣伝していますから、

それぞれにメリットがあると考えていいでしょう。

 

つまり、格安SIMカードを利用して電話料金を安くできる

ということです。

 

格安SIMカードの特徴は一般の

携帯電話のSIMカードだけを入れ替えることで、

電話料金を抑えることができる点です。

 

ただ、格安であるため使用上の制限が設けられています。

例えば、音声通話ができない場合があるとか、

データ通信料の上限があることなどです。

 

もちろん、格安SIMカードの事業者の契約プランも

いろいろありますから、制限を外すことも

もちろんできます。

 

格安SIMカードのランキング

音声通話を主体とする人とデータ通信を

メインにする人で、選ぶべき格安SIMカードは

変わってきます。

 

格安SIMカードのランキングを見る時も、

どちらを選ぶか考えてからよく

調べてチェックしましょう。

 

まず、音声中心のランキングです。

 

1位はDMMモバイルの通話SIMプランです。

月額1,577円ですから、大手キャリアよりも

格段に安く設定されています。

 

データ通信も1GB付いています。

通話料は30秒で21.6円です。

 

IIJmioみおふぉんミニマムスタートプランが第2位です。

月額料金はDMMより少し高くなりますが、

データ通信が3GB確保されています。

 

使用している時はどこのキャリアでも変わりはありません。

縛りが2か月と短いIIJmioが人気の高いポイントです。

 

第3位はNifMoです。月額はIIJmioと変わりません。

公衆Wi-Fiサービスが無料ですから、

これに魅力を感じている人も多いのでしょう。

 

それからデータ通信でのランキングを紹介しましょう。

第1位はOCNモバイルです。月額料金は972円です。

データ通信に限定した格安SIMカードは

 

軒並み1,000円を切っています。料金だけなら

音声通話をあきらめると言う考えもあります。

DMMモバイルはデータSIMプランも提供しています。

 

キャリアによって、どのようなユーザーを

対象としているかを知ることは

良いことです。

 

ランキングの順位ばかりを見るのではなく、

その内容を確認することが大切です。

 

実質のサービスです。

目先の金額も重要ですが、

使用して便利だと感じなければ

あまり意味がありません。

 

これからも格安SIMカードはたくさん登場しますし、

サービスもどんどん変わっていくでしょう。

 

みなさんに、一番合ったサービスを選択する

事が大切だと考えられます。

 

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

インスタグラムのハッシュタグの重要な役割商用利用に一工夫が

格安SIMとスマホの買い方のパターン3通りとはサービス内容とは

スマホのウィルス!アプリインストール時に感染!!アンドロイドは特に・・・

ネットワークカメラのクラウドシステム VOL.1

ウェブサイトの著作権は画像・映像・文章を網羅勝手な使用はNGです。

NO IMAGE

「エムディヴィ」と呼ばれる 遠隔操作ウイルス使用?個人情報流出で・・・