父の日にはは豆腐とビールで感謝の気持ちをあらわす。


豆腐1

豆腐とビール

チョット個性的な父の日ギフトになります。

 

豆腐とビールの組み合わせになります。

みなさんはお父さんに感謝の意を表したことが

ありますか。

父の日に、何かプレゼントをしたことがありますか。

 

(父の日プレゼンテーション)

方法は簡単です。

まずスーパーで100円くらいの豆腐とビールを購入します。

費用も千円かかりませんので、ぜひ試してください。

 

日本人なら、豆腐が大豆から作られることは

ご存知でしょう。

 

しかし絹ごし豆腐の90%、木綿豆腐の87%が

水分であることを知る人は少ないでしょう。

スポンサーリンク

 

豆腐はこれだけの水分を含む食品ですので、

豆腐は水を食べているようなものという

ことが言えます。

 

ということは即ち豆腐のおいしさとは

原料水の質で豆腐のおいしさは

決まります。

 

さらに豆腐の原料の大豆には

大豆油が含まれているので、

均一な豆乳を作るのには、油とよくなじむ水

を原料水にすることが大切です。

 

私はあまりスーパーマーケットでは

豆腐を購入しません。

 

理由は近所においしい豆腐屋さんがあるからです。

そこでは、原料水として、地下300mの深井戸から

汲みあげた地下水を使用しています。

 

水質は地下深くなるほど、地層中のミネラルを

含んでアルカリ性に傾き、油を溶かす力も

高くなります。

 

これが私の近所の豆腐屋さんのおいしさの秘密です。

一方スーパーマーケットなどで売っている豆腐は

どんな水で作られたかは不明ですし、味にも

特徴がありません。

 

しかしそんなスーパーの豆腐でも

確実においしくする方法が存在します。

スポンサーリンク

 

購入してきた豆腐の水(最初容器に入っていた水)をすてる。
浄水器などを通過させた水・もしくはミネラルウォーターに10分ほど浸す
↑     ↑     ↑

ここがポイント

 

そうすることにより、豆腐全体の水が入れ替わりとてもおいしい

豆腐に変化します。手間もかかりません。

 

ただ凝固剤にはニガリ(塩化マグネシューム)を使った豆腐を

選んでください。

 

値段が安いから(硫酸カルシウム)を凝固剤に使った

豆腐は購入しないでください。

おいしくないし、硫酸カルシウムは石膏の事です。

 

最近では1丁1000円の豆腐もあると聞きます。

一度食べましたがなかなか美味でした。

 

値段が味を作るのか、味が値段を作るのか

美味しい豆腐とは大豆の味が際立っていて

醤油でごまかさなくともおいしく食べることができます。

 

 

(父の日当日おもてなし)

先ほどの豆腐とキンキンに冷えたビール

豆腐はもちろん先ほどの「豆腐をおいしくする方法」

を実行してください。

 

お父さんには

「日頃のお父さんの苦労を感謝して、今日は特製の豆腐と

とびきりおいしいビールを用意させていただきました。

どうぞ、ごゆっくりお召し上がりください」

お父さんが感激すること請け合います。

 

要は金額ではなく、ひと手間かける

気持ちです^^

老婆心ながら、もちろんビールは発泡酒ではなく、第三のビールでもなく

必ずビールを買うこと。よく冷やすこと。

これは守ってください。

ここで手を抜いてはだめですよ!

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

空き家問題と「空き家対策特別措置法」解体か売却固定資産税は?

マイナンバー制度のメリットとは住民に直接関わるのはどんな事

マイナンバー制度の新たな紐づけについては85%が慎重意見を

歩きやすい靴の特徴!健康に対する影響大きい。自分にあった靴を選ぶ

モラハラ家庭で育った子供にみられる3つの特徴とはどんなもの?

テーブルのがたつきが気になる!!簡単に治す2つの方法とは?