シライ電子工業会長令嬢のCA白井優佐さん2015葵祭り斎王代に

白井優佐さんはどんな人?

白井優佐2

2015年葵祭の主役である

第60代斎王代に決まった白井優佐さん、

5月15日に行なわれる京都三大祭りの一つ、

葵祭(あおいまつり)のヒロインを

務める第60代「斎王代(さいおうだい)」に

航空会社スカイマークの客室乗務員、

白井優佐(しらいゆうさ)さん(26)=東京都品川区在住=が

決定したもようです。

 

白井さんは京都市右京区にある電子部品製造

「シライ電子工業」の総会長(56)の長女。

 

笑顔がかわいい着物の良く似合うお嬢さんです。

クラリネット演奏が趣味で、得意料理は煮物。

葵祭行列保存会が10日に発表しました。

 

斎王代は京都にゆかりの着物を着なれた

独身女性の中から選ばれる

決まりになっているようです。

 

白井さんは高校まで京都市で過ごし、

現在は国内線に乗務している。

 

事前の関連行事や祭り当日は休暇を取って

駆けつけるということです。

葵祭では平安装束の約500人が京都市内の

約8キロを練り歩き、十二単(じゅうにひとえ)を

着た白井さんは約50人の女人列で主役となります。

衣装一式で重さがなんと20kgもあるそうです。

 

白井さんは「千年以上も受け継がれてきた

歴史ある祭りでご奉仕させて頂けることを

 

心からうれしく思います」と述べ、

普段の仕事との共通点を問われると「皆さまを笑顔で

お迎えするところは同じ。いつも通り緊張せず、

笑顔でお務めしたいです」と話した。

[ad#ad-1]

4月19日献茶式

2015年の葵祭(5月15日)白井優佐さんは

斎王ゆかりの賀茂斎院跡に建つ

櫟谷七野(いちいだにななの)神社(京都市上京区)

で最初の神事に当たる献茶式に出席しました。

 

15回目となった式自体は今年で終了します。

 

同神社は平安時代から鎌倉時代まで、

賀茂社に奉仕した未婚の内親王、

斎王が身を清めて住んだ御所「斎院」の跡地にあります。

 

葵祭の斎王代は斎王の代理と

位置づけられるが、第60代という節目を迎えたのを機に、

平成13年から続いてきた献茶式を来年以降は

取りやめることになりました。

 

白井さんは、成人式で祖母に見立ててもらったという

赤の振り袖姿で両親らと参拝し、神前で茶を献上。

 

「昔の斎王から『しっかりおつとめして』という

お声が聞こえたような気がした。

 

自覚がますます大きくなりました」と話した。

 

坂本雅彦宮司(59)は「献茶式がなくなるのは寂しいが、

葵祭と神社の歴史は連綿と続いていく。

 

賀茂斎院跡の顕彰という一定の目的は果たせたのではないか」

と語りました。

 

白井さん赤い振袖がよくお似合いです^^

 

 

なお斎王代になるためには、京都に

ゆかりのある女性だけではなく

資産家のお嬢様という条件もあるらしく、

いろいろ費用がかかるためといわれています。

 

また葵祭の主役であるため、重要な役割を担います。

 

ただ下世話なはなしですが、斎王代にきまると

次々に縁談が舞い込むということです。

[ad#ad-1]

 COMMENT

関連記事

日本絶景スポット!佐用町の南光地区は130万本のひまわりが咲き乱れる

葵祭2019斎王代決定!葵祭りのヒロイン歴代斎王代も良家のお嬢様を選出?

一保堂併設カフェ「嘉木」お気に入りの4つの理由お茶は文化だ

NO IMAGE

醍醐寺の見どころやアクセス駐車場は?世界遺産京都は17箇所

八代目儀兵衛(京都)は予約必要?メニュー内容や価格アクセスも

2015びわ湖花火大会おススメは比叡山頂から眼下にびわ湖と花火