2016年USJ新アトラクション投資でディズニーの牙城に迫れるか


2014年度過去最高の1270万人と絶好調

この好機に2016年に新アトラクションとして

100億円を投資し新ジェットコースター

の設置が決定している。ジェットコースターは

ジュラシックパーク地域に設置が検討されています。

 

バックライド・ハリーポッターにつづき

第三のヒットになるか注目が集まっています。

 

USJの入場者数が2009年の770万人をボトムに切り返し

2014年7月に明らかになった「USJ2015年度再上場を検討」

との報道が現実味を帯びてきている。

 

スポンサーリンク

 

■株価低迷の末、上場廃止に

 

USJは2007年3月に東証マザーズで上場を果たしました。

2009年9月、上場廃止となった。理由は業績の落ち込みにより

株価が低迷したため、ゴールド マンサックスによる

TOBが行われた。2010年には従来の旧株式会社ユー・エス・ジェイは消滅し

一旦SGインベストメンツ株式会社を存続会社とし て吸収合併、

 

新生株式会社ユー・エス・ジェイが発足するという複雑な経緯です。

 

そのため、東証マザーズ上場時のUSJと現在のUSJは別会社であり

現在は非上場となっています。

 

■USJを復活に導いた3つの要素

 

まずは魅力的な新規アトラクションへの投資である。

2012年度はファミリー向けアトラクション「ワンダーランド」、

2013年度は逆さまに走行する ジェットコースター

 

「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」、

2014年度は総投資額450億円と売上高の約半分となる

 

巨大な投資となりました。

 

「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」と、

新しいアトラクションは顧客の心を的確につかみ、

入園者数の増加に大きく貢献している。企 画力の勝利ともいえます。

 

ハリーポッターに比べれば今回の投資は100億円と小ぶりです。

また、非上場企業となったことで、

投資に対する意思決定がスピーディになり投資ファンドからの

資金調達が容易となりました。

 

上場企業であれば

「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の

ように売り上げの半分を占める巨額の

投資がすんなりとできなかったことが考えられます。

 

そして円安による外国人観光客の増加。

今や関西圏での代表的なテーマパークであるうえ、

ユニバーサルスタジオは日本、アメリカ、シンガポールの

3か国しかないため、アジア圏からの観光客の増加は今後も期待できます。

 

スポンサーリンク

フライングダイナソー登場!

特別チケット

パークの15周年を満喫できる特別セット!

新登場のアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」の待ち時間短縮に加えて、15周年限定パレード「ユニバーサル・リ・ボーン・パレード」を特別エリアから楽しめます。

大人/子ども/シニア共通価格:

¥3,612(税込¥3,900) ~¥6,112(税込¥6,600)

まとめ

2016年度は総投資額100億円をかけたジェットコースターが

「ジュラシック・パーク」のエリアに登場の予定です。

 

注目のアトラクションのためさらなる顧客増 へつながると思われます。

 

加えて東京オリンピックの開催、円安傾向の定着が続くとみこまれるため、

着実な入場者数の増加につながる予想はされます。

 

しかし、現在の敷地 面積から収容できる入場者には限界があります。

表のようにディズニーに比べありらかに、面積、遊戯

今後の集客増を叶える敷地の確保が課題。

 

そのためUSJでは新たなテーマパークの候補地として沖縄を挙げてい るほか、

大阪府のカジノ構想に参加するなどの

模索を始めているが、まだ未定の状態です。

 

不安材料は

 

  • 上場することで意思決定のスピードが鈍化する可能性が

 

  • 円高傾向が復活した時は、外国人観光客の激減

 

  • 2020年の東京五輪で関西立ち寄りがそれほど見込めない可能性も

 

  • USJ大阪の敷地面積の狭さ

 

  • バックライド・ハリーポッターにつづくあたり企画を打ち出せるか?

 

  • 中国バブルの崩壊による大阪経済の落ち込み

 

USJは上記6個ほどの不安材料を抱えています。

特に中国バブル崩壊は徐々に現実味帯びています。

 

その時にはUSJは2009年の再来にならないように

願うばかりです。

 

管理人個人の見方は半々というところです。

中国景気と為替(円安が続く)次第だと

考えています。

 

 

(表)

TDS(東京ディズニーシー) TDL(東京ディズニーランド) USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)
面積(万㎡ 47.8  48.3  39
遊戯施設数  23  47  18
 飲食店数  33  53  21
 物販店数  32  59  24
 建設投資額  3380億円  3600億円  1700億円
 年間来場者数(2013年)  1721万人  1408万人 1010万人

 

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

京都祇園周辺のかき氷暑い夏にぴったりの厳選4店いかが?

滋賀シャワークライミング川遊びアウトドア厳選2社今から間に合うよ

NO IMAGE

さんだバーベキューガーデンズ花山観光園で丹波地鶏を味わう

2015なにわ淀川花火大会17年ぶり復活の尺玉、最寄り駅は?

京都のおすすめ御朱印帳オリジナルデザインで人気の6冊(神社編)

滋賀県にある神社の御朱印ぜひ訪れたい4箇所をセレクトしました