電力自由化のインフラ!スマートメーターでお得エコに省エネを


電力自由化のインフラ!スマートメーター

電力自由化で、各家庭に取り付けられる『スマートメーター』この新しい電力量計こそが

実は私たちの生活を変えるカギを握っているのです。

スポンサーリンク

電力消費を根本から変えるスマートメーター

自由化された家庭電力市場で、消費者の経済的恩恵のカギを握っている重要なインフラが「スマートメーター」です。

スマートメーターは内部に通信機能を持っています。デジタル式の次世代型電力量計です。人力に頼っていた従来の検針器とは違って、使用電力量を自動で検針し、

通信回線を通して、データを電力会社に送信します。30分ごとに計測されるデータを分析うすれば、より効率的な省エネルギー対策や、電気料金プランの選択アドバイスが可能になります。

電力消費の根本にある環境問題の解消や、ますますの料金値下げにつながることが期待されています。

全家庭への導入は2024年までに

従来の電力量計は順次好感され、家庭などの低圧部門では、日本全体で2024年末までにすべての電力量計がスマートメーターに交換される予定です。

交換時の手続きは必要ありません。今ついている計量器の検定有効期限満了に合わせた定期的な取り替え時、

または新築などで新たに設置するタイミングで交換されます。(宅内のHEMS機器を使った電力メーター発信情報サービスを利用する場合も交換されます。

そして、実は、ガスや水道関連の企業もメーターをスマートメーター化する実験も始まっています。将来、ガス・水道メーターもスマートメーター化されれば、自宅で使用しているライフライン全体を

把握することが可能になることでしょう。さらに、メーター同士を連携させれば、もっとお得で環境にやさしい、生活スタイルを選べるようになるはずです。

各国によって事情が取扱いは変わりますが、電力自由化後発国の日本では、先進国の事情を見ながら特性を情報ビジネス、情報サービスのツールとして、性能以上に有効活用しようとしています。

 

スマートメーターで何が変わる?

導入により

省エネ対策

●環境問題の解消

●電気料金の値下げ

●最適プランのアドバイス

スポンサーリンク

スマートメーター導入スケジュール

東京電力 2020年まで

中部電力・関西電力 2022年まで

北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力 2023年まで

沖縄電力 2024年まで

 

スマートメーターのデメリット

この東電のリンクにはいかにも「スマートメーターで便利に省エネ」みたいに書いてありますけど、実際は膨大なデーターを有害な電波で飛ばしまくり、

巨大なサーバーで管理するわけですから、そこが膨大な電気を消費しますのでここにも電気を消費します。

世の中のすべての電気検針器がスマートメーターに交換されると、旧型のメーターの膨大なゴミが出て、産業廃棄物になるということ

従来の機械式メーターは最大40年は使えるのに、 スマートメーターは、1台1万円で10年毎に更新しなければならない代物。こりゃ、ゴミの元ですね。

膨大な設置コストは、市民の電気代に上乗せ。ココも問題です。

しかし問題は我々メーターを選べないのですよね。

 

まとめ

いいことばかりの、スマートメーターにも欠点はあります。その欠点を補って余りある省エネ効果をもたらさなければいけないですね。それは我々個々人の生活での電気の使い方にも細かな注意で大きな改善をもたらすことが可能です。

[ad#ad-

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

感情をうまく伝えられない人の5つの特徴!アンガーマネジメントから

NO IMAGE

夏休み自由研究!小学校中学年用かんたん”合成洗剤の影響”の実験

オルビス「新ポイント制度」買えば買うほど優遇されるその内容とは?

日本トイザらスのブラックフライデー2016!セール期間や商品は?

お金への執着はお金をなくす

本の水濡れ対処方法図書館で借りた本をきれいに修復する方法