久野彩佳(鈴木康大の妻)のカヌー成績は?実家がスポーツジム経営


鈴木康大カヌースプリント競技元日本代表の妻
久野彩佳さんは北京オリンピックに出場しています。

北京オリンピック女子カヤックフォアに出場
2008年北京五輪当時のデータは以下のとおりです。

選手
久野 綾香 (くの あやか)

生年月日: 1987年12月8日
年齢 20歳 ※年齢は2008年8月8日時点 2018年1月現在30歳
性別 女
身長/体重 167cm/63kg
出生地 福島県
在学校名/
最終学歴 福島県立安達高等学校
所属 (株)久野製作所
出場予定種目 女子カヤックフォア500m

北京五輪女子カヤックフォアは決勝まで進出
6位入賞を果たしています。

決勝 メンバーは北本 忍 ・久野 綾香 ・竹屋 美紀子 ・鈴木 祐美子
タイム 1:36.465 入賞

 

スポンサーリンク

鈴木康大選手薬物・器物破損の背景

久野彩佳さんと鈴木康大選手はスポーツジム経営をしている。
これは恐らく鈴木康大選手の選手生活を
サポートするために久野 綾香さんの父がスポンサーと考えられます。

夫婦でスポーツジムをオープンし、ここで鈴木康大選手
にトレーニング場兼職場(店長)として仕事を与えて
サポートしていたものと考えられます。

2016年6月にスポーツジムDREAMを開業。
有名アスリート経営とあって会員数も150名ほど
在籍していたといいます。

 

 

久野彩佳さんの父は会社経営者です。
スポーツジムは完全な副業だと考えられます。
目的は完全に鈴木康大選手への支援です。

社名 株式会社 久野製作所
代表 久野 浩二
住所
本社
〒964-0202
福島県二本松市針道字大来ヶ作14-1
TEL: 0243-46-3871
FAX: 0243-46-3599

周りは良いことと考えていたのでしょうが。
これがマイナスに働いたようです。

1.妻の久野 綾香さんや義父の協力
鈴木康大選手が引退に傾いた時、同じカヌー選手として
彼の気持ちがわかる分復活を後押ししたと言われています。

義父の物質面での支援もありました。
このことが鈴木康大選手にプレッシャーになったのでは

また鈴木康大選手の妻が全くアスリートでなければ
彼はすんなり引退した可能性が高い。

で今回の出来事が起こっていなかった。
オリンピックが東京開催というのも動機として
大きかったと思われます。

2.ライバル選手が成長した
これは止められないです。
自分が成長するしかないが、鈴木康大選手には
もう伸びしろがなかった。

3.年齢的焦り
周りのライバルは若い、カヌーのようにタイムレース
はやはり年齢の壁は厳しい。
野球のように技術が作用するスポーツだと

自分が技術を高め若い選手に勝つこともできる。
しかしカヌーなどでは体力に頼る部分があるので
この辺がシビアです。

 

鈴木康大選手の経歴

鈴木 康大(すずき やすひろ、1985年10月6日 – )は、
千葉県出身のカヌー選手。立命館大学卒業。
元滋賀レイクスターズパドリング部門に所属。

日本におけるカヌースプリント競技の中心選手の一人。
2012年より拠点をオーストラリアに移した。
身長180cm。血液型O型。

 

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は9日、
昨年9月に石川・小松市で開催されたカヌー・スプリント日本選手権で、
鈴木康大(やすひろ、32)=福島県協会=が
小松正治(25)=愛媛県協会=のドリンクに禁止薬物を混入し、
小松がドーピング違反で資格停止となっていた事実を公表した。

 

JADAは鈴木を8年間の資格停止とし小松の処分を解除した。
日本で他者の薬物混入による違反が起きたのは初めてで、
日本カヌー連盟は鈴木を最も重い除名処分にする方針だ。

 

トップアスリートがライバルに薬物を
飲ませる卑劣な行為が発覚した。
鈴木と小松は、ともに昨夏の世界選手権(チェコ)
にも出場したチームメート。

 

都内で会見した日本カヌー連盟の成田昌憲(しょうけん)会長は
「謝っても謝りきれない。がく然とした。完全に裏切られた」と
沈痛な面持ちで話した。

 

鈴木康大はJADAから8年間の資格停止を受けたが、
連盟は最も重い処分の「除名」とする方向。
3月にも理事会に提案し、事実上の追放となる見通しだ。

 

鈴木は昨年9月11日の日本選手権の競技前、
小松が離れた隙にドリンクボトルへ禁止薬物の
筋肉増強剤メタンジエノンを混入。

 

遠征でも一緒だったためボトルを見分けることができた。
小松はカヤックシングル200メートルで優勝し、
鈴木は5位だったが、試合後に小松の尿から禁止成分が検出された。

本人が薬物使用を否定したため、
JADAは10月20日に暫定的に資格停止処分としながらも
水面下で調査を続けていた。

鈴木は小松と非常に仲が良く、ドーピング発覚後、
小松が最初に相談したのも鈴木だった。

処分から1か月後の11月20日、都内で連盟幹部に
「私が弱い人間だった。無実の小松をこのままにしておけない。償いたい」
と話して“犯行”が発覚した。

昨年8月のハンガリー遠征中、
インターネットでメタンジエノン50錠を購入。

日本選手権前に千葉の実家から宿舎に郵送し、
試合前日に1錠を砕いて準備するなど計画的犯行だった。

 鈴木は小松も含めた複数の代表選手に対し、
練習器具やパドル盗難などの妨害行為を行ったとも証言。

10年の広州アジア大会の頃から妨害行為を働いており、
石川県警は禁止薬物混入のほか、
道具盗難の被害届を小松から受理し、捜査に着手した。

被害に遭った他の3選手とは今年に入って示談が成立した。

関連記事

中沢えみり(墨田区議)の経歴や学歴や年収は?橋本英教議員元妻

務台俊介は長靴業界が儲かった発言で辞任へ!問題のおんぶ動画や離婚の噂が?

『音楽教育を守る会』の署名用紙やHPと参加会社は?著作権料3つの疑問

大東物産主催【グルメンピック2017】突如延期!会社HPの見ための怪しさ?

菅原小春の経歴や身長は?スティビー・ワンダーとも共演!ダンスは28歳まで?

パークシティーLaLa横浜偽装問題区分所有者の取るべき道は?