「真田丸」ネタバレあらすじ第7回「奪回」滝川一益清州会議出ず


さなだ3

NHK総合テレビ「真田丸」第7話 奪回

2月21日(日)8:00より

奪還した城を返される昌幸

さなだまる4

放送の見どころ

人質になったとり・きりを奪い返すため、信繁が昌幸並みの演技力を駆使しました。

とりの戦国の女性としての年輪が光る。終盤には兄弟は2人で一つだという昌幸に作品のテーマが垣間見られます。真田の運命は

スポンサーリンク

神流川の戦い

天正10年(1582)6月18日、神流川の戦いが起きます。上野で北条氏直と対決した滝川一益はこれに敗れ箕輪城に退きました。昌幸はこの混乱に乗じて沼田城を奪還します。

とりときりは一益により既に連れ去られていました。叔父・矢沢頼綱に沼田をまかせ、信幸には岩櫃を奪還するよう手配すると、昌幸は取りを連れ戻しに信繫と箕輪に急ぎました。

箕輪城で一益と対面した昌幸は上杉と戦っていたため遅れたものの今後は、一益に加勢すると芝居をします。これに対しすでに意気消沈の一益は沼田も岩櫃も真田に返します。

自分は伊勢まで帰るといった。だが念のため、信濃を抜けるまでとりを預かると言い放ちます。昌幸は沼田・岩櫃の件では「もう少し待っておけばよかった」と拍子抜けします。

二枚舌が一益に知れるのも時間の問題と察した昌幸は、とりらの奪回を急ぎました。まず信繁の探りで場内に2人がいるのを確認すると、一益一行を尾行しました。

小諸城で一泊するすきに2人を奪い返すよう信繁に命じます。

 

清州会議

これを受け、信繁と三十郎は小諸城潜入を試みる。城内には小諸城の兵と一益の兵が混在していました。信繁はこれを巧みに利用し、小諸の兵には一益側であるかのように、一益の兵には小諸川であるかのように芝居しながら奥に進みます。

ようやくとりの部屋を見つけるが、「大事な物、わすれたの」というきりが櫛を取りに戻っているうち、信繁の正体がばれ一益にとらえられてしまいます。

さらに一益の一行自体が、信濃西部の有力な国衆・木曽義昌の妨害にあい、小諸で足止めを食らいます。織田一門の後継者を決める清州会議に間に合いたい一益は、木曽と直接交渉をのため、木曽の福島城を訪れます。

 

木曽義昌

福島城についた一益は真田の人質を譲ることを交換条件にこの地を抜けることを提案します。木曽は以前武田から織田に寝返った際自らの人質を武田勝頼に殺されていました。

そのため旧武田勢の真田を恨んでいた。話がまとまり、一益は信濃を出るのだが、結局清州会議には間に合わなかった。そのため勢力を失うこととなります。

今度は木曽の人質として新たに福島城に送られた信繁、きり、とり、三十郎。救いに来た自分もつかまってしまった。信繁はとりにわびる。だがとりは気丈に周囲を励ましました。

とり「落ち着きなさいなんとかなります」きり「なるもんですか」とり「なります。望みをすてなければ」

とりはかって同じ武田家臣だったものとして、木曽義昌を幼いころから、知るなかでありました。とりの前では、たじたじの木曽に、とりは自分以外のものを解放するよう迫ります。

とりの身を案ずる繁信。一益と違って木曽なら自分を悪く扱わないはずだと、取りに諭されきりと三十郎をつれ真田にもどることに。

スポンサーリンク

 

昌幸の慧眼

上杉と北条両者に目を配る。信繁は未熟さを昌幸にたしなめられるのであった。真田屋敷に戻った昌幸は、国衆・出浦昌相と密談中。室賀正武が北条につきました。

昌幸は、懇意の出浦にもあえて方丈についてもらい、様子を探るよう依頼する。一方昌幸は上杉景勝に会いに行くのであった。上杉の居城海津城で景勝と対面した昌幸は、景勝と直江兼続に真田は上杉につくと宣言しました。

景勝はともに北条と戦い信濃を守ろうと約束する。その後信繁らの一行は真田に戻る。昌幸はとりを救えなかったのは、信繁が感に頼りすぎるから、経験に頼る信幸とは正反対と叱ります。

昌幸は「源三郎と源次郎、合わせて一つじゃ」と

こんどは弟・信尹の待つ上杉・海津城に赴くよう信繁に命じる。目的は上杉家臣の春日信達を調略し、上杉を裏切らせたうえ、それを手土産に北条につくという作戦でした。

 

用語

●神流川の戦い

本能寺の変後、北条氏直の5万の大軍が上野に向け進軍しました。対する織田方の滝川一益は1万8千の兵で迎え撃ちます。一益は果たして敗退。信濃にのがれ紀伊長島に帰国。この戦いに敗れた一益の織田家における地位は急落したといわれています。

●清州会議

天正10年6月27日尾張国清州城で開かれた会議で、信長の後継問題や領地再分配に関して話合いが持たれた。集まったのは柴田勝家・丹羽長秀・羽柴秀吉・池田恒興の4名世継ぎをめぐり対立。結局秀吉の推す三法師(秀信)に決まった。この後柴田勝家と秀吉は対立。賤ヶ岳の戦いの伏線でした。

 

その他参考:5分でわかる真田丸

5分でわかる「真田丸」 第6回「迷走」

2016年2月17日(水)  22時45分~22時50分

 

まとめ

戦国の小国が生きるすべを発揮する。昌幸の誰につくかわからない作戦の数々が見ものです。今回は新たに木曽義昌が登場します。

スポンサーリンク

関連記事

真田丸のあらすじとみどころ予想第四話「挑戦」家康・信長との対面

吉田羊の年齢や結婚について!鼻や目が変化?中島裕翔とは?

「大馬鹿代」の放送開始日や放送局やキャストと第1話あらすじを紹介

NHK大河ドラマ「真田丸」あらすじ第8回「調略」春日信達悲運

阿川佐和子の演技は上手?(陸王)ドラマ出演歴や経歴や著書も

NO IMAGE

朝ドラ「まれ」に見る迷走ぶりお菓子をきわめてほしい希!!