個人情報流出堺市のケース選挙人名簿約68万件の持ち出しは何のため


個人情報の流出 堺市のケース

個人情報についてまた気になるニュースが

入ってきました。

男性職員の目的は、自分が作成した

選挙管理システムに自信をもっていて

他の自治体に売り込むことが目的のようです。

その時の実データとして堺市全員の選挙人名簿

を必要としたのでしょう。

スポンサーリンク

 

堺市の男性職員(59)が無断で持ち出した

外郭団体職員約1000人の情報が

インターネットに流出した問題で、市は13日、

市民約560人分の個人情報も流出した可能性があると発表した。

有権者全員の情報約68万件を持ち出していたことも分かった。

流出可能性が新たに判明したのは、職員が以前勤務していた

堺市北区の選挙管理委員会が保管していた不在者投票対象者の

住所や氏名など。これらの情報を無断で持ち出し、

個人契約した民間のレンタルサーバーに保管していた。

職員はこの他、推計約68万件に上る有権者全員の氏名、

生年月日などの情報を、自宅のパソコンに無断で保管していた。

市によると、これらの情報についての流出は確認されていない。

職員は選挙システムを改善するための

システムを個人的に作っていたという。

 

問題点が何点かあります

①公僕である公務員が自分の利益に

走ったこと。

 

②持ち出した個人情報は約68万件

これは堺市の有権者ほぼ全員分では?

 

③地方公共団体のいち職員がこれだけ

大量の個人情報を持ち出せうる地方公共団体の

セキュリティーの甘さ

 

①について

最近公務員の事件の典型

警察官が情勢乱暴事件等

人間は欲望のままに生きてはいけない

 

今回の事件も、定年が近づいた職員

選挙管理のシステムを自分個人で研究

他の自治体に売り込み

商売っ気メラメラです。

 

間違い・・・個人上の持ち出し、他の自治体への売り込み

公務員は副業を禁じられています。

 

この職員は定年後自分で会社を立ち上げるべき

ましてや個人情報を持ち出すとは言語道断

人のふんどしで相撲を取ってはいけません。

③について

年金情報が漏れたばっかり。本当にこれで

マイナンバー制の導入など恐ろしい限りです。

 

個人上の流出のデメリット

  • これについて管理人は直接的被害に

あったことは無い

個人情報が流れるのはもちろんよくないですが、

管理人個人に限っていえば

せいぜい子供の幼稚園や小学校の名簿がでて

何か教材の売り込みがあった程度。

 

断るのに邪魔くさいとは思いましたが、

今ほど鬼の首を取るほど大騒ぎにもならず

です。

ただ今はこういう流出を聞きつけた

詐欺師がこの流出をネタに

お年寄りをだまして、お金を搾取する二次的

被害の方が大きいと思います。

 

実にタイムリーに仕掛けてきますのでご注意ください。

スポンサーリンク

 

 COMMENT

関連記事

「だし道楽」自販機は大阪で4台成田山近くにも存在レシピや通販もあります。

京のおばんざい春夏秋冬の旬を味わう!出会いもんや月の節目の献立も

NO IMAGE

対人スキル低い人の心がまえは?負けパターン8タイプ!!

作家羽田圭介ネタはメモして厳選オススメのアイデア発想法とは

日本一学生の多い街、なんと10人に一人が大学生の京都市!

ネットの悪意書き込み防止、「WEBリスクホットライン」が有効か?