ネットカウンセリング心療内科受診前に試すとよい臨床心理士も待機

ネットでカウンセリングが人気

仕事や人間関係、育児などいろいろな

ストレスが多い時代です。

心の不調をサポートするネットサービスを

2種類紹介します。

サイト、メール、スカイプなどを上手に利用し

病院に行くまえに相談してみましょう。

 

またネット利用し自分で解決する方法もあります。

①コトリー

医療機関検索サイト「Caloo」との提携事業として、臨床心理士を始めとする心理専門家に、メンタルケアサービスを受けることができるサービスです。

 

うつ病を含む心の問題を抱える人の相談窓口はと言うと、病院の精神科や心療内科などが一般的。ところが、初診費用が1万円ほどと金銭的負担も多く、 受診する精神的ハードルも高いのが現状です。ま た、病院に出向くことなく、

オンライン予約およびSkypeを使うことで、

心理カウンセリングをより身近なものにしてくれます。

 

コトリーでは、専門家によるスカイプカウンセリングを

初回価格2,000円(45分)から受けることが可能。

カウンセラーは齋藤 泉 吉川 由里子 野口 顕子 小宮山 亮 安藤 勇夫

現在5名サイトでプロフィールを確認し

お好みの先生を予約することができます。

 

 

 

またメッセージ(利用者専用サイトでのメッセージサービス)

は1週間3000円(税別)で何度でも相談可能です。

 

②リタリコ(U2plus)

認知行動療法の専門家が監修

ストレスを軽減するために

物の考え方を変えるという精神医学療法

をネット上で気軽に受けることができます。

まず自分が行動する必要があります。

 

サイトでは精神的な不調に陥るときの行動や

気分を書き込み「負のサイクル」を徐々に整理

 

「よくわかる」や「いいね!」ボタンで共感し

情報を共有します。

サービスは無料。

自分が積極的に書き込んだり、ほかの人の

悩みを参照し、自分自身が解決する

人が多いのが特徴です。

 

まとめ

うつ病予備軍は日本に多くいるものと

考えられています。

なんとサラリーマンの約8割がうつ病予備軍とも

 

しかし、各企業でも総務・厚生部門だけでは

なかなか対応もつかず

ましてこの病の場合本人告知がないので

会社側の対応もむずかしい。

 

のでこういうサイトで本人自らがカウンセリングを

うけるのも最初の一歩にいいと思います。

これらのサービスはしきいは高くないので

お気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

小室圭のプロフィールや年収!勤務先は奥野総合法律事務所!評判は?

コーヒーの効用の研究結果を発表、飲みすぎの人はどうなる?

「だし道楽」自販機は大阪で4台成田山近くにも存在レシピや通販もあります。

古谷完(日本ツインテール協会会長)のwikiやプロデュース活動は?

企業が求める資格ランキング今後人気の社内需要が高いBest5

日本一学生の多い街、なんと10人に一人が大学生の京都市!