NISA超入門利益を上げ節税有利な投資法デメリットはなに?


NISAって何? NISA超入門その1

まず投資に大事な前提です。

このブログ記事はNISAを契機に「投資に挑戦」と

いう趣旨でお知らせしています。

スポンサーリンク

投資は儲かることも、損することもあります。

もちろん元本が保証されているわけではないので

投資は自己責任で。なので口座を作成できるのは

20歳以上になります。本ブログが契機で口座開設

 

投資し、損害を被っても一切の責任は負いかねます。

また儲けに対しても手数料などいただくことは一切ありません。^^

しっかりリスクをご自身で管理ください。

 

NISA制度概要

NISA(ニーサ)とは、株式などで儲けた税金が

ゼロになる非常にお得な制度「少額投資非課税制度」

の略語です。

 

この制度の原型はイギリスの「ISA(個人貯蓄口座)」です。

 

一般に株式や投資信託を持っていることで得られる

配当や、値上がりして売った株式の利益には税金がかかります。

配当利子所得税

 

そこでNISAの登場です。NISA口座を通じて

金融製品(購入金額100万円/年、5年間で500万円まで)から

得られた利益に対する税金が0円になります。

 

NISA制度の目標はまだまだ少ない個人投資を

活発化し、日本経済の活性化を図る目的があります。

 

日本人は古来より貯蓄は美徳とされてきました。

この非課税制度を最大限活用し

自分の資産をつくるために大いにNISAを活用しましょう。

 

メリット

  • これはひとえに株式の利益に対して非課税

税金がかからない事

例えば100万円を株式に投資して200万円で売却した場合

NISA口座の場合  税金は0円

 

通常口座     100万円×20% 利益100万円に税率は20%

になるので 税金は20万円になります。

もちろん売却時に損をした場合は、どの口座でも

税金がかかりません。

 

税金はあくまで売却益にたいしてかかるためです。

 

デメリット

 

損益通算が使えない。

例えば一般口座で20万円の利益

NISAで20万円の損失であれば

 

もちろん同一人という前提で

損益通算が使えないので、20万円の利益に税金が

かかってきます。税金は4万円

両方一般口座の場合利益は0円なので

当然税金はかかりません。

 

次回NISA超入門その2

お楽しみに!!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 COMMENT

関連記事

NISAで買える金融商品あなたは株式派?投資信託それともREIT

NISA口座の作成と開始金額は?投資上限と運用期間に制限は?