NISAで買える金融商品あなたは株式派?投資信託それともREIT


NISAってなに?NISA超入門その3

 

NISAで取引可能な金融商品とは?

NISAで買うことのできる

主な商品は、国内上場株式

外国上場株式、「株式投資信託」

上場投資信託(ETF)

不動産投資信託(REIT)等があります。

スポンサーリンク

いっけん難しい名前でとっつきにくそうです。

しかし株式投資信託、上場投資信託、

不動産投資信託は専門家(ファンドマネージャー)

が投資家にかわって、運用するので手間がかかりません。

 

また投資金額も少額から可能なので初心者むきでは

あります。まず下の3つから始めるのも

一つの方法かと思います。

 

慣れてくれば、株式に投資すればいいかと

思います。

また金融機関によっても扱える商品が異なるので

きちんと調べる必要があります。

下の表はNISAで買うことができる

商品の一例です。

参考にしてください。

 

  • NISAで買える主な商品
商品名 内容 初心者向き
上場株式 一般的に株式と呼ばれています。

証券取引所で売買されている。値動きは

会社の業績や景気に左右されます。

  △
外国上場株式 海外の上場株式。円やドルの為替レート

の変動なども受けやすく、初心者には

リスキーでしょう。

  ×
株式投資信託 株式を組み込んだ投資信託。少額から

始めることができる商品も多数あります。

比較的リスクは少ないです。

  ○
上場投資信託(ETF) 証券取引所に上場されています。日経平均

株価などに値動きが連動するように

作られています。

  ○
不動産投資信託(RIET) マンションやビルなどの不動産に

投資し、賃料やテナント料などの収益

を分配金として支払う不動産版の

投資信託。

  △

 

まとめ

管理人のオススメは国内株式です。

理由は、投資信託の商品が自分では運用できないこと。

あまり大きな儲けが期待できないこと。などの

理由によります。

 

①この意味は自分で投資を行わない限り勉強はできない。

②短期で倍になるような投資信託はない。

株式は銘柄により十分可能です。

NISAの節税効果を十分使えるのは

値上がり益が多きときです。

 

個別銘柄を勉強すると株式投資が楽しくなってきます。

スポンサーリンク

 

 

 COMMENT

関連記事

NISA口座の作成と開始金額は?投資上限と運用期間に制限は?

NISA超入門利益を上げ節税有利な投資法デメリットはなに?