三輪優奈は鷹匠でグリーンフィールド所属仕事や趣味は【Life夢のカタチ】

  • LIFE 夢のカタチ

2024年2月17日(土) 午前11時~害鳥対策に取り組む若き女性鷹匠

鷹匠として活躍中の三輪優奈さんが取り上げられます。

三輪優奈さんはこんな人

兵庫県立農業高校へ。鳥類研究会に入部して3年間、猛禽類について深く学んだ。
箕面市にある害鳥対策専門の会社『グリーンフィールド』に就職
先輩鷹匠にいわせれば、「口数は少ないが、内には熱い思いを秘めている子」らしい。

三浦優奈はグリーンフィールドに所属

☑小さい時からずっと鳥が大好き。
☑将来鳥と関わる仕事につきたいと思っていた。
☑農業高校では鳥類研究会というのがある高校に進学
☑フクロウを飼育しており、鷹の調教もしているという
上記のような環境にいたので、鷹やフクロウの猛禽類に接していたため、グリーンフィールドに入社することは自然な流れだったのかもしれません。

実際北海道根室に渡ってオオジロワシの生態も観察している。趣味も、猛禽類にたずさわる事かもしれません。

就職活動中動物園などにもインターンシップでほうもんしました。が、やはり鷹匠と鷹がペアで活動し仕事をおこなうグリーンフィールド訪問時には言葉に言い表せない程の感動をしましたのを覚えています。

またこの仕事なら、実際に人の役に立てるということに大きな魅力を感じた。

☑後半部分には鷹による害鳥駆除の実態ケースやメリット・デメリット、安心な鷹匠の選び方なども記載しました。参考までに

若手女性鷹匠、三輪優奈の挑戦

1-1. 鷹匠としての日々:害鳥駆除の現場へ

三輪優奈さんは、兵庫県神戸市で活動する若手の女性鷹匠です。22歳の彼女は、鳩やカラスなどの害鳥を追い払う仕事をしています。優奈さんと彼女の相棒であるハリスホークたちは、害鳥が被害を及ぼす場所に出向き、天敵の鷹を飛ばして寄りつかなくさせるという、生き物本来の習性を利用した駆除方法で活躍しています。特に、優奈さんが多く手がけるのはカラスの追い払いで、その場所の安全を守るために日々奮闘しています。

1-2. ハリスホークとの絆:「空飛ぶ犬」の相棒たち

優奈さんの相棒であるハリスホークは、「空飛ぶ犬」とも称されるほど人懐っこく、頭が良いため調教がしやすい鳥です。彼女は「露ちゃん」「雫ちゃん」「霞ちゃん」と名付けた3羽のメスのハリスホークと共に、害鳥駆除の任務を遂行しています。

これらの鳥たちは、優奈さんにとってただの仕事道具ではなく、信頼と愛情を込めて接する大切なパートナーです。彼女たちとの強い絆が、厳しい現場での成功の鍵となっています。

鷹匠の技:自然の力を借りた害鳥対策

2-1. 猛禽類の特性と鷹匠の役割

鷹匠である三輪優奈さんは、猛禽類の特性を深く理解し、それを害鳥駆除に活かしています。猛禽類は、その強靭な身体と鋭い視覚を武器に、自然界の食物連鎖の頂点に立つ生き物です。優奈さんはこの自然界の法則を利用し、害鳥が人間の生活圏内で引き起こす問題を解決しています。

彼女の仕事は、ただ鳥を飛ばすだけではなく、猛禽類と人間との共生を促進することにもつながっています。このように、鷹匠としての役割は、自然の力を借りて人間社会の問題を解決するという重要な使命を担っているのです。

スポンサーリンク

2-2. 現場での挑戦:藤田美術館での害鳥駆除

三輪優奈さんが次に向かったのは、京阪京橋駅近くの大阪市都島区にある藤田美術館です。この美術館とその隣接する藤田邸跡公園は、緑豊かな環境で知られていますが、カラスによる荒らし行為が問題となっていました。

優奈さんは、露ちゃんと雫ちゃん、二羽のハリスホークを連れて、この問題に挑みます。彼女たちの任務は、カラスが芝生や苔を荒らすのを防ぐこと。

優奈さんとハリスホークたちは、鷹がカラスや鳩の天敵であることを利用し、これらの害鳥を効果的に追い払います。公園内を歩きながら繰り返し鷹を飛ばし、害鳥に「ここは安全ではない」というメッセージを伝えるのです。

この方法で、優奈さんは美術館と公園を守るために日々奮闘しています。

鷹と共に生きる:三輪優奈の哲学

3-1. 鷹匠としての覚悟と日々の訓練

三輪優奈さんにとって、鷹匠とはただの職業ではありません。それは彼女の生き方そのものであり、深い情熱と無限の愛情を注ぐ対象です。

優奈さんは、ハリスホークとの絆を深めるために、日々の訓練と世話を怠りません。彼女にとって、鷹との関係は単なる使役ではなく、相互理解と信頼に基づいたパートナーシップです。厳しい訓練と世話アメとムチを使い分けるのですね。

この強い絆が、厳しい害鳥駆除の現場で彼女たちを支え、成功に導きます。鷹匠としての覚悟は、この責任を全うすることに他なりません。

スポンサーリンク

3-2. 未来への展望:鷹匠の役割と社会への貢献

三輪優奈さんは、鷹匠としての役割を社会への貢献と捉えています。害鳥駆除を通じて、人々の生活環境を守り、自然との調和を図ることが彼女の使命です。優奈さんは、この伝統的な職業を通じて、現代社会における新たな価値を創造しようとしています。

また、若手女性鷹匠としての立場を活かし、この古典的な職業に新しい風を吹き込み、より多くの人々に鷹匠の世界を知ってもらうことを目指しています。彼女の未来への展望は、鷹匠の伝統を守りつつ、それを現代に適応させ、さらに発展させることにあります。

鷹による害鳥駆除の概要

害鳥駆除としての鷹の役割

鷹を用いた害鳥駆除は、自然界の捕食者と獲物の関係を模倣した、環境に優しい駆除方法です。鷹は、鳩やカラスなどの小型の鳥類にとって天敵であり、その存在だけで害鳥を効果的に追い払うことができます。

この方法は、鳥類がおもちゃや罠に慣れてしまう問題を回避し、害鳥が本能的に恐れる鷹の姿を利用します。鷹匠が訓練した鷹を飛ばすことで、害鳥はその地域を危険と認識し、避けるようになります。

この自然に基づいたアプローチは、化学薬品や物理的な障害物を使用する従来の方法に比べて、環境への影響が少なく、人々の生活にも優しい選択肢となっています。

都会での鳩やカラスの問題

都会では、鳩やカラスが生活空間に侵入し、様々な問題を引き起こしています。例えば、鳩は建物の隙間に巣を作り、糞による汚染や病気の媒介が問題となっています。

また、カラスはごみ集積場を荒らし、衛生問題を悪化させる原因となっています。これらの鳥類は、都市部での食料の豊富さと天敵の不在により、数を増やし続けています。その結果、人間の生活環境への影響が深刻化しており、効果的な対策が求められています。

 

害鳥とされる鳥の種類と被害

ムクドリの被害

ムクドリは、農業においては害虫を食べる益鳥として知られていますが、都市部では大きな問題を引き起こしています。特に、大群での鳴き声や糞による汚染は、人々の生活に大きな影響を与えています。

ムクドリの群れは、夜間になると大きな木や建物に集まり、その数は数千にも及ぶことがあります。これにより、騒音被害や衛生問題が発生し、特に都市部ではその影響が顕著です。

また、ムクドリの糞は、建物や車を汚すだけでなく、病原体を運ぶ可能性もあり、公衆衛生上のリスクとなっています。このように、ムクドリは一見無害な鳥かもしれませんが、その生態と行動が都市環境においては大きな問題を引き起こしているのです。

 ハトの被害

ハトは、都市部でよく見られる鳥の一つで、その数の増加が様々な問題を引き起こしています。

ハトが原因で起こる被害には、建物や車への糞害、病気の媒介、そして騒音問題があります。特に、ハトの糞は酸性が強く、建物の外壁や自動車の塗装を損なう原因となります。また、ハトはサルモネラ菌をはじめとする様々な病原体を運ぶことが知られており、公衆衛生上のリスクも指摘されています。

都市部では、ハトが人間の生活空間に侵入しやすい環境が整っているため、これらの被害が顕著になりがちです。

 カラスの被害

カラスはその賢さと適応能力の高さから、都市部でも生息しやすい鳥です。カラスによる被害は多岐にわたり、ゴミ箱を荒らし衛生問題を引き起こすことが最もよく知られています。

また、カラスは非常に縄張り意識が強く、自分の領域に人間が近づくと攻撃することもあります。このような行動は、人々にとって大きな迷惑となるだけでなく、時には安全上の問題をも引き起こします。

さらに、カラスは農業被害の原因ともなり、農作物を食い荒らすことで農家に経済的な損失を与えることもあります。

従来の害鳥駆除方法とその問題点

鳥獣保護法と害鳥駆除

日本では、鳥獣保護法により、多くの鳥類が保護されています。この法律は、野生生物の保護を目的としていますが、害鳥駆除を行う際には、特定の条件下でのみ許可されるため、駆除活動を複雑にしています。

例えば、カラスやハトなどの害鳥を捕獲または殺傷する行為は、特定の許可なく行うと法律違反となり、罰則の対象となる可能性があります。このような規制は、害鳥駆除を必要とする個人や企業にとって、適切な対策を講じる上での障壁となっています。

従来の駆除方法のデメリット

従来の害鳥駆除方法には、物理的障壁(ネットや剣山など)の設置や、音を使った追い払い、化学物質を用いた忌避剤の散布などがあります。

これらの方法は一時的な効果はあるものの、多くにデメリットが伴います。例えば、防鳥ネットは視覚的に不快感を与えることがあり、また、一度設置するとその撤去が困難な場合があります。

音を使った方法や忌避剤は、鳥が慣れてしまうと効果が薄れることが知られています。これらの方法は、環境への影響や維持管理の手間、コストなど、実施するにあたって慎重な検討が必要です。

鷹による害鳥駆除のメリット

コストの観点から

鷹を用いた害鳥駆除は、初期投資は必要ですが、長期的に見るとコストパフォーマンスに優れています。

従来の駆除方法では、防鳥ネットの設置や定期的な忌避剤の散布など、継続的なコストがかかります。これに対し、鷹匠による害鳥駆除サービスは、一度導入すれば、鷹が自然に害鳥を追い払うため、追加の費用がかからず、長期的には経済的です。

また、鷹による駆除は迅速かつ効果的であり、害鳥による被害を最小限に抑えることができるため、その分の損失コストも削減できます。

生活への影響が少ない

鷹による害鳥駆除は、人間の生活リズムや日常生活にほとんど影響を与えません。音響装置や化学薬品を使用した方法と異なり、鷹は静かにかつ自然に害鳥を追い払うため、騒音や化学物質による健康への懸念がありません。

また、鷹は訓練されており、人間に対して攻撃的になることはないため、安全性も高いです。このように、鷹を用いた方法は、日常生活に溶け込みながら害鳥問題を解決するため、特に家庭や学校、病院など、静かで安全な環境を保ちたい場所に最適です。

場所を選ばない利便性

鷹による害鳥駆除は、地形や場所を選ばずに実施することが可能です。都市部のビル群から、農村部の広大な農地、さらには空港周辺のような特殊な環境に至るまで、鷹は様々な場所でその能力を発揮します。

特に、建物や構造物が密集している都市部では、他の駆除方法が実施しにくい場合がありますが、鷹はこのような環境でも自由に飛び回り、効果的に害鳥を追い払うことができます。

また、鷹は自然界の捕食者であるため、害鳥が鷹の存在を感じるだけでその地域を避けるようになり、持続的な効果が期待できます。

鷹による害鳥駆除のデメリットと注意点 鷹による偶発的な被害

鷹を用いた害鳥駆除は、多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットや注意点が存在します。

最も重要なのは、鷹が害鳥を追い払う過程で偶発的に他の小動物や鳥類に害を及ぼす可能性があることです。鷹は訓練されてはいますが、本能的な捕食行動を完全にコントロールすることは難しく、意図しない獲物を捕らえてしまうことがあります。

このため、鷹を用いた駆除を行う際には、専門の鷹匠による厳密な監視と管理が必要となります。また、鷹による駆除活動は、鳥獣保護法に則り、適切な許可を得た上で行う必要があります。

 鷹を用いた駆除の適用範囲

鷹による害鳥駆除は、その効果が非常に高い一方で、適用できる範囲には限りがあります。例えば、密集した都市部や人が多く行き交う場所では、鷹を飛ばすことによる安全上の懸念が生じる可能性があります。

また、特定の環境や条件下では、鷹による駆除が効果的でない場合もあります。鷹匠と十分な相談を行い、地域の環境や害鳥の種類、被害の状況を考慮した上で、最適な駆除方法を選択することが重要です。

鷹による害鳥駆除の実際の流れ

駆除プロセスの概要

鷹による害鳥駆除のプロセスは、専門の鷹匠によって計画的に行われます。まず、駆除を行う地域の環境や害鳥の種類、被害の程度を詳細に調査します。

その上で、鷹匠は鷹を使った駆除の計画を立て、鷹の訓練を行います。駆除活動は、通常、害鳥が最も活動的な時間帯に合わせて実施され、鷹は害鳥を追い払うために飛ばされます。

このプロセスは、害鳥がその地域を避けるようになるまで、定期的に繰り返されます。

 効果的な時期と頻度

鷹による害鳥駆除の効果を最大化するためには、実施する時期と頻度が重要です。一般的に、害鳥が繁殖期を迎える前や、食料を求めて活動が活発になる季節に駆除を行うことが効果的です。

駆除の頻度は、害鳥の種類や被害の程度、地域の環境によって異なりますが、一定期間にわたって定期的に行うことで、害鳥がその地域を避ける習慣をつけさせることができます。専門の鷹匠は、これらの要因を考慮して、最も効果的な駆除計画を立案します。

鷹による害鳥駆除の成功事例

 国内外の事例紹介

鷹による害鳥駆除は、世界中でその効果を証明しています。例えば、イギリスのロンドンでは、トラファルガー広場での鳩の数を減少させるために鷹が導入されました。

この取り組みにより、かつて数千羽に上っていた鳩の数が劇的に減少し、公共の場の衛生状態が改善されました。

また、日本国内でも、空港や商業施設、農業地帯で鷹を用いた害鳥駆除が行われており、カラスやハトなどの被害を効果的に減らしています。これらの事例は、鷹を用いた害鳥駆除が、さまざまな環境で実施可能であり、高い効果を発揮することを示しています。

 鷹による駆除の長期的な効果

鷹による害鳥駆除の最大の利点の一つは、その長期的な効果にあります。鷹のプレゼンスは、害鳥にとって自然界の脅威を再現するため、一度その地域を避けるようになった害鳥が再び戻ってくることは稀です。

これにより、一時的な対策ではなく、持続可能な解決策を提供します。さらに、鷹を用いることで、化学物質の使用を避け、環境への影響を最小限に抑えることができます。

まとめと鷹匠への依頼方法

 鷹による害鳥駆除のまとめ

鷹による害鳥駆除は、環境に優しく、長期的な効果が期待できる方法です。都市部から農村部に至るまで、さまざまな場所での害鳥問題に対応可能であり、世界中でその効果が認められています。

鷹匠による専門的な管理のもとで行われるこの方法は、害鳥による被害を減らし、人々の生活環境を改善するための有効な手段となっています。

信頼できる鷹匠の選び方

信頼できる鷹匠を選ぶには、いくつかのポイントがあります。まず、実績と経験を重視し、過去に成功した害鳥駆除の事例を確認することが重要です。

また、鷹匠が適切な許可や資格を持っているかどうかを確認し、動物福祉に配慮した方法で鷹を扱っているかも確認する必要があります。

信頼できる鷹匠は、駆除計画の立案から実施、フォローアップまで、一貫したサービスを提供し、クライアントのニーズに応じたカスタマイズされた解決策を提案します。適切な鷹匠を選ぶことで、害鳥問題を効果的に解決し、安心して生活空間を守ることができます。

まとめ

江戸時代の記録などによると鷹匠はお殿様の鷹狩のお供にかりだされる家臣という位置づけなのですが。現代は全く役割が変わり、若い女性なども鷹匠の分野に進出してきています。これは非常に有意義なことであると考えます。

鷹匠という特殊な技術の伝承にとってはプラスになることは間違いないでしょう。

関連記事

川口美怜の経歴やALSどんな病気?向き合い方【ザ・ノンフィクション】

楊若嵐(ヤンローラン)の結婚の理由!掛村陽介とどこで出会ったの?

甲野善紀(武術表現者)のプロフィール!身体技法やブログを紹介

野村忠寿(野村忠宏の兄)のプロフィール!柔道をやめた理由は?

村尾建兒(たつる)特定失踪者調査会のラジオ放送や内容は?

キッチンカー「88/O(エイエイオー)」: 石田瞳の減農薬おにぎり