前立腺の病気の特徴は?がんは「PSA」検査で早期発見を!!

前立腺の病気の特徴は?

・前立腺肥大症

・前立腺がん

この違いをしっかり見極め治療に

生かしてください。

 

 

前立腺肥大症は年齢を重ねるにつれ、

生殖機能がだんだん衰えていきます。

50歳を超えたあたりから、精巣では精子を

つくる機能が低下します。

 

 

男性ホルモンが減るに従い、前立腺で

盛んに細胞分裂が始まる場合があります。

 

理由は少なくなった男性ホルモンを

無駄にしないため、受け取る器である

細胞を増やすためではないかと考えられています。

 

 

前立腺はどんどん大きくなり、健康な時は

栗の実ほどの大きさだったものが、

玉子大時にはリンゴ大にまで膨らんでしまう

事もあります。

 

スポンサーリンク

 

「これは前立腺肥大症」と呼ばれる症状で

なんと50歳代の男性の5割、60歳代の男性の

6割に症状がみられるといわれています。

 

つまり決して珍しい病気ではないということですね。

 

前立腺肥大症にかかった時にあらわれる

自覚症状は、ふくらんだ前立腺が膀胱を刺激する

ために起きる頻繁な尿意、尿道が圧迫されて狭くなるため

 

尿の出が悪くなる、そして尿を出し切るのが

難しいことで起きる残尿感などがあります。

 

いずれも「年を取ったのだから」ということで

多くの人が加齢のせいにしがちな症状です。

 

これらの症状で診察を受ける人はほとんど

いないのが現状です。

 

ここが大きな落とし穴です。

これらの症状がまさに前立腺がんを発症

したときの自覚症状とほぼ同じなのです。

 

早期発見早期治療がきめて

がん治療すべてに言えることですが、

がんが進行する前であれば、高い確率で

治療が可能です。

 

ではなぜ見逃されれてしまうのかというと

先ほどの前立腺肥大症などと間違い、

加齢による尿のトラブルと思い込み、

 

放置されてしまうため。

 

前立腺がんの検査方法は?

早期の小さな前立腺がんでも、高い確率で

見つけることができる検査方法があります。

 

それが「PSA検査」です。前立腺だけで作られる

(前立腺特異抗原)というたんぱく質を調べる

 

血液検査なのです。

 

PSAの数値は前立腺肥大症や前立腺の炎症

自転車への長時間乗車など物理的な

刺激で数値が高めに出ることがありますが

 

前立腺がんを発症して値が上がらない人は

五胡少数です。

 

この検査法の利点は

何よりも体への負担が少ないのが利点です。

 

PSAの値が高い場合その後前立腺の

組織を精密に検査する「生検」という

検査で確定診断をする。

 

アメリカではPSA普及後前立腺がん死亡者が

減少しています。

 

まとめ

前立腺がんは進行が遅いので、見つかった場合でも

治療をせず進行度によっては、治療をせず

経過を観察することもあります。

 

担当医とよく話し合ってご自分に最も合う

治療法を選択してください。

検査は早めに行い、油断は禁物です。

 

[ad#ad-1}

 

 

 

 

 

 COMMENT

関連記事

神奈川新聞花火大会 2017が 中止に残念な理由は何?観覧者のマナー違反が原因か

乙部綾子(筒井綾子)元ライブドア広報の今現在!結婚や家族は?

リノベーション住宅ツクルバの代表取締役中村真広の経歴!サイトはスマホ特化!

鉄緑会の指定校や学費は?東京大学理科三類の6割が入塾した!

水道水のカルキは必要?まずい原因は同時に食中毒を予防する

コーヒーの効用の研究結果を発表、飲みすぎの人はどうなる?