高谷新也は小学生時代に羽生善治に勝利したが今はサラリーマン生活

消えた天才 ★神様・羽生善治が勝てなかった天才追跡!初回2時間半SP★

TBS系列
2018年10月21日(日)  18時30分~20時54分

 

高谷新也さんは1981年の小学生名人になった。

たがその時に対戦した相手がまたすごい!
羽生善治さんが唯一勝てなかった人。

 

ただ1度も勝ってないとは言っても1度しか対戦していなかったら、羽生善治さんはリベンジの機会がないですね。そのあたりどうなのでしょう?

準々決勝で羽生善治先生、準決勝で佐藤康光、さらに決勝で中井広恵とそうそうたる相手を次々に撃破。

しかし高谷新也さんはプロ棋士にならなかった。
ではなぜ中学生で夢を諦めたのでしょう。深い理由があるに違いない。

だってあの羽生善治に勝ったなんて。もう才能からいえば半端ない。プロ棋士を目指さないなんて不自然です。

でも羽生に勝利した高谷新也はあまり内容を覚えていないらしい。
勝負にたいする執着が全くなかった。
その後普通の中学生活を送り将棋には関係ない生活を送った。

それから羽生善治が中学でプロ棋士になったのをみたのがきっかけで将棋を志すが、3年のブランクは大きかったのです。
3年間で羽生善治とは本当に大きな差がついていたのだった。

これが高谷新也が将棋をあきらめた理由。

 

 

中学生でプロ棋士となった羽生竜王は、19歳でタイトルを獲得。
当然、その才能は小学生の頃から飛び抜けており、周囲からは“神童”と称されていた。
しかし、1981年の将棋全国大会の準々決勝で、当時11歳の羽生竜王を余裕で破った天才少年がいたのだ。

さらに、その天才は準決勝でも“羽生世代”であり、現・日本将棋連盟会長の佐藤康光九段に勝利し、決勝の舞台でも同じ世代の女流棋士・中井広恵六段を破り優勝している。

その天才について佐藤九段は、「非常に強く、常に一歩二歩先を行く存在だった」と、その実力を絶賛。
さらに、中井六段は「すごく印象に残っている」と、実力だけではなく鮮烈なインパクトを残していたことも分かった。

後に優勝者の多くがプロの棋士となる大会で優勝した天才。
当然、彼もプロになりエリートへの道を歩むはずだった。
しかし、その天才は、プロ棋士になることはなく、羽生がリベンジする間もなく突然、表舞台から姿を消したという。

日本一の才能を持ちながら、なぜ姿を消したのか? あれから37年。
番組では天才の今を大追跡。
すると、意外な理由で将棋を辞めていたことが明らかになる。

スポンサーリンク

何れにせよ羽生善治さんの対戦でも、藤井聡太さんや村山聖さんとはまた違った興味が有るのですね。
前述の2人は羽生さんといい勝負をしていた。が、1度も負けなかった高谷新也さんて何モノという非常に強い興味がわきます。

高谷新也さんは地道にサラリーマン生活を送っている。
大阪市に住んでいるのだ。
大阪で立派な一戸建てに住んでいます。
しかし最近離婚したのだ。

しかも3度目の離婚らしい。仕事は順風満帆だが、恋愛運はよくないのだ。

株式会社ウテナという会社に勤務されている。
将棋に全く未練はないのだろうか?
今日の番組で明らかになるでしょうが?

なぜ将棋をそんなに若い時期にやめたかは本人の説明がないと誰もわかりません。
絶対深い理由が。と思ったのだが、案外の答え。プロの棋士に興味がなかったのだと。才能あったが執着心がなかった。

 

1.1 小学生名人戦での歴史的勝利

1981年、将棋界において忘れられない一戦が繰り広げられました。当時11歳の羽生善治と、同じく小学生の高谷新也が準々決勝で対戦。

この対局は、将来の棋界を担う二人の神童の戦いとして、多くの注目を集めました。羽生善治はすでにその才能で名を馳せていましたが、この対局で高谷新也に敗れることとなります。

高谷新也はその後、準決勝で現・日本将棋連盟会長の佐藤康光九段に勝利し、決勝では女流棋士・中井広恵六段を破り、見事優勝を飾りました。この勝利は、高谷新也の才能がいかに特異であったかを物語っています。

1.2 羽生善治が唯一勝てなかった相手

羽生善治は将棋界において数多くの記録を打ち立て、多くのタイトルを獲得してきましたが、彼が唯一勝てなかった相手が高谷新也です。

この事実は、羽生善治自身にとっても、将棋ファンにとっても特別な意味を持っています。高谷新也との対局は一度きりであり、羽生にとってはリベンジする機会がなかったことが、この伝説をより一層色濃くしています。

才能あるがプロにならなかった理由

2.1 中学生での夢の諦め方

高谷新也がなぜ将棋の道を進まなかったのか、その理由は多くの人々を惹きつけてやまない謎の一つです。彼は小学生の頃にはすでに将棋界で注目の存在であり、多くの人々が彼の将来を嘱望していました。

しかし、中学生になってから彼は将棋界から遠ざかり、普通の学生生活を送ることを選択します。この決断の背後には、彼自身の内面的な葛藤や、将棋への情熱の欠如があったのかもしれません。

もうホント強すぎて将棋に興味がなくなったかも?

2.2 才能と執着心の不一致

高谷新也の才能は誰もが認めるところでしたが、彼が将棋界を離れた最大の理由は、おそらく才能と執着心の間のギャップにあったと考えられます。

彼は羽生善治に勝利するなど、非凡な才能を持っていましたが、将棋に対する執着心や情熱が他の多くの棋士ほど強くなかったのかもしれません。

結果として、彼は別の道を選び、サラリーマンとして新たな人生を歩むことになりました。この選択は、才能があってもそれを追求する情熱が伴わなければ、人生は予期せぬ方向に進むことがある、ということを示しています。

 

羽生善治との差と将棋への未練

3.1 羽生善治との間に開いた大きな差

高谷新也と羽生善治、二人の棋士は小学生の頃には互角の才能を持っていました。しかし、時間が経つにつれ、二人の間には大きな差が開いていきます。

羽生善治は中学生でプロ棋士となり、19歳でタイトルを獲得。その後も多くのタイトルを手にし、将棋界の頂点に立ち続けました。一方、高谷新也は小学生名人戦での勝利後、将棋界から離れて普通の中学生活を送ることを選択します。

この選択が、後に二人の間に大きな差を生むことになりました。羽生が将棋界で輝かしい成績を収める一方で、高谷新也は別の道を歩み始めたのです。

3.2 将棋への未練はあったのか

高谷新也が将棋界を離れた後も、彼が将棋への未練を完全に断ち切れていたかは定かではありません。

彼は羽生善治に勝利した才能の持ち主であり、その才能を活かすことなく普通の生活を選んだことで、内心では何らかの葛藤や未練があった可能性が考えられます。

しかし、彼が公に将棋への未練を語ることはなく、現在に至るまでその心境は謎に包まれています。

スポンサーリンク

サラリーマンとしての生活

4.1 普通の生活への転身

高谷新也は、将棋界を離れた後、サラリーマンとしての生活を選択しました。この決断は、彼にとって新たな人生の始まりを意味していました。

普通の生活への転身は、彼にとって将棋という世界から一線を画し、新しい自分を見つける機会となったのかもしれません。

サラリーマンとしての生活は、彼にとって新たな挑戦であり、異なる形での充実感や達成感をもたらしたことでしょう。

4.2 仕事と私生活の現状

サラリーマンとしての生活を選んだ高谷新也ですが、彼の仕事や私生活についての詳細は多くは公開されていません。

しかし、彼が選んだ道は、彼にとって最適な選択であったと考えられます。普通の生活を通じて、彼は将棋界のプレッシャーや競争から離れ、自分にとって何が本当に大切かを見つめ直す機会を得たのかもしれません。

サラリーマンとしての日々は、彼にとって新たな発見や成長の場となり、人生の多様性を体験する貴重な時間となったに違いありません。

まとめ

この記事からもわかるように、これはひとえに執着心の問題。
羽生さんには強い執着心があったが、高谷新也少年には執着心がうすかった。
ということでしょう。

将棋の才能がない我々からみれば高谷くんもったいないということですが、彼にとっては将棋を続けなかったのが幸せだったのかもしれません。

関連記事

錦戸親方(元関脇水戸泉)の結婚は初婚?夫人はソプラノ歌手の小野友葵子

藤原勇人はインリンオブ・ジョイトイの旦那!経歴や年齢は住まいは?

高田秋(しゅう)がかわいいのでプロフィールやブログ学歴も調べた

奈留島の江上集落の江上天主堂ステンドグラスやハーブ工房も有名

河井大志(ウェブマーケティング)の経歴と会員サービスALISAとは

百楽荘(奈良料亭)場所やアクセス料理の予算は?職人が走る【和風総本家】