北海道カルルス温泉で湯治はいかが?やわらかい湯が魅力!

北海道カルルス温泉

北海道初の国民温泉保養地

ひっそりとした環境で、湯治は

いかがでしょうか?

 

ストレスに効くやわらかい湯

ぞっかすることをひたすら拒み、

山間にひっそり息づく安らぎの

湯池場。あの有名な登別温泉から

 

 

わずか8キロ、来馬岳とオロフレ山の

山麓、登別川の谷間にある名湯で、

温泉としての開業は、明治32年に

さかのぼる。

 

温泉名は、無色透明で柔らかく

肌に心地よい湯が、ボヘミヤの

名湯カルルスバード(現チェコ、カルロヴィー・バリ)

の泉質によく似ていることからなずけられた。

 

昭和32年(1957年)には道内初の

国民保養温泉地の指定されている。

 

カルルスの湯は、病後や疲労の回復

自律神経失調症、偏頭痛などのストレス病に

効能がある。泉質は含ナトリウム(カルシウム)塩化物、

炭酸水素塩、硫化塩泉の単純泉。

巷のガイドブックによると、

ラジウム含有と書かれているのを

みますが、それは誤りで、カルルスの湯が、

 

よく効くことから、生じた誤解や思い込み

類であると思われます。

 

[ad#ad-1]

 

安らぎを与える山と海の風

特筆するべきはその環境で、

太平洋に向かってひらけた標高250m

のところにいちしており、三方を

森林に囲まれていて、空気が清浄、昼夜の

気温が差が少なく、しかも穏やかな

日差しが注ぐという、典型的な

保護性気候に恵まれています。

 

あさは、塩粒子を含んだ海からの

潮風がまた、夕方から夜にかけては

オロフレ峠はじめとした周辺の

1000m級の山々から、海へ向かう風が

一日1回ないし2回吹き抜けます。

 

海からの風にはカルシウムやマグネシウム

ヨードがふくまれ、山からの風には

フィトンチッド(芳香性テルペン系物質)

がタップリふくまれる。

 

これらのの風が自律神経やホルモン系に

心地よい刺激与え、沈静化作用が働いて

ストレスを解消し、不眠症や高血圧症などを

和らげてくれるのである。

 

この貴重な環境は、乱開発に傾くことなく、

先祖伝来土地を守りとおすことで、保たれてきた

もので、日量1300トンという勢いの豊かな

湯もさることながら、今や望むべくもない

 

手つかずの自然こそ、カルルスの財産といえるでしょう。

 

もちろん、オロフレ峠からは、エゾ富士とよばれる

羊蹄山やクッタラ湖太平洋が一望でき、素晴らしい

展望がたのしめます。

 

♦カルルス温泉データ

●所在地 :北海道登別市カルルス町

●交通  :道央自動車道登別東ICから国道2号線

洞爺湖登別線で12km、約20分

●泉質  :単純温泉

●効能  :狭心症、心身症、慢性リウマチ性疾患、

慢性消化器疾患、火傷

●問い合わせ:登別観光協会

TEL 0143-84-3311

 

[ad#ad-1]

 COMMENT

関連記事

小塚舞子【おとな旅歩き旅】の身長や体重は?カレー好きで彼氏とは熱愛?

ハワイ旅行の魅力って何?日本人の大好き海外旅行地NO1

年々増加!「海外挙式」地域ランキングと費用の平均はどれくらい?

NO IMAGE

敬老の日の日帰り温泉旅行にいくなら?おすすめの2か所はどこ?

夏の近畿の絶景スポット「青の洞窟」漁船でめぐる旅は大自然の恵み!!

夏に行きたい日本の絶景!北海道美瑛のヒマワリ畑ここが日本?