失業保険の受給資格アルバイトしたらダメは本当か?雇用保険の知識


失業したらかなり役立つ雇用保険の知識とは

ある国内食品メーカー営業の

Aさん(27歳)はなんとなく仕事に覇気を

感じず、勢いで会社を退職してしまいました。

 

スポンサーリンク

 

やめる前にはなんとなく、総務ではないので

失業に対して知識はほとんどありませんでした。

 

当分は働かずに自分探し?でもしようと

あまい考えでいました。

 

退職後にハローワークにいき失業給付の手続き

をしましたが、「あなたは自己都合で会社を辞められました」

ので最初の失業手当の支給は4か月後になります。

 

といわれ、ひどく落ち込んでしまいました。

 

自己都合退職には退職後すぐに申請しても

3か月の給付制限が課せられる仕組みです。

 

かといって、バイトをすると失業保険が

受け取れなくなるので、カードローンで

借金し、ひたすら失業保険の支給日を

待ちました。

 

しかし肝心の給付が始まったころには

毎日ネットサーフィン・オンラインゲーム

三昧で、午後近くに起床するという引きこもり

生活に、たまにハローワークに出向いても

 

まったく危機感無く「職業検索」はするものの

形だけの作業、まったくやる気がなくなってしまいました。

 

面接に行っても受かるはずもなく、「そろそろ失業保険

が切れそうなのにどうしよう」と気持ちばかり

あせってAさんは深みにはまっていくのでした。

 

これは笑い話ではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

「とりあえず若ければ仕事に困らない」

という過信はよくありません。

 

アベノミクスで景気は少し良くなったとはいえ

まだまだ厳しい時代が続いています。

ちょっとした初期のつまずきが、原因で

失業期間が、長期化することになります。

 

なんとなく退職に多いパターンが

失業保険(雇用保険の失業給付)の知識ゼロ

で動いた失敗パターンです。

 

自己都合退職が3か月の給付制限があるも知らないで

退職してしまうと、たちまち生活に困窮してしまいます。

 

また給付制限期間の3か月間は何もしないで

怠惰に暮らすと生活のペースがくるってしまう。

 

今度は社会復帰が難しくなってしまうという

ケースもよくマスコミをにぎわせています。

 

もしAさんに雇用保険の知識があればどうだったでしょうか。

 

当然最低でも3か月程度のたくわえをつくってから

退職したでしょうし。それが無理であれば

給付制限期間中に上手にバイトをして

乗り切ることができたはずです。

 

さらにいうと、受給スタート後も生活のペースを

乱さないために、うまくバイトを組み合わせることを

出来たかもしれません。

 

バイトをすると1円も失業保険をもらえなくなる

という話しはマチガイ。

 

現行の雇用保険制度には抜け道がたくさんあります。

やり方次第では、バイトしながら給付金を

満額受け取る方法があります。

 

知っている人と知らない人では、給付総額

では50万円近くもの差が出ることがあります。

 

バイトをしながら給付金を受け取る方法

は次の記事でお知らせします。

スポンサーリンク

 

 

 COMMENT

関連記事

ケンカにまつわるトラブル、過剰防衛、正当防衛の境界とは?

無断駐車10万円支払う必要が?身近な法律トラブル必見!

会社の賢い辞め方とは?自分自身のためにも最低限のマナーは守る

NO IMAGE

試用期間中は社会保険に加入できない、これって違法では?

原付事故!加害者が無保険車?被害者救済処置はどうなる?

追突事故の加害者本人!不誠実な対応にまずなすべきことは?