ブロック積み職人折笠久夫の技術は宮城県沖地震でも実証された


 

 

がっちりマンデー!!スゴ技職人が続々登場!「黄綬褒章2016」

放送日:2016年11月6日

TBS系列 7:30から放送

ブロック積み職人 折笠久夫さんが登場します。

スポンサーリンク

ブロック工事は我々の身の回りに

よくあるもの、ブロック塀が身近な例です。

簡単なように見えて、倒れそうになっている

ブロック塀もよく見かけます。

 

いいものと悪いもの、差はどこに?

 

ブロック積み職人 折笠久夫さんは

2016年春の黄綬褒章を受賞しました。

福島県郡山市喜久田町字松ケ作13で

折笠ブロック工業という会社を

営んでいます。

 

福島県からその道に励んで模範に

なった人に贈られる黄綬褒章に2人がえらばれました。

黄綬褒章を受章した郡山市喜久田町の折笠ブロック工業代表、

折笠久夫さん(76)

ブロックを積み上げて家や建物の塀をつくる職人になり、

もう57年になる。「若いころも、慣れてからも、

とにかく基本を繰り返すことが大切。

%e3%81%b6%e3%82%8d%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%81%b9%e3%81%84

そうすればブロックは決して崩れない」。

と言い切ります。

 

マグニチュード7・4を記録した1978年の宮城県沖地震。

ブロック塀の倒壊で多くの人が犠牲に。

宮城県にも折笠さんがつくった塀がありました。

崩れていないか心配になって、現場へ向かいました。

仙台市内では街のあちこちで塀が倒れ、

ブロックが散乱していた。でも、自分で積んだブロック塀は、

びくともしないで堂々と立っていた。

 ブロックにしっかり鉄筋を通し、丁寧に積んだ。

「最後まで作業の手を抜かなかった」。

ブロック積工として大きな自信になった。

仕事への探求心は尽きない。

大型のブロックを水平に、

かつ積みやすくする道具を考案し作業を効率化しました。

職人同士で技術を高め合うため、

仲間に呼び掛けて技能講習会も開いてきた。

「仕事に誠実に向き合うことで事故は防げる」。

こうした姿勢や高い技能が評価され、

2002年度に厚生労働省の「現代の名工」に選ばれた。

「新人の頃に何をどう学ぶのかが大切だ」。

建築や設備など他分野の職人からの信頼も厚く、

昨年から県技能士会連合会の会長に就いた。

まとめ

基本に忠実に淡々と仕事を

繰り返す。なかなかできないこと

我々は慣れてくるとすぐに手を抜こうとするから

 

仕事の失敗はそこから来ると思います。

折笠久夫さんを見て基本の大切さを

学びました。できる人は

やはり基本を大切にしています。

 

 

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

はんだ付け職人斎藤克摩の所属や受賞履歴が気になる!優れた技術者

アソビュー株式会社の評判や外遊び体験の種類!山下社長の経歴は?

桂川憲生のプロフィールはフォレスタイルで東白川村を救う!

岩﨑有里子(イケア・ジャパン宣伝部長)の働き方や勤務時間や産休などユニーク

「モス山形」社長(山本正幸)の経歴!コケボードという緑化用苔の生産会社

サマンサネットの仕事は?社長杉之原冨士子の経歴やホームステージャーとは?