池本洋一(リクルート)のプロフィールやマンション理論テレビに出演は

  1. 両親が念願の家を建設中に工務店が倒産。
  2. 就職活動中の面接官に「家を建てるという夢がこんな不幸を呼んでいいのか」となぜか面接でも熱くなり、なぜかリクルートに入社が決まる。
  3. 池本洋一リクルート入社の面接で、本人の意志に反し他の部署を希望したが住宅部門に配属

 

リクルート社員の池本洋一さん2月日のホンマでっか!?テレビに出演されます。物事にはベストなタイミングがある!と題し、池本洋一さんは「賃貸物件を探すベストタイミングは、金曜日の昼です」という耳寄りな情報が。

さらに、最近家探しをしているというりんたろー。(EXIT)から「家を買う時のベストタイミングってあるんですか?」という質問も。すると、新築マンションから戸建てまで、さまざまな物件に関する最新情報が明かされる!そして「家電を買うなら、月末の土日祝日の午後が良いです」という具体的なアドバイスも。

詳しくは番組で・・・

池本洋一さんは住宅には人一倍のこだわりを持たれている人。

こんな経験をもった、池本さんをリクルートはSUUMO編集長に抜擢したことには必然性がありますね。

池本洋一のプロフィール

972年滋賀県生まれ。 1995年上智大学新聞学科卒業。株式会社リクルートに入社。住宅情報誌の編集、広告に携わる。 2007年都心に住む編集長、2008年住宅情報タウンズ編集長、2011年SUUMO編集長(現職)。

メディアを通じて、住まい領域のトレンド発信を行う。 リクルート住まい研究所 主任研究員、不動産情報サイト事業者連絡協議会 監事、内閣官房 日本版CCRC構想有識者会議委員、国土交通省 既存住宅市場活性化ラウンドテーブル委員、国土交通省 良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業 評価委員、環境省 賃貸住宅における省CO2促進モデル事業 評価委 COOL CHOICE推進チーム 委員

 

 

池本洋一は講演会の講師もつとめる

リクルートSUUMO編集長や不動産情報サイト事業者連絡協議会 監事、国土交通省の既存住宅市場活性化ラウンドテーブル委員、働き方改革に伴う不動産の在り方検討会委員、ほか経済産業省、環境省、内閣官房などで各種の委員を歴任した豊富な経験をもとに、講演会にも度々出演をしています。

なお主な公園のテーマは

「住みたい街ランキング」から見る「旬な街」「買いな街」

毎年話題になる「SUUMO住みたい街ランキング」。
話題になるのは1位の街や新たにトップ10入りした街などですが実はそれ以外にも、急にランクアップした街や、今後人気を上げそうな街、穴場な街が存在します。

年収300万以下の人に人気の街、大卒文系女子が好きな街、共働きパワーカップルにおススメの街、子育てにも仕事にも忙しい家庭におススメなど、多彩な切り口と裏付けデータで解説します。

60代からの住まい選び、どうする今の家? これからの家

内閣官房「生涯活躍のまち構想」の委員を務める池本洋一さん。60代、70代になってどうですか?

今の家は。広すぎたり、寒すぎたり、遠すぎたり。
でも誰に相談していいものか、どんな選択肢があるのか?だまされたりしないか?
日本最大級の住み替えサイトSUUMOの編集長は、実はシニア世代の住宅探しのプロ。

最新の分譲マンションから、楽しくいきいきとした老後を過ごせる高齢者向けの住まいまで。豊富な経験から解説。

SUUMO編集長自らが取材した数々の中からおすすめの物件をご紹介。補助金や移住者特典などのお得な情報もお伝えします。

賃料が半分になる!? これからの賃貸経営

相続税対策をだけでなく、資産作りとしても注目される賃貸経営。
でもかぼちゃの馬車事件や、サブリースでのトラブルなど不安なことも多い。

いやむしろ不安なことのほうが多い。
人口が減少する地域では、本当に入居者が集まるのか、住み続けてもらえるのかも不安。

そんな賃貸経営を検討される方、既に経営されている方に向けてこれからの部屋づくりを指南。

賃貸を探すほとんどの方が利用するSUUMOの豊富なデータや入居者調査に基づき、長く愛される部屋づくり、コストを掛けるポイント、買っていい街悪い街などを解説します。
賃貸フェアでは常に満席、立ち見続出の人気のセミナー講師です。

池本洋一の考えるマンションとは

現代のマンション市場は、複雑な要因によって動かされています。リクルートの「SUUMO」編集長である池本洋一氏によれば、この変動する市場を理解するためには、建築費の上昇、用地価格の高騰、そして需給バランスの三つの大きな要素を考慮する必要があります。池本氏の見解をもとに、「池上洋一の考えるマンション」というテーマで深堀りします。

建築費の上昇

建築費は鉄筋や住宅設備など、建築に必要な材料費の高騰が主な原因です。特にマンションは鉄筋コンクリート造りであるため、鉄の価格上昇が直接的な影響を与えます。これは、ゼネコンとの調整の中で以前よりもコストを上乗せせざるを得ない現実を反映しています。

用地価格の高騰

都心部では特に、マンション用地の価格が上昇しています。これは、マンション適地が限られているために起こる現象で、デベロッパーが意図的に供給を減らしているわけではなく、むしろ出したくても出せない状況にあると池本氏は指摘します。供給が追い付かない状態は、価格を押し上げる一因となっています。

需給バランス

現在のマンション市場は、需給バランスの崩れによっても価格が左右されています。買いたい人が多いのに対し、供給が少ないのが現状です。このバランスが変わらない限り、価格の上昇は続くと池本氏は見ています。

スポンサーリンク

地域による市場の違い

池本氏は、地域によって市場を分けて考えるべきだと提唱します。郊外の物件や駅遠物件では、住宅ローンの年収倍率が重要な指標となり、その限度が迎えられば価格上昇にもブレーキがかかる可能性があります。一方で、都心や駅近物件では需給バランスの崩れが解消されない限り、価格は安定しないとの見解を示しています。

消費者の選択

池本氏は、マンション購入者に対して、実需としての購入を心がけるようアドバイスしています。特に「1駅外し」戦略は、価格が相対的に手が届きやすくなるため、賢い選択肢として提案されています。また、住みたい街ランキングなどで人気のある郊外ターミナル駅周辺の物件も、生活利便性と価格のバランスが取れた良い選択肢であるとしています。

結論

池本洋一氏の考えるマンション市場は、単純な価格上昇の話ではなく、建築費、用地価格、需給バランスという三つの複雑な要素によって形成されています。

また、地域ごとの特性を理解し、実需を優先した購入を心がけることが、賢い消費者の選択とされています。

マンション購入を検討する際には、これらの要素を総合的に考慮することが重要であり、池本氏の提言は、将来のマンション市場を見据える上で非常に有益な指針を提供しています。

関連記事

西脇充子のプロレス動画や病気のこと!今現在は浅香山部屋の女将さん

ピーター・ノーマンのメキシコ五輪表彰台の勇気が後の人生を狂わせることに!

てんぷら 近藤(近藤文夫)の店舗住所やメニューや予算は?【ごはんジャパン】

NO IMAGE

西岡壱誠の高校は独自の勉強法や今現在の仕事は【NHK逆転人生】

金田一秀穂のプロフィールや講演会は?息子は同志社大学卒仕事は?

アレックス・カーと日本の関わりが深い!経歴や仕事は何?古民家再生のプロデューサー