高良悦子がシェアガード(特殊詐欺防止アプリ)を開発した理由


株式会社セレンディピティー(代表取締役社長 高良悦子)
本社:東京都新宿区

特殊詐欺(オレオレ詐欺、還付金詐欺など)の犯人グループの声のパターンを認識して通話をブロックする世界初のスマホ用アプリShareGuardを開発している会社です。

スポンサーリンク

 

下の動画はスマホ用アプリShareGuardを説明したものです。

 

高良悦子がシェアガードを開発した理由

高良悦子さんは母が特別養護老人ホームの施設長を務めていて、高齢者が振り込め詐欺で騙されて苦しんでいる人の話も直接聞き、自分もホームヘルパーを経験したことから、自分で何か防止ができないか考えていました。

ある日、「犯人グループの声のパターンを共有することで、振り込め詐欺の被害者が出る前に通話をブロックしてしまう」というアイデアがひらめいた。

「このアイデアが実現出来れば、迷惑電話や特殊詐欺被害をこの世の中から撲滅できる」と考えて、高良悦子さんは立ち上がりました。

これまで、警視庁、大阪府警、神奈川県警、埼玉県警、愛知県警、北海道警や、北海道、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府の約50の市区役所の特殊詐欺対策を担当する皆様を回って、詐欺被害者をどうしたら守れるのか、多くのアドバイス・アイデアを頂き、アプリに反映してとのことです。

2020年春以降、まずは自治体経由でシェアガードを広めていく予定です。

スポンサーリンク

シェアガードの仕組みは

  • かかってきた電話の声のパターンをサンプリングして、他の人が「怪しい」と通報した声のパターンとマッチするか判別する仕組み。

  • マッチした場合、通話を切断した上で、切断した理由を表示させる。 

普通の電話を切ってしまうことはないのか?

  • 声紋認識の精度が高いため、誤認識の可能性は低い。

  • 電話帳登録してある相手からの電話など、重要な相手からの電話の場合、アプリ自体が立ち上がらないため、間違えてブロックされる心配は皆無。

高齢者が使いこなせる?

  • スマホアプリのインストールは、慣れていない場合、親族の方が行うことを推奨します。アプリをインストールしたことのある方であれば、簡単。

  • インストール後は、特に何もする必要がありません。電話がかかってくると自動的に立ち上がり、怪しい声の主だと認識すると、自動的に通話を切断して、その理由を表示。 

  • 親族のメールアドレスを登録しておけば、自動的に親族にも、怪しい電話があった旨のメールが届く。

1975年生まれ
高校より米国留学し、ボストンの大学を卒業。
3人の子供のを育てながら、子供の成長を機に、かねてより計画していた
カフェ事業を始めるために株式会社セレンディピティを設立。

 

高良悦子さんはこんなこともしています。

2014年10月にブックカフェ、ライブラリーカフェ自由が丘
(The Library Cafe http://www.librarycafe.jp)を開店。
2020年現在閉店中です。

スポンサーリンク

関連記事

山本峰華はハピキラ副社長!大学や経歴は?パラレルキャリア女子

ジェイジェイジャパンの着せ替え靴が人気!通販やサイズ価格帯は?

高橋一也(伝統野菜販売者)の経歴や家族!伝統野菜へのこだわりは?

雪国観光圏のイベントの数々施設や場所について雪国ガストロノミーとは?

安達哲雄はマイハニーの生産責任者!「ふるさと投資ファンド」で養蜂業を行う

米村修二の「RE:MEMBERプロジェクト」と商品やアイテム!販売はどこ?