真田丸のあらすじ第三話「策略」きり役で長澤まさみがいよいよ初登場


さなだまる1

真田丸のあらすじ第三話「策略」

放送日:1/24 20:00より

お待たせしました。

第三話あらすじです。

スポンサーリンク

【今回の見どころは】

信繁を取り巻く2人の女性が初登場です。

梅(黒木華)ときり(長澤まさみ)です。

何やら三角関係の予感です?

織田方に取りいるため昌幸が

取った策が奇抜

いかにも昌幸らしい。

 

本多忠勝とのやり取りでは

家康の狡さが際立っています。

見ものです。

 

【どちらにもつかない真田】

昌幸一家は真田の郷・小県に

戻る。武田の宿敵織田方につく

という昌幸の案

昌幸の弟信尹や叔父・矢沢頼綱が賛同した。

 

信繁は信尹が上杉・北条どちらにもつかない

と判断した昌幸に賛同したときき

信尹に尊敬の念を覚えるのだった。

 

信繁はこういった「叔父上は私の鑑です

私も兄信幸にとってそんな弟で

ありたいと存じます」

 

昌幸は織田の信用を獲得するため

近隣の国衆総出で織田に会いに行く

のが絶対と考えた。

しかし国衆・室賀正武、出羽昌相との

会議で室賀から強い反対にあい

断念することに。

 

旧武田軍拠点の高遠城では

家康が織田信忠から命ぜられ

信長を迎える準備をしていた。

 

神経質な信長のためしぶしぶ掃除

を命ずる家康であった。

その時家臣本多忠勝が登場

 

家康は無念の最期を遂げた

無き武田勝頼を手厚く葬るべき

と考えた。

 

家康に武士の情けを感じ

感動した忠勝であった。

が、家康の本心は別にあった。

 

このことを武田家臣に知らしめ

徳川に人心を集めることにあった。

 

真田の家臣・堀田作兵衛の妹・梅に

恋心を寄せる信繁

新府で買った櫛を渡せずにいた。

 

そこに信繫の幼馴染で

高梨内記の娘・きり

繁信を慕うきりは

信繁の気持ちにきずいている。

 

おせっかいにも応援するが、

切なさを感じている。

 

作兵衛から真田領の山が薪を奪いに来る

室賀の百姓にあらされていると聞いた

信繁は作兵衛、お梅、きりらとともに

百姓に応戦した。

なんとか百姓を撃退

その帰路逃げ疲れた義兄

小山田茂誠と遭遇

 

昌幸は信幸に上杉景勝への密書を

たくした。

内容は景勝の誘いに応じる内容と

なっていた。

信幸「真田は織田につくのではないのですか」

昌幸「決めたわけではない」

昌幸の本心がわからず苦悶する

信幸は病床の妻・こうをおいて

佐助とともに旅立つ。

 

しかしこの動きは国衆室賀や出浦にもれていた。

道中密書とともに佐助も命をおとす。

密書を読んだ室賀は先にこの

密書を信長に届け真田を出し抜いて

自分を売り込もうと考えた。

 

【昌幸の真意は】

室賀にこのように仕向けたのは

実は昌幸の罠であった。

 

昌幸曰く「あれを読んで、信長はこう思うに違いない。

真田昌幸というものは方々から声をかけられている。

人望があるに違いない。

わしも声をかけるべき。信長なら

絶対そう考える」

スポンサーリンク

【一芝居うった昌幸】

もともと

上杉からの誘いなどなく

かって敵であった信長との対面に

そなえて自分の信用をあげるために

一芝居打ったのだ。

 

もちろん佐助の死もウソ

なにも知らされていない信幸

は驚きを隠せない。

佐助が生きていたのだ。

 

一方松は夫茂誠と再会

茂誠は小山田信茂が主君を裏切るとは

想像すらしていなかった。

 

そんな言い訳は義父昌幸には

通用しないので、茂誠は身をひそめるべき

と信繁が提案した。

 

信幸にも相談するが、先ほどの

佐助の一件で動揺している

信幸は茂誠に切腹しろと

冷たく言い放つ。

 

翌日に信長から召喚状が届く

昌幸は死を覚悟し信幸に

真田家を託し、信繁をお供に

織田家に出向く。

 

【用語解説】

●国衆

国人領主ともいう

室町時代には一地方を支配する領主

守護大名の力が衰えた地域では

下剋上により独立城主として

勢力を持った。

 

真田領周辺には

村上氏、室賀氏、などの国衆が

ひしめいていた。

出浦は村上氏の一族であった。

 

●忍び

大名などに仕え諜報活動や

破壊活動に従事

三重県の伊賀を拠点とした伊賀衆

近江の国甲賀を拠点にした

甲賀衆が忍術の2大流派であった。

真田に仕えたという真田十勇士は

あくまで架空の人物といわれる。

 

 

まとめ

いかがでしたか

権謀術数を駆使した

真田の戦略は昌幸が

編み出したもの

という事がよくわかりますね。

田舎の小大名がいかに戦国の世を

生き抜くか。

したたかです。

ますます楽しみです。

【予告第四話挑戦】caming soon

 

スポンサーリンク

 

 

 

 COMMENT

関連記事

NO IMAGE

エハラマサヒロ似の遠藤要という俳優が偶然同じ週によく似た役を・・

長野里美の経歴や家族!真田丸の役柄は!ドラマの出演作は

ディーンフジオカファンに朗報です新年にテレビドラマと海外ドラマが

『藤岡弘』NHK大河ドラマ真田丸に 本多忠勝役で出演時代劇演技は

「あさが来た」五代才助と広岡朝子の関係大阪経済に与えた影響は?

朝ドラ「旅路」NHKシリーズ2位の視聴率北海道の鉄道員の物語