浜田メイプル牧場のカラス被害を緑レーザー照射、他の撃退方法も紹介!

2024年2月4日

がっちりマンデー!!★儲かる色シリーズ第2弾!儲かる緑!
TBS系列 カラスを撃退して牛を守る緑レーザー

浜田メイプル牧場でレーザーを使ったカラス撃退法が放送されます。

この記事では

 

  • 浜田メイプル牧場の実例
  • レーザーポインターを使ったカラス撃退
  • カラスの生態や知識
  • レーザー使用以外の撃退法

などを記事にまとめてみました。

 

牧場の乳牛がカラスに襲われる被害を防ごうと、レーザーを使った撃退法が島根県内の牧場で効果を上げている。

山陰パナソニック(島根県出雲市)などが開発した製品で、カラスが嫌がる緑色の光を牛舎内に照射しカラスを追い払う仕組み。この防鳥レーザーを導入する動きは県外にも広がっている。

島根県西部の山あい、浜田市三隅町にある浜田メイプル牧場。牛舎の柱に設置された機械から発せられる緑色のレーザーが、縦横などの線で天井や牛の体を照らす。牛舎内にカラスの姿は見当たらなかった。

同牧場の小松原育三場長は「カラスが少なくなっているのは間違いない。牛の安全は確保されつつある」と満足げだった。

 

カラスは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)により保護されています。

そのため、都道府県知事の許可がないと、親鳥・ひな・卵の捕獲や駆除は原則としてできません。

なお、カラスは、甲虫類、ネズミなども捕食しており、生態系の中での役割を担っている側面もあります。

  • 以下迷惑カラスの対処法をまとめました。
  • 日本国内で使用が認められていない方法
  • 器具
  • 条件

などは使用する各個人や団体で撃退方法を自己確認し、カラス撃退に役立ててください。

カラスをレーザーポインターで撃退するための条件

カラスの撃退にレーザーポインターを使用する際、成功への鍵は適切な条件を整えることにあります。カラスは非常に賢く、環境への適応能力が高いため、彼らを効果的に追い払うためには、戦略的なアプローチが必要です。

まず、レーザーポインターの使用にあたっては、カラスの生態や習性を理解し、その行動パターンに合わせたタイミングで行動することが重要です。

具体的には、カラスが活動的になる時間帯、レーザーポインターの色の選択、そして撃退活動を行う必要がある日数について、詳細に検討する必要があります。

レーザーポインターが効果的な時間帯

カラスにレーザーポインターを使用する最も効果的な時間帯は、夜明け前や日没後といった、光の弱い時間帯です。

この時間帯は、カラスの活動が低下し、またレーザー光がより目立つため、カラスに対する警戒心を煽りやすくなります。

英国環境省の研究によると、この時間帯にレーザーポインターを使用することで、カラスを効果的に追い払うことが可能であると報告されています。

特に、カラスの目を狙ってレーザーを照射することで、一時的な驚きや不快感を与え、その場から離れさせることができます。

カラス撃退用レーザーポインターの色

レーザーポインターの色には、赤、緑、青の3種類が一般的ですが、カラス撃退においては緑色のレーザーポインターが最も効果的です。

緑色の光は、カラスの目にとって非常に目立ちやすく、また、人間の目にも視認性が高いため、狙ったカラスを正確に追跡しやすくなります。

フランスのLORD Ingenierie社の研究では、空港周辺での鳥類撃退に緑色のレーザーポインターが有効であることが示されており、これはカラス撃退においても同様の効果が期待できることを意味します。

レーザーポインターを使用してのカラス撃退必要日数

カラスを一度追い払っても、彼らは短期間で元の場所に戻ってくる可能性が高いです。そのため、レーザーポインターを使用した撃退活動は、一度きりではなく、数日間にわたって継続する必要があります。

米国カリフォルニア大学の研究では、連続して4日間レーザーポインターを使用した結果、カラスの回避行動が観察されたものの、完全な撃退には至らなかったと報告されています。

しかし、ニューヨークで行われた別の試みでは、レーザーポインターと他の撃退方法を組み合わせることで、1週間でカラスの半数を追い払うことに成功しています。

これらの事例から、レーザーポインターを用いたカラス撃退は、継続的な努力と他の方法との組み合わせが効果的であることが分かります。

以上の条件を踏まえ、カラス撃退にレーザーポインターを使用する際には、適切な時間帯の選択、効果的な色のレーザーの使用、そして持続的な撃退活動の実施が重要です。

これらのポイントを理解し、適切に対策を講じることで、カラスによる被害を効果的に減少させることが可能となります。

スポンサーリンク

カラス撃退用レーザーポインターの出力

カラス撃退に使用するレーザーポインターの出力については、適切なバランスが求められます。

一般的に、レーザーポインターはその出力によって効果が変わりますが、カラスを撃退する目的で使用する場合、過度に高出力のものを選択する必要はありません。国内で合法的に販売されている1mWのレーザーポインターで十分な効果が期待できます。

この出力であれば、約200メートル先のカラスに対しても効果を発揮し、彼らを安全に追い払うことが可能です。高出力のレーザーポインターは、カラスに直接的なダメージを与える可能性があり、使用することで法律に触れるリスクも高まります。

したがって、カラス撃退を目的とした場合、1mWのレーザーポインターが最も適切な選択と言えるでしょう。

 レーザーポインターの危険性

レーザーポインターの使用には、いくつかの危険性が伴います。特に、高出力のレーザーポインターを使用する際には、人間の目に対する潜在的な危険があります。

直接目にレーザー光が当たると、一瞬のうちに重大な視力障害を引き起こす可能性があります。また、レーザーポインターを空に向けて使用する行為は、航空機への妨害となり得るため、法律で厳しく制限されています。

このような危険性を避けるためにも、カラス撃退用としてレーザーポインターを使用する際には、出力が1mW以下の製品を選び、使用する際には周囲の安全を十分に確認することが重要です。

 カラス撃退用レーザーポインターが買える場所

カラス撃退用のレーザーポインターは、インターネットをはじめとする様々な場所で購入することができます。

特に、1mWの出力を持つレーザーポインターは、日本国内で合法的に販売されており、オンラインショッピングサイトや電子機器を扱う店舗で容易に手に入れることが可能です。

購入の際には、製品の安全性や品質、販売店の信頼性を確認することが大切です。また、使用目的を明確にし、適切な出力の製品を選ぶことが、安全かつ効果的なカラス撃退に繋がります。

高出力のレーザーポインターを求める場合は、個人輸入が一つの方法となりますが、その際には法律に遵守し、安全に配慮した使用を心がける必要があります。

 

カラスを知る

カラスとの共存や撃退を考える上で、まずは彼らの生態について深く理解することが不可欠です。カラスはただの害鳥ではなく、その賢さや生態系における役割を知ることで、より効果的な対策を立てることができます。

1.2.1 カラスの生態

カラスは世界中に広く分布しており、その適応能力の高さから多様な環境で生息しています。都市部では人間の生活圏に密接に関わり、時にはその賢さを使って食料を得るなど、人間と密接な関係を築いています。

カラス生息域の違い

 

↑    ↑    ↑    ↑

ハシブトカラス   ハシボソカラス

カラスの種類によって好む生息域には大きな違いがあります。例えば、ハシブトカラスは都市部や森林など様々な環境に適応する能力がありますが、ハシボソカラスは開けた場所や農耕地を好む傾向にあります。

このような生息域の違いを理解することは、特定の地域でカラスによる被害を防ぐための対策を考える際に重要です。

カラス群れの形成

カラスは非常に社会的な鳥であり、特に冬季には大きな群れを形成することが知られています。これらの群れは情報共有の場となり、食料の場所や危険を伝え合うことで生存率を高めています。

群れによる行動パターンを理解することは、カラスの行動を予測し、効果的に対処するために役立ちます。

カラスの知能

カラスは鳥類の中でも特に高い知能を持つとされています。道具を使ったり、複雑な問題を解決したりする能力があり、これらの行動はカラスがどれほど賢いかを示しています。

カラスが人間の行動を学習し、それに適応する能力を持っていることを理解することは、彼らを撃退するための戦略を立てる上で非常に重要です。

例えば、カラスは一度経験した撃退方法に対して学習し、次回からはその方法を回避することがあります。したがって、カラス撃退の方法を定期的に変更することが、長期的な効果を期待する上で重要になります。

カラスの生態や知能を理解することは、彼らとの共存や効果的な撃退策を考える上で不可欠です。カラスに対する一方的な見方を改め、彼らの生態や行動パターンを尊重することが、共生への第一歩となります。

 

レーザーポインターの効果を高める組み合わせ

カラス撃退において、レーザーポインター単体での使用も一定の効果を発揮しますが、他の手段と組み合わせることでその効果を大幅に高めることができます。

ここでは、レーザーポインターと併用することでカラス撃退の成功率を向上させる方法をいくつか紹介します。

 超音波

超音波デバイスは、人間には聞こえない高周波の音波を発生させ、カラスを含む害鳥や害獣を撃退するのに用いられます。

これらのデバイスは、カラスが不快と感じる特定の周波数を発して彼らを遠ざけることができます。

レーザーポインターで一時的にカラスを追い払った後、超音波デバイスがカラスが戻ってくるのを防ぐ追加の障壁となり得ます。

フクロウや鷹の置物

フクロウや鷹の置物は、カラスの天敵を模したもので、カラスを撃退するために広く使用されています。

これらの置物を設置することで、カラスはその地域を危険と認識し、近寄りがたくなります。レーザーポインターを使用してカラスを一時的に追い払った後、これらの置物がカラスが再びその場所に戻るのを躊躇させることが期待できます。

ただし、カラスは非常に賢いため、置物が動かないことに慣れてしまう可能性があるため、定期的に位置を変えるなどして、カラスを惑わせる工夫が必要です。

案山子

伝統的な案山子もまた、カラスを含む害鳥から農作物を守るために用いられる方法の一つです。動きのない案山子よりも、風で動く部分を持つなど、少しでも動きを加えた案山子の方が効果的です。

レーザーポインターでカラスを撃退した後、案山子がその場所にカラスが戻るのを防ぐための追加的な手段となります。案山子もまた、カラスが慣れないように定期的に位置を変えるなどの工夫が求められます。

これらの方法は、レーザーポインターと組み合わせることで、カラス撃退の効果を高めることができます。カラスは非常に賢く、環境への適応能力が高いため、複数の手段を組み合わせて使用することで、より効果的に彼らを管理することが可能になります。

 


爆音機

爆音機は、その名の通り、大きな音を発する装置で、主に農業分野でカラスなどの害鳥を追い払うのに使用されます。

この方法は、カラスが危険を感じてその場から逃げる本能に訴えるものです。特に、収穫期において作物を害鳥から守るために効果的ですが、使用する際には周囲の環境への影響を考慮し、適切な時間帯や間隔で使用することが重要です。

爆音機の使用は、カラスが特定の場所に慣れてしまうことを防ぐためにも、他の方法と組み合わせることが推奨されます。

エアガン

エアガンを使用したカラス撃退法は、直接的な威嚇によりカラスを追い払う手法です。この方法は、特にカラスが頻繁に集まるエリアや巣をつくる場所に対して有効ですが、動物への直接的な危害を避けるため、非殺傷的な使用が求められます。

エアガンを使用する際は、カラスに恐怖を与えることでその場所を避けさせることが目的であり、安全性を最優先に考慮する必要があります。

 CDやきらきら光るものを吊るす

CDやアルミホイルなどの反射する物体を吊るすことは、シンプルでコスト効果の高いカラス撃退方法です。

これらの物体が太陽の光を反射し、きらめきを放つことで、カラスの注意を引き、不快感を与えることができます。

特に、風によって動くこれらの物体は、カラスにとって予測不能な脅威となり、効果的に追い払うことが可能です。この方法は、庭や農地、果樹園など、さまざまな場所で簡単に実施できます。

 畑を紐で囲う

畑や果樹園を薄い紐やワイヤーで囲むことは、物理的な障害物を作り出し、カラスが着地しにくくする効果的な方法です。

この紐やワイヤーは、カラスが飛行や着地を試みる際の障害となり、彼らを撃退します。さらに、紐やワイヤーに反射する物体を結びつけることで、視覚的な撃退効果を高めることができます。

この方法は、特に大規模な農地において、カラスから作物を守るのに有効です。

これらの方法は、カラスの行動や習性を理解し、それに基づいて適切に対策を講じることで、カラスによる被害を最小限に抑えることが可能です。

カラスの警戒音声

カラスの警戒音声を使用する方法は、カラスが自然界で感じる危険を模倣することにより、彼らを撃退する効果的な手段です。

この方法では、カラスやその他の捕食者による警戒音声や苦痛の叫び声を録音したものを再生します。

これらの音声は、カラスにとって不快または危険な信号として機能し、彼らがそのエリアを避けるように促します。

この手法の成功は、音声のリアリティと使用するタイミングに依存します。定期的に音声を変更することで、カラスが慣れるのを防ぎ、撃退効果を持続させることができます。

カラスの死体を吊るす

カラスの死体を吊るすという方法は、カラスに強い警告を発する伝統的な手法です。この行為は、特定のエリアが危険であるという強いメッセージをカラスに伝え、彼らがその場所を避けるように促します。

しかし、この方法は倫理的な問題や法的な制約が伴う可能性があるため、実施前に地域の規制やガイドラインを確認することが重要です。

また、この手法は一時的な解決策であり、長期的なカラス管理戦略の一部としてのみ考慮すべきです。

カラス撃退方法 – 物理的に駆除する

物理的にカラスを駆除する方法は、直接的な対策が必要な場合に検討されます。これには、毒やトラばさみ、箱罠が含まれますが、これらの手段は厳しい法的制約の下でのみ実施されるべきです。

また、これらの方法はカラスの個体数管理には効果的かもしれませんが、倫理的な懸念や副作用を考慮する必要があります。

 毒

毒を使用してカラスを駆除する方法は、特定の状況下でのみ合法的に許可されています。この手法は、非常に慎重に管理され、専門家によってのみ実施されるべきです。毒物の使用は、非対象種への影響を最小限に抑えるために、正確な配置と監視が必要です。

 トラばさみ、箱罠

トラばさみや箱罠を使用する方法も、カラスを物理的に捕獲する手段として利用されます。

これらの装置は、カラスが頻繁に訪れる場所に設置され、捕獲後の適切な処理が求められます。この方法は、特定の個体をターゲットにする場合や、研究目的での使用に限られることが多いです。

全ての物理的駆除方法に共通して言えるのは、実施前に地域の法律や規制を確認し、可能であれば非殺傷的な代替手段を優先することが望ましいです。

 投石、素手、スリングショット

カラス撃退のために投石、素手での追い払い、またはスリングショットの使用は、直接的な物理的介入を伴います。

これらの方法は、カラスが特定の場所に近づくのを防ぐための即時の解決策として機能することがあります。

しかし、これらの手段はカラスに対して一時的な効果しか持たず、また、動物に対する傷害の可能性や法的な問題を引き起こすリスクも伴います。

したがって、これらの方法は推奨される撃退策とは言えず、より人道的で効果的な代替手段を検討することが重要です。

スリングライフル

スリングライフルは、より精密な射撃が可能なスリングショットの進化形であり、特に農業地帯や広大な敷地でのカラス撃退に有効な手段とされています。

この装置を使用することで、遠距離からでもカラスを追い払うことが可能ですが、安全性には十分注意を払う必要があります。

スリングライフルの使用は、周囲の環境や他の生物に対する影響を最小限に抑えるために、適切な訓練を受けた人によってのみ行われるべきです。

 猟銃

猟銃を使用したカラスの撃退または駆除は、特定の地域や状況下でのみ許可されることがあります。

この方法は、一般的には専門家や許可を受けた猟師によって行われ、厳格な法律や規制の下で実施されます。猟銃の使用は、カラスの個体数管理の一環として、または農作物や家畜への被害を防ぐために限定的に行われることが多いです。

この手段には高い責任が伴い、常に最後の手段として考慮されるべきです。

 効果的なカラス撃退方法まとめ

カラス撃退のための効果的な方法を選択する際には、その方法の人道性、法的な許可、および周囲への影響を考慮することが重要です。

レーザーポインター、音声デバイス、反射材の使用など、非接触かつ非致死的な手段が推奨されます。

これらの方法は、カラスに対して長期的な撃退効果を提供し、同時に生態系への影響を最小限に抑えることができます。

カラスの撃退においては、一時的な解決策ではなく、持続可能で人道的なアプローチを優先することが、共存への鍵となります。

まとめ

(お願い)この記事は、カラス撃退にレーザーポインターがどの程度有効か、その使用条件、カラスの生態についての知識、そしてレーザーポインターの使用を補完する他の撃退方法について詳細に説明しています。
読者がカラスの被害に対処するために必要な情報を網羅的に提供することを目指しています。
この記事に書かれた道具方法については各自の責任で運用願いたく。

関連記事

サマンサネットの仕事は?社長杉之原冨士子の経歴やホームステージャーとは?

株式会社タイセイ(cotta)の会社情報や通販は?販売アイテムは?

地域活性化プランニングはどんな会社?業務内容やロケ地候補は?

ジェローム・シュシャン(ゴディバジャパン)の経歴や弓道との関係は

株式会社ティ・カトウの新型ティ・バランスはカフェテーブルの必需品

イケダパンは鹿児島のソールフード?売上がスゴイ!オリジナル「ラビットパン」も