サマンサタバサの価格戦略、婦人バッグ大手の上手な商法とは?

サマンサタバサの巧みな価格戦略とは

20周年を迎えたバッグ販売大手

サマンサタバサジャパンリミテッド。

巧みな価格戦略が光っています。

 

 

この間1万円から始まった主力商品

価格帯を段階的に5万円にまで上げ

昨秋には10万円代もある

最上位ブランドの展開も始めた。

 

いかに消費者を納得させる付加価値を

つけ価格を少しずつ上げていくか。

高級らせんに向けたサマンサの

価格術は?

 

5月の平日よる新宿伊勢丹の

本館1階女性ハンドバッグ売り場

で女性が目を細めていたのはサマンサが

20周年に合わせて昨秋投入の最上位ブランド

「ラプリュム・サマンサタバサ」10万円台の

バッグを手に取り「色が素敵でかわいい。

 

おしゃれして出かけるときに、持っていきたい」

と興味を示していた。

 

周囲には「プラダ」「セリーヌ」「サンローラン」

などの名高い海外ブランドが並びます。

 

三越伊勢丹によると「バッグのラグジュアリー化で

8~9割が海外製になり、日本製がほしかった」

と打ち明けました。

 

折からの円安で7万から10万の海外ブランド

のバッグが10~12万に高騰、

サマンサのラプリュムは隙間となった

価格帯を埋める役割も。

 

サマンサはリーマンショックの

一時期を除き、1994年の創業以来

平均して4,5年に一万円という緩やかな

ペースで製品価格の値上げを

おこなってきました。

 

「ほとんど消費者がきづかないように

少しずつあげるのがコツ」と

同社社長の寺田和正氏が述べています。

 

例えば2万円台が主力だったら、

それより高い3万円台の構成比を

5%から始め10%、15%と少しずつ

高めていきます。

 

必然的に2万円台の商品は

減りますが、300種類と品ぞろえが豊富で

新商品は毎週投入することもあります。

 

売り場の商品の変化は小幅のため、

価格が上昇したことに、さほど消費者は

違和感を覚えない。

 

「狙っている価格帯の売上高が

全体の25%を超えたら、その価格帯

が世間に認められたということ」

という確信が、寺田社長にはあるようです。

 

その段階で一気に3万円台の商品を

増やしていく。

 

勿論価格をあげるだけではなく

その時々で商品には付加価値を

付けてきました。

 

このあたりが、サマンサタバサの

上手なところでしょう。

 

タダの値上げにならないところが、

サマンサタバサではまず

10万円の「ラプリュム」を定着させ

 

次の高価格帯の商品の展開を

目指しています。

[ad#ad-1]

 COMMENT

関連記事

寺尾玄の経歴とトースターの通販と口コミ!会社売上高推移は?

キットカット岩泉ヨーグルトの販売期間やカロリーや台風義援金はいくら?

NO IMAGE

「ソーダストリーム」コーラを自宅で作る必殺法!好みの炭酸飲料が?

「メルカリ」or「ヤフオク」の利用の年齢層に差は?長所生かし使い分けを!!

かき氷奈良の有名店「おちゃのこ」濃い濃い大人の抹茶氷がおすすめ

ミニストップソフトクリーム「プレミアム和栗モンブラン」が新発売