もと女優田島美和さん、文春に勝訴1650万円の損害賠償命令!


週刊文春敗訴する。

文春側は即日控訴しました。

週刊文春の記事で「暴力団組長と交際していた」

 

と書かれて名誉を傷つけられたとして、

元女優の田島美和さん(51)が文芸春秋に1650万円の

損 害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。

 

スポンサーリンク

 

 

田島美和さんは議員ではないものの

現在も自民党東京都みらい創生支部

支部長として活動中。

ご自分のWEBで判決について

のべています。

 

 

出典 但馬美和WEBより

私、田島みわは、「週刊文春」2013年5月16日号、

5月23日号、6月20日号そして週刊文春WEB上に掲載されました、

悪意ある事実無根の中傷記事 に対して、

自身の身の潔白の証明と正義のため、

自由民主党参議院比例区公認候補を辞退し、

名誉毀損訴訟を提起して、約1年半、正々堂々と闘って参りまし た。
今般、東京地方裁判所より、私の身の潔白を証明する、

勝訴判決が得られましたことをご報告申し上げます。
判決では、週刊文春を発行する文藝春秋社に対して、

謝罪広告の掲載や損害賠償の支払い等が命じられました。

執拗に中傷記事が掲載されたときには、国

政進出の道を断たれ絶望感にさいなまれたこともあります。

しかし、私の政策提言のひとつ、
「何度でもチャレンジできる社会」
を自身で体現すべく、苦心惨憺して、ここまで歩んでまいりました。

今回の裁判所の適切なご判断は、私のみならず、

週刊誌による名誉棄損の被害を受けられている多数の方々に

も勇気を与えてくださるものと感じております。

これまで、私の身の潔白を信じて、

支えて頂いた支援者の方々にも深く感謝申し上げます。

さて、現在、政府は女性の輝く日本と銘打ち

大きな潜在力である「女性の力」に期待が向けられております。
今後は、勇往邁進の思いで全ての女性が輝く社会づくりを目指して、

政治活動に一層邁進いたす所存です。

田島みわ

 

 

倉地真寿美裁判長は「記事の重要部分は真実とは認められず、

名誉毀損(きそん)に当たる」とし て、440万円の支払いと

謝罪広告の掲載を命じた。掲載方法として、

 

スポンサーリンク

 

広告などを除いた雑誌の1ページ目に謝罪広告を載せ、

ホームページのトップページ上で も1年間の掲載を求めた。

田島さんは平成25年の参院選挙で自民党から

比例区の公認を受けて立候補予定だったが、

報道を受けて公認を辞退し立候補を取りやめた。

 

判決は、報道が政治活動の妨げになっていることなどを踏まえ

名誉回復のために雑誌の1ページ目に謝罪広告の掲載などを命じた。

判決を受け、文芸春秋は「不当判決で、即日控訴した」とコメント。

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

河合雪之丞(ゆきのじょう)歌舞伎は辞めた?改名理由と名前の由来は?

任 漢香はどんな人?須黒清華さんも愛川欽也さんの死を悲しむ。

田畑毅代議士が準強制性交等罪で告訴される経歴や被害女性の言い分は

男女関係で一線を越えるとは?どこが境目?不倫の場合は地獄を見る?

豚コレラは人に感染する?感染肉を食べても安全?全国的感染の可能性も

横田一(ジャーナリスト)排除(小池百合子)発言を引き出した記者の経歴は?