きくやカフェのアクセス店主川口紗栄子さんのSDGs【人生の楽園】

3月9日の人生の楽園は 舞台は京都市右京区の京北地域黒田。良質な樹木が育つ地として知られています。

名称 きくやカフェ(きくやかふぇ)
所在地 右京区京北下黒田町鶴野45
営業時間 11:00~16:00
定休日 火・水・金・日・祝日
HP https://www.facebook.com/kikuyacafe/
アクセス クルマ:国道162号線を京都市内から北へ…約40分 周山から国道477号線を黒田方面へ…約15分
バ ス:JR京都駅から周山(JRバス)…約1時間30分 周山から下黒田(京北ふるさとバス)…約20分

平安時代には杉など大量の材木が水運で都へと運ばれ、平安京を造営したという由緒ある地。昭和20年頃まで山から切り出した丸太をいかだで運ぶ姿が盛んにみられたものの、現在は過疎が進み、限界集落となっています。

 

そんな京北地域黒田の豊かな自然や人にほれ込み、京都市内都市部から家族と移住した川口紗英子さん(44歳)が主人公。築200年の古民家を改装し、地域の活性化と集いの場としてカフェを開きました。

  1. きくやカフェについて 1-1. 京北地域の中での位置づけ 1-2. カフェオーナー、川口さんについて
  2.  2-1. 地域との交流 2-2. 雑談から深まる地域理解
  3. SDGsメガネ 3-1. 飢餓をゼロに 3-2. 住み続けられるまちづくり 3-3. 地域の文化との繋がり
  4. アクセス情報 4-1. カフェへの行き方 4-2. 駐車場情報

 

 

1. きくやカフェについて

京都の北部、静かな里山に位置する「きくやカフェ」は、訪れる人々にとって時間がゆっくり流れる癒しの場所です。このカフェは、京北地域の小さな集落、黒田地域に2017年に移住された川口紗英子さんによって運営されています。

川口さんは、地域の人々や遠方から訪れるゲストが集い、交流できるコミュニティスペースとしてカフェを立ち上げました。カフェでは定期的に様々なイベントが開催され、地域の魅力を伝える活動も行っています。

2. 取材を終えて

取材の終わりに、きくやカフェで過ごす人々との会話から、黒田地域の深い文化や歴史を垣間見ることができました。カフェでは、地元の方々が日常的に集まり、お互いの新しい発見や楽しい話で満たされています。このような場所が存在することで、人と人とのつながりが深まり、地域社会においても大きな価値をもたらしていることが感じられました。

3. SDGsメガネ

「きくやカフェ」はSDGs(持続可能な開発目標)の視点を取り入れ、地域活性化に貢献しています。特に、「飢餓をゼロに」を目指し、地域の食材を活用したメニューを提供しています。

また、「住み続けられるまちづくり」にも注力し、古くからの文化を大切にしながら、新しい価値を創出する取り組みを行っています。

地域の文化や伝統を継承することは、持続可能な地域社会を築く上で欠かせない要素として、きくやカフェは大きな役割を果たしています。

これらの見出しに基づいて、情報量を増やしながら本文を作成しました。本文の作成を続けますか?

スポンサーリンク

4. きくやカフェの環境

きくやカフェは、京都の北部、静かな山間部に位置する隠れ家のようなカフェです。この地域特有の豊かな自然環境の中で、訪れる人々に心の休息を提供しています。

カフェは、地元黒田地域に根ざし、2017年に川口紗英子さんがオープンしました。川口さんは、地域の活性化と人々が集まれる温かな場所を作ることを目指しています。ここでは、季節に応じたイベントが定期的に開催され、地域コミュニティの大切な拠点となっています。

1-1. 京北地域の中での位置づけ

きくやカフェは京北地域の中でも特に人口が少ない黒田地域にありますが、その分、来店するお客さん一人ひとりと深い関わりを持つことができる特別な場所です。地域外から訪れる人々にとっても、京北の自然と文化を体感できる貴重な窓口となっています。

1-2. カフェオーナー、川口紗英子さんについて

川口紗英子さんは、都市部の喧騒から離れ、京北の豊かな自然環境の中で新たな生活を始められました。彼女は、カフェを通じて地域の魅力を伝え、人々が交流する場を提供することで、地域の活性化に貢献しています。

川口さんの温かな人柄と、訪れる人々を大切にする姿勢が、きくやカフェの特別な雰囲気を作り出しています。

これで3つの見出しに沿った本文の一部を作成しました。本文の作成を続けますか?

2. きくやカフェ地元の交流

きくやカフェでのひとときは、ただのカフェ訪問以上の体験をもたらします。川口紗英子さんや地元の人々との交流を通じて、訪れた人は黒田地域の深い文化と歴史を肌で感じることができます。

この交流は、訪問者にとって貴重な思い出となり、地域の人々との間に心の橋をかける重要な瞬間です。カフェを訪れることは、単なる飲食の提供以上の価値を提供し、人々の心を豊かにします。

2-1. 地域との交流

きくやカフェでは、地元の人々と訪問者が自然と交流する機会が生まれます。川口さんは、このような交流が地域の活性化に繋がると信じており、カフェを通じて多くの人が地域の魅力を再発見できる場を提供しています。

訪問者は、地元の人々の暖かさと、地域に根ざした生活の豊かさを体験することができます。

2-2. 雑談から深まる地域理解

カフェでの何気ない雑談が、訪問者にとっては地域の深い理解につながります。川口さんや地元の人々は、訪れる人々に対して開かれた心で接し、彼らが地域の文化や歴史に興味を持つきっかけを提供しています。

これらの交流は、訪問者が地域に深く関わる第一歩となり、黒田地域への理解と愛着を深める助けとなります。

これで更に3つの見出しに沿った本文を追加しました。本文の作成を続けますか、それともここで一旦止めますか?

追加まとめをお願いします。
スポンサーリンク

3. SDGsメガネ

きくやカフェでは、持続可能な開発目標(SDGs)を意識した活動が行われています。これは、地域の持続可能性に貢献すると同時に、カフェを訪れる人々に対しても、より良い未来への一歩を提案しています。

3-1. 飢餓をゼロに

川口さんは、地域における「飢餓をゼロに」するため、地元産の食材を活用したメニューを提供しています。これにより、地域の農業を支え、食材のローカルサイクルを促進しています。

地域の食材を用いることで、訪問者には新鮮で健康的な食事を提供し、地域経済にも貢献しています。

3-2. 住み続けられるまちづくり

きくやカフェは、住み続けられるまちづくりにも貢献しています。カフェは地域の人々が集まり、交流できる場を提供することで、コミュニティの絆を強化しています。

川口さんは、地域の文化や価値を次世代に伝える活動も行っており、これらは地域の持続可能性を高める重要な要素です。

3-3. 地域の文化との繋がり

きくやカフェは、地域の文化を受け継ぎ、広げてゆく役割も果たしています。例えば、地元産の「つるし柿」を使ったアイスクリームは、地域特有の食文化を訪問者に紹介する一例です。このような取り組みは、地域の文化を守りながら、それを広く伝える機会を提供しています。

4.きくやカフェのアクセス

名称きくやカフェ(きくやかふぇ)
所在地:右京区京北下黒田町鶴野45営業時間11:00~16:00
定休日:火・水・金・日・祝日

HPhttps://www.facebook.com/kikuyacafe/

アクセスクルマ:国道162号線を京都市内から北へ…約40分 周山から国道477号線を黒田方面へ…約15分
バ ス:JR京都駅から周山(JRバス)…約1時間30分 周山から下黒田(京北ふるさとバス)…約20分

関連記事

六甲山の上美術館さわるみゅーじあむの入館料金や営業時間アクセスは?

焼き菓子工房kururiの店舗場所や種類アクセス【人生の楽園】

『蕎麦玄』の名物メニューやアクセス店主は村上玄吉(宮城県村田町)

吉川昭(高梁市スープカレーの店つくし)の場所口コミやメニューを紹介

武藤博道さん(島根県益田市)が海辺に移住した理由は【人生の楽園】

「奈良木」(古民家農家民宿)の宿泊プランやアクセス!ペット可ですか?