かまない犬のしつけ、あなたにもできる対策5つの方法


どんな犬でも噛む可能性があります。米国疾病管理センターによると、犬は毎年、約450万人を噛んでいるそうです。この数字は恐ろしいものに思えるかもしれませんが、あなたの愛犬がこの犬の噛みつきの統計に貢献しないようにするためにできることがいくつかあります。

犬が人を噛むのは、多くの場合、恐怖や保護のため、または体調が悪くて放っておいてほしいときです。

犬の噛みつきを防ぐためのトレーニングには、適切な社会化、構造の提供、そして愛犬の自信を高めることが含まれています。

スポンサーリンク

犬の社会化

子犬を家に連れてきたばかりの人は、できるだけ多くの新しい場所、人、状況に触れさせることが一番です。積極的に行動しましょう。よく社会化された子犬は、新しい状況でも恐怖を感じることが少なくなります。子犬でなくなっても、大人になってから社会化を行うことは可能です。

避妊・去勢手術の必要性

避妊・去勢手術をしたからといって、絶対に噛まないという保証はありませんが、避妊・去勢手術をした犬は攻撃性が低くなる傾向があることを示す証拠がいくつかあります。避妊・去勢手術をする理由はたくさんありますが、その中でも噛みつきを防げる可能性があるというのは一番の理由です。
思い込みをしない

犬は状況次第では噛みつく可能性も

自分の犬は噛まないと思い込んでいるために、犬に噛まれてしまうケースが非常に多いのです。特定の犬種やサイズだから、あるいは過去に攻撃性を示したことがないからといって、犬が噛むことはないと決めつけないでください。

服従訓練の効果

従順な犬はコントロールしやすいものです。服従訓練に取り組むことで、基本的な命令を使って、犬が不快な状況でもあなたに集中できるようになります。

犬の行動をコントロールできれば、噛みつく可能性も低くなります。また、トレーニングは犬に構造を与え、犬の自信を高めます。
正の強化を行う

正強化のドッグトレーニングは、不適切な行動を罰するのではなく、良い行動に報いるトレーニング方法です2。正強化には、おやつ、特別な遊びの時間、言葉による励まし、撫でてあげること、その他犬が喜ぶことが含まれます。

対照的に、罰は、犬が不快に感じるものであれば何でも構いません。一般的な罰としては、叩いたり、鎖で固定したり、アルファローリングと呼ばれる犬を物理的に転がしたりすることが挙げられます。

2009年にJournal of Applied Animal Behavior誌で発表された研究によると、罰を使って訓練された犬は、他の犬に比べて攻撃的な反応をする可能性が25%高いことがわかっています。ポジティブな犬のしつけ方をすることで、犬が噛む可能性を減らすことができます。

ボディランゲージに注目

犬はボディランゲージでコミュニケーションをとります。愛犬のボディランゲージが何を語っているのか注意することが必要です。

自分のテリトリーを侵されることを恐れていたり、不満を持っていたりする犬は、噛む可能性があります。歯をむき出しにしたり、角を上げたり、頭を下げたり、耳を頭にくっつけたりする行動は、犬が不快感を感じており、噛みつく可能性があることを示しています。

このようなボディランゲージを見せる犬に気づいたら、少し距離を置き、他の人にもそうするように勧めてください。安全だと思ったら、すぐに犬をその場から追い出しましょう。

スポンサーリンク

犬のうなり声を止めてはいけない

犬がうなるのは、相手や状況を不快に思っていることを知らせるためです。これは、噛みつくかもしれないという警告信号です。

私たちはしばしば、犬に「うなるのは不適切だ」と教えようとします。犬はこの教訓をよく学び、どんな状況でもうなることをやめてしまうかもしれません。

そのため、犬が何の前触れもなく噛みついたという話をよく耳にします。唸らないようにすることで、犬が不快感を伝えることができなくなってしまうのです。

もっと良い方法は、犬がうなる原因となっている状況に注意を払うことです。フードボウルに近づいてきた人、子供が走ってきたとき、人に追いかけられたときなどにうなっているのでしょうか?愛犬がうなる理由がわかったら、その状況でより快適に過ごせるように、犬のトレーニングプログラムを始めることができます。

この方法では、噛むかもしれないと警告する犬の能力を奪うのではなく、潜在的な攻撃性の原因となる問題を修正します。あなたの犬は与えられた状況でより快適になるとうなる必要性を感じることはないと言えます。

まとめ

新しい、より適切な行動を証明するためには、犬を新しい環境に連れて行き、新しい人や動物に紹介する必要があります。様々な環境で行動を維持できれば、犬はトレーニングを内面化したことになります。

飼い主は犬が唸ったり噛みついたりする可能性が高いタイミングがわかっている場合は、
犬が攻撃に頼らずにその状況に対処できるかどうかを確認しておきましょう。

愛犬を驚かせたり、怖がらせたりするのはよくありませんが、
少しずつ課題を与えて、愛犬がそれに対応できることを確認するのは有効です。

例えば、食べ物に対して攻撃的な犬が、食事のときにうなったり噛んだりしないようになった場合、別の人に食べ物を持ってきてもらい、新しい人が部屋にいても新しい行動が守られることを確認します。

正の強化を用いてコマンドを教え、愛犬の信頼を得るために努力したとしても、愛犬が唸ったり噛んだりしないようになるのは難しいかもしれません。そのような場合は、さらに別の方法をとる必要があります。

攻撃性は、自力で克服するのが難しい問題です。あなたの犬が攻撃的になる可能性があると思われる場合、またはそれが既に誰かを噛んでいた場合、それは飼い主がプロのドッグトレーナーに電話する時です。

プロのドッグトレーナーは、あなたとあなたの犬の両方の安全を確保するためにあなたの犬の攻撃性を管理するための計画を考え出すのに力となります。

関連記事

関連記事がありません。