ミミズクは夜行性で帰巣本能は無い!寿命は何年天敵はカラス


阿佐ヶ谷で目撃のミミズクはすでに子供ながら、巣立ってしまった。
ミミちゃん。すでにネズミなどを捕食しているところを目撃されている。

スポンサーリンク

 

今回逃げ出したのは、ベンガルワシミミズクという種類らしい。

生息場所はインドからヒマラヤ山脈などに暮らしています。
1人もしくは、夫婦で行動します。昼間はねぐらで休み、夜になると音をたよりにエサとなるネズミや鳥、昆虫などを探して食べます。

繁殖期には数個の卵を産み、ひなが生まれると、お父さんがエサを運び、お母さんがひなの世話をして協力して子育てをこないます。ヒナは約1〜2ヶ月で少しずつ飛べるようになり、その後、2〜3ヶ月間お父さんとお母さんから飛んだりエサをとる方法を学び独り立ちします。

帰巣本能は無いので、今回にげだしたミミちゃんは見つけても、逃げてしまうので捕まえるのは非常に困難です。

寿命は15年から20年

天敵はカラス 集団で襲ってくることが多い。

飼い主が現れたようだが、ミミズクのミミちゃんに呼びかけたが、全く反応がない。
公共機関が保護するしか方法が無いようです。

スポンサーリンク

関連記事

原油安を考える「NHKクローズアップ現代」金融市場にリスクも

拳四朗世界戦の動画やテレビ試合放送時間は?年齢や彼女が気になる

大串正樹(経済産業政務官)の学歴や選挙区や経歴は?松下政経塾出身

「ぺるりん」下田市のゆるキャラ!私の何がいけない?福井祐輔市長が不快感の理由

よなよなエール 先輩風壱号の設置飲食店の場所や吹かせ方は

大村元教授「ノーベル医学生理学賞」受賞の陰におばあちゃんの教えが