あぱん工房の営業日と店舗場所や価格ベーキングスケジュールは?


3月2日(土)人生の楽園 テレビ朝日系 18:00~18:30 放送

週1回酵母にこだわったハード系パンの製造販売を行っている、『あぱん工房』を紹介されます。

早速『あぱん工房』の紹介をします。

スポンサーリンク

 

あぱん工房

住所:〒299-2507 千葉県南房総市大井2365
営業日:毎週日曜
連絡先:0470-46-8566
営業時間:10:30~16:00
駐車場:2台

※パンを購入するには事前予約が必要です。

あぱん工房パンのベーキングスケジュール

2019年2月のベーキングスケジュール

3日販売
小麦胚芽食パン 亜麻仁とごまのパン
白ごまあんロール クルミレーズンパン
10日販売
玄米パン クルミイチジクパン
チーズパン(2個入り) ゆずピールパン
17日販売
カンパーニュ アップルロールパン
かぼちゃレーズンパン ライ麦パン
24日販売
雑穀入り食パン 胡椒とヒマワリの種のパン
シナモンレーズンベーグル(2個入り) 抹茶黒豆パン

2019年3月のベーキングスケジュール

3日販売
食パン 新アールグレーパン
クランベリーパン 玄米パン
10日販売
小麦胚芽パン クルミイチジクパン
抹茶黒豆パン オリーブ入りフォカッチャ(2枚入り)
17日販売
全粒粉入り食パン デーツパン
黒糖ベーグル(2個入り)ベーコンパン(2本入り)
24日販売
カンパーニュ 亜麻仁とごまのパン
オレンジピールパン 白ごまあんロールパン
31日販売
雑穀入り食パン クルミレーズンパン
胡椒とヒマワリの種のパン グリーンレーズンパン

スポンサーリンク

2019年4月のベーキングスケジュール

7日販売
食パン アップルロールパン
チーズパン(2個入り) ゆずピールパン

14日販売
小麦胚芽パン クランベリーパン
玄米パン かぼちゃレーズンパン

21日販売
全粒粉入り食パン クルミイチジクパン
抹茶黒豆パン オレンジピールパン
28日販売
カンパーニュ 亜麻仁とごまのパン
アールグレイパン グリーンレーズンパン

どんな小麦粉を使用
(強力粉、薄力粉、全粒粉、小麦胚芽)はすべて国産のものを使っています。国産にこだわった。

酵母は
甘酒酵母を中心に、酒粕酵母、ヨーグルト酵母、そして秋からは自家栽培
のぶどう(デラウェア)酵母を使っています。どれも、安定した良い酵母。

パン生地は
砂糖の代わりに、甘酒を使い、基本的に油脂は不使用、バターやマーガリンやオイルは使用しない。
ただし、フォカッチャ生地だけはオリーブ油を塗布しています。

パンの中に入っているイモ類、トマトなどは、できるだけ無農薬の、自家栽培の
ものや地元産をにこだわり、あぱんではドライフルーツもできるだけオーガニックのものを使いたいと考えています。

スポンサーリンク

パンの予約方法

あぱんのパンは、毎週日曜日に予約販売しいています。

お買い求めの際は、下記のあぱん連絡先に、メール(質問等ある方は電話でも可)で
前日の午前中までにあらかじめご予約の上、来店が必要。その際名前、の記入が必要です。

営業時間は、毎週日曜日の10時半から16時です。(事情があって遅くなる場合はご連絡が必要)
予約が多い場合は買えない場合もあります。

あぱんのパンは1袋どれも400円になります。

【あぱん連絡先】

あぱん工房連絡先(芳賀)
 住所 :千葉県南房総市大井2365
 TEL  :0470-46-8566

オーナー芳賀敦子さんの紹介

 

千葉県南房総市が舞台。2016年に日曜日だけ営業するパン店『あぱん工房』を始めた芳賀敦子さん(58歳)。
東京の両国で3人姉妹の末っ子として生まれた敦子さん。看護学校を卒業した後、都内の病院に勤務。結婚したのは22歳のとき。

8歳年上の裕さんと。当時芳賀敦子さんは仕事を続けながら子育てをしていました。

30代になると自然に囲まれた暮らしがしたいと房総半島に土地を見つけ東京から移住。行動力のある夫婦です。

子供さんは4人、子育て家事に仕事と頑張っていた当時。
敦子さんに転機が訪れたのが50歳を越えた頃。看護師だから当たり前だと思っていた不規則な生活に疑問を感じ始め「もっと自然を感じながらゆったりと暮らしたい」と53歳で看護師を早期退職。

その後は畑で野菜を育てたり仲間と味噌を作ったり、ハイキングを楽しむなど、看護婦とは正反対ののんびりした生活。

敦子さんの一番の趣味は20代から始めたパン作り。毎日の様にパンを焼き、時には友人たちにも分けていました。パンの腕前が半端なかった。

友人から「こんなに美味しいパンを作れるなら売ったら」との声が上がりパン店を始めることを決意。自宅横に工房を造り、2016年9月、56歳で週に1日だけ営業するパン店『あぱん工房』をオープンしました。営業日は毎週日曜日です。

パンの販売は予約制です。ぶどう、甘酒、酒粕の自家製天然酵母を使い作っています。甘酒の天然酵母で作る『全粒粉入り食パン』はモチモチの食感。特徴のあるパンを作っています。

ぶどうの天然酵母で作る『オレンジピールパン』『アップルロールパン』『ベーコンパン』などは「噛めば噛むほど味わいがある」と人気です。注文の多い日は30個程作っています。

『あぱん工房』を始めて3年、営業日以外は竹細工教室に通いパンを入れる籠を作り、また友人たちとハイキングに出掛けるなど、目一杯南房総の生活を楽しんでいます。

スポンサーリンク

関連記事

伊那市グリーンゲーブルスの雑貨アイテムや営業時間は?トールペイントも

チャーリーズジャム(むつ市)のアクセスやメニュー価格や通販を紹介

徳平庵は京都市右京区京北の農家民泊!茅葺屋根や周辺見どころも

農家民宿「みつやまの里」の宿泊料金や場所オーナー髙橋秀彰の経歴は

吉井武(笠岡市)は空き家バンクを利用!申込み方法や条件は【人生の楽園】

レストラン○megane(まるめがね)荒尾市中川の場所や営業時間