うえにし小百合衆院議員が男性秘書と極秘旅行?維新ダメージと今現在は

男性秘書と極秘旅行

 

衆院本会議を「病欠」した直後に旅行をしていたと複数マスコミで報道された。

当事者は維新の党の上西小百合衆院議員(31)。

2015年4月1日にはFNN(フジニュースネットワーク)による直撃取材の模様がテレビで流れた。

 

フジテレビとくダネより
https://youtu.be/2SEP2GGbdWE

 

 

  • Facebookでも「旅行に出かけたというような事実はない」と否定(画像はオフィシャルサイトのスクリーンショット)
Facebookでも「旅行に出かけたというような事実はない」と否定(画像はオフィシャルサイトより転載)
うえにし小百合1
アメブロオフィシャルブログより転載
素直謙虚にありがとう
を伝えてください、
うえにし議員
テレビ画像からはまったくつたわってきませんよー
秘書の言葉として、
いまどき怖い筋の人でも、こんな言葉いわない。
はっきりいって、大阪の恥

「わしの車に当たってるんじゃコラァ!ええかげんにせぇよ」

 

報道によると、上西議員は3月13日に「急性ウイルス性腸炎」の診断書を提出。

 

予算案の採決が行われた同日の衆院本会議を欠席したにもか かわらず、

翌14日から2日間、知人男性と旅行に出かけていたという。お相手について、

4月2日発売(首都圏など)の「週刊文春」では49歳の公設男性秘 書と伝えている。

 

この件についてFNN取材班は3月23日、大阪・心斎橋周辺で上西議員本人を直撃。

4月1日以降、フジテレビ系の番組でその模様が放送された。

 

手持ちカメラを回しながら「旅行疑惑」についての質問を重ねる記者陣に対し、

上西議員は明確な説明を避け続けた。一方で記者たちの「取材方法」に問題があるとして、

「あなた方はね!だからこれね、あたし取材ね、事務所通じてしか受けませんから。

取材拒否ですから映さないでください。取材拒否です」
「ちょっといい加減にしてくださいよ。事務所を通じてください。きっちりした形でやったらどうですか?」

などと強い口調で言い返していた。

上西議員はこの時、中年の男性秘書と一緒だった。

途中、秘書はカメラを持った記者に近づくと、

ドスのきいた声で「ええかげんにせぇや、お前」とすごんだ。

 

舌打ちをしてレンズを手で覆う場面もあり、苛立っているようす。

 

上西議員は立ち止まることなく、歩き続けた。

車に乗り込んでからも取材陣が質問を続けると、秘書はさらに声を荒げ、

「おい、人の車当てたらどうするんや、オラァ!」
「お前、わしの車に当たってるんじゃコラァ!ええかげんにせぇよ」

と車で去って行った。橋本徹維新の党最高顧問は上記の一件が事実であれば議員辞職が相当とコメント一刀のもと同議員をきりすてた。

上西議員は昨年総選挙で選挙区で落選維新の会比例復活で当選

国会では
文部科学委員会に所属

やましいことがなければ、正々堂々うえにし小百合議員は弁明するべき、逃げ回っても、解決しません。

政界引退後の転身

タレントとしての活動と公の場での発言

上西小百合元衆議院議員は、政界を引退した後、新たなキャリアとしてタレント活動に専念しています。彼女は、政治家としての経験を生かし、多くのテレビ番組や公のイベントで積極的に発言しています。

特に、政治に関する深い知識と経験を活かしたコメントは、多くの視聴者から注目を集めています。また、自身のSNSを通じて、政治や社会問題についての意見を発信し続けており、その言葉には以前の炎上を恐れず、率直かつ誠実な姿勢が反映されています。

タレントとしての彼女の活動は、政界での経験を踏まえた独自の視点から、社会に対する新たな提言や意見を提供しており、多くの人々に影響を与えています。

不倫旅行疑惑とその影響

2-1. 橋下徹からの「議員をやめてくれないか」という言われた過去

上西小百合元議員が政界にいた頃、彼女を取り巻く環境は決して平穏ではありませんでした。

特に、2015年に報じられた不倫旅行の疑惑は大きな波紋を呼びました。この疑惑が報じられた際、当時維新の党の最高顧問であった橋下徹氏からは、「議員をやめてくれないか、事実かどうかはどうでもいい」という衝撃的な言葉が投げかけられました。

この言葉は、政治家としてのキャリアにおいて、非常に大きな影響を与えるものであり、上西元議員にとって深い傷となりました。しかし、彼女はこの困難を乗り越え、政界を離れた後も新たな道を切り開いていく強さを見せています。

 疑惑報道を受けた心境と対応

不倫旅行の疑惑報道を受けた際、上西小百合元議員は多大なるストレスと戦わなければなりませんでした。公人としてのプライバシーが侵害され、誤解を招くような報道によって名誉が傷つけられることは、誰にとっても耐え難い試練です。

上西元議員は、このような状況下でも、自身の立場を守り、真実を伝えるために奮闘しました。彼女はメディアへの対応においても、冷静かつ毅然とした態度を保ち続け、自らの信念を曲げることなく、事実を明らかにしようと努めました。

この一連の対応は、彼女が直面した困難に立ち向かう勇気と、真実を追求する姿勢を示しています。

上西小百合元議員のこれらの経験は、彼女が政界を引退した後も、多くの人々に強い印象を与え続けています。タレントとして、また一個人としての彼女の言動は、過去の経験を糧にして今日もなお、多くの人々に影響を与え、新たな議論を呼び起こしています。

炎上キャラからの脱却

SNSでの発信停止とその理由

上西小百合元議員は、かつてSNSを通じて積極的に政治的な発信を行っていましたが、その内容が炎上することもしばしばありました。

彼女は、このような炎上を避けるため、ある時点からSNSでの発信を意図的に停止する決断をしました。

この背景には、炎上による精神的な負担が大きかったこと、そして、自分自身を見つめ直し、本来の自分を取り戻すための時間が必要だと感じたからです。

上西元議員は、政治家としての自分だけでなく、一人の人間としての自分を再確認し、内省の時間を持つことで、より穏やかで本質的な自己表現を目指しています。

3-2. 本来の自分を取り戻す試み

上西小百合元議員は、公人としての活動を通じて、多くの批判や炎上に直面しましたが、これらの経験から距離を置くことで、自身の内面と向き合う機会を持ちました。

彼女は、炎上キャラとしての自分から一歩離れ、もともと持っていた穏やかな性格や、人々との対話を大切にする姿勢を取り戻そうとしています。

この過程で、上西元議員は、自分自身の価値観や信念を再確認し、それを社会に対してより建設的な方法で表現する方法を模索しています。彼女のこのような努力は、過去の炎上を乗り越え、新たな自己理解と成長へとつながっています。

国会議員としての挑戦と困難

 男性中心社会での女性議員としての経験

上西小百合元議員は、国会議員としてのキャリアを通じて、男性中心の政治界で数多くの挑戦に直面しました。女性議員として少数派である中で、彼女は自らの信念を貫き、政策提案や議論に積極的に参加しました。

しかし、この過程で、性別に基づく偏見や固定観念に直面することも少なくありませんでした。上西元議員は、このような環境の中でも、女性の視点を政治に反映させるために、声を大にして発言し続けました。

彼女の経験は、女性が政治で活躍するための道のりにはまだ多くの課題があることを示しています。

セクハラ問題と精神的ストレス

政治家としての活動中、上西小百合元議員は、セクハラを含む様々な形の精神的ストレスに直面しました。特に、公の場でのセクハラ発言や、性別に基づく不適切な扱いは、彼女にとって大きな負担となりました。

これらの経験は、政治の世界における女性の地位向上や、性別に基づく差別の撤廃に向けた取り組みがいかに重要であるかを浮き彫りにしています。上西元議員は、これらの困難に立ち向かいながらも、女性議員としての役割を果たし、後進の女性たちにとっての道しるべとなるよう努めました。

 

 COMMENT

関連記事

橋本小雪(日本エレキテル連合)のwikiは? かわいいと噂の画像や今現在は?

鈴木ベーカリー板橋工場の場所や営業時間は?パンは1個40円と良心的!

鉄緑会の指定校や学費は?東京大学理科三類の6割が入塾した!

「泊まれる本屋」本棚の中にベッドが。施設や宿泊料金注意点は

londboy りおの本名は「村田賢太」年齢は24歳コンサート予定は?

NO IMAGE

前立腺の病気の特徴は?がんは「PSA」検査で早期発見を!!