コーヒーの効用の研究結果を発表、飲みすぎの人はどうなる?


コーヒー&緑茶の効用

コーヒーや緑茶をよく飲む人は、

心臓病や脳卒中で死亡する危険性が低いとの研究結果を、

国立がん研究センターや東京大の研究チームがまとめました。

研究チームは全国の40~60代の男女約9万人を対象に、

1990年から2011年まで追跡調査しました。

スポンサーリンク

県境の対象者は約9万人、調査期間は約二年

対象人数は約9万人とかなり大規模な調査です。

 

 

 

研究チームによると、コーヒーを1日3~4杯飲む人は、

ほとんど飲まない人に比べ、

心臓病などでの死亡リスクが24%低く、

 

脳卒中での死亡は43%、心臓病は36%の低下が見られました。

また、緑茶を1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べ、

死亡リスクが男性で13%、女性で17%低くなりました。

 

男性の脳卒中での死亡は24%低下しています。

研究チームの井上真奈美東京大特任教授は

「緑茶やコーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールなどの成分が、

効果を発揮した可能性がある」と話しています。

 

コーヒーの飲みすぎはどうでしょう?

今回の調査では3~4杯が体にいいということで

調査結果が出ました。

 

しかし中には一日10杯とかの人もいます。

その場合効果はどうなるのかは

調査を行っていないようです。

そんなにたくさん飲む人は

あまりいないから、という理由だと

おもいますが。

 

その場合、飲みすぎで逆に胃によくない

という見立てになるのかもしれません。

コーヒーもこういういい調査結果が出たので、

 

一日3~4杯に止めた方が無難でしょうね。

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

合格祈願のめでたいお菓子2017年版発売日や受験前の食事も紹介!

澤浦彰治(こんにゃく農家)の挑戦こんにゃく工場や農業法人も作った

熊江琉唯(くまえるい)さんの魅力・趣味はグラビア界のホープの素質

小室圭のプロフィールや年収!勤務先は奥野総合法律事務所!評判は?

叫びのツボ知ってますか?ストレス発散にはカラオケを歌う?

クリスマスイブの意味日本と教会暦では大違い正しい意味を知ろう