企業が求める資格ランキング今後人気の社内需要が高いBest5

しかく2

企業が求める資格ランキングとは

社内需要が高い資格Best5

 

日本国民の10人に一人が

毎年何らかの資格に挑戦している

そうです。

また独立性資格の代表

の司法試験や公認会計士などは

バブル全盛期には資格取得すれば

一生安泰という時代もありました。

資格さえ取得すれば

何とかなるという甘い期待を

持っている人は多いでしょう。

 

しかし司法試験や公認会計士試験でも

受給のバランスが崩れ

独立したものの他の仕事

でアルバイトで食いつなぐ

という笑えない現実もあります。

 

資格は「取得」が目的ではない。

資格を取って自分の人生に

仕事にいかに活用するか

というのが本来資格取得の

目的であるべきです。

 

社内活用度の高い資格とは

1  簿記検定(2級)

2  宅地建物取引士(宅建士)

3  ビジネス実務法務検定

4  販売士(2級)

5  知的財産管理技能検定

まず入門として企業需要

の高い上記資格を取る。

最近企業ニーズが高まっているのが

「知的財産管理技能検定」

クールジャパン戦略で

拡大するコンテンツ産業には

必須の資格です。

また上記資格取得後は

従来の人気資格

「社会保険労務士」

「ファイナンシャルプランナー」

「中小企業診断士」

の資格にチャレンジするのも

いいと思います。

 

海外勤務で役に立つ資格

1  TOEICテスト

2  中国語検定

3  米国公認会計士

4  国際会計検定

5  国際秘書検定

グローバル企業で働くにあたって

英語や中国語は必要な

場合があります。

 

また会計資格を目指す人も

増えています。

「国際秘書検定」の人気

も高まっています。

スポンサーリンク

IT対応資格

1  ITパスポート

2  MOS

3  基本情報技術者

4  応用情報技術者

5  ITストラジデスト

ITパスポート

MOSを取得していれば

ITに詳しい人材と証明できます。

 

より上位の資格として

情報システムの開発を行う

「基本情報技術者」

IT技術を活用した

経営戦略を立案する

「応用情報技術者」

「ITストラジデスト」

の資格があります。

 

需要拡大で伸びる資格

1  ケアマネージャー

2  介護福祉士

3  通訳案内士

4  旅行業務取扱案内士

5  福祉住環境コーディネーター

介護プランの作成業務を担う

「ケアマネージャー」

介護分野の最高資格

「介護福祉士」

外国人観光客の増加で

ますます必要性がます

「旅行業務取扱案内士」は特に

オススメですね。

 

まとめ

これから伸びる資格は

しっかりチェックしたいですね。

キーワードはグローバル化

高齢化、IT化です。

それから独立系資格ではなく

組織に属しながら資格を

有効活用する。

管理人個人的いけんですが、

そういうスタンスも

いいと考えています。

 

企業のグローバル化で外国語

高齢化で介護関係資格

最後にIT業界

技術が日進月歩です。

柔軟な思考が必要です。

 

細かい内容については

上記を参照ください。

 

 COMMENT

関連記事

桑原和男のプロフィール!ギャグや家族や動画を紹介します

「だし道楽」自販機は大阪で4台成田山近くにも存在レシピや通販もあります。

londboy りおの本名は「村田賢太」年齢は24歳コンサート予定は?

Webライターの仕事の見つけ方は?ランサーズとクラウドワークスを紹介!

NO IMAGE

『HAL探偵社』SNS探偵の調査術や料金!電話相談で打ち合せを!

日本一学生の多い街、なんと10人に一人が大学生の京都市!