マイナンバー制度の導入目的と経済効果は?行政の都合押し付けはゴメンです。

マイナンバー制度の導入目的

国民みんなが一番知りたいことは

なんといっても、マイナンバー制度の

導入目的ではないでしょうか。

 

この制度が行政の都合だけで導入されることの

ないように、注意深く見ておかないといけないと

おもいます。

 

 

マイナンバー制度導入の目的は大きく言って

次の3点だと思われます。

 

①行政の効率化

番号を上手に利用し効率的な行政事務の処理と

確実かつ迅速な情報の授受を行い、行政の

作業コストを大幅にカットするため

 

②国民の利便性の向上

行政手続きの間便化を通じて国民の負担軽減を

図るとともに、行政機関が把握している国民の情報を、

国民が自分で確認することが可能です。

 

さらに個人番号その他の特定個人情報を適性かつ安全に

取り扱うことも大きな目的です。

 

③公平・公正な社会の実現

行政サービスの公正な適用促進することを通じ

公正な給付と負担の確保を図ります。

 

マイナンバー制度導入の経済効果

行政機関にもたらされるメリットとしては、住民票や

課税証明書の発行が減少することにより、人件費の

削減が可能になります

所得の過少申告などの不正も各段に防ぎやすくなるでしょう。

徴税漏れの削減がきたいされています。

 

これらの行政手続きの効率化によるコスト削減や

税収増は数千億規模の経済効果をもたらす

といわれています。

 

まとめ

マイナンバーの目的は行政の効率化

国民の利便性の向上をもって

公正・公平な社会の実現を図る

ための制度と考えられます。

 

くれぐれも行政の都合だけを最優先した

国民の利便をないがしろにしない

制度作っていってもらいたいと

考えています。

スポンサーリンク

 

 

 

 COMMENT

関連記事

賞味期限、消費期限の違い食中毒との因果関係の立証は?

神社・寺院の参拝のルール御朱印はお参りを済ませてから。

NO IMAGE

レジオネラ菌は温泉施設に普通に存在通常消毒だけでは予防不能?

父の日にはは豆腐とビールで感謝の気持ちをあらわす。

NO IMAGE

クリスマスプレゼントを小学生の男の子にスターウォーズグッズは人気

マンション理事の仕事理事会の仕事とは?管理会社任せにしない事