谷田育生(宝輪社長)の経歴や年齢や学歴は?蕪竹理江の父で楽しむ経営


 

じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~

2019年7月25日(木)  24時12分~25時00分 テレビ東京系列

谷田育生さんが出演します。

谷田育生さん株式会社宝輪の元社長

仕事は週1日、しかも午前中だけ
悩める経営者たちよ
仕事より人生を楽しむ 「不真面目な社長」であれ

2017年の調査によりますと、日本の中小企業は国内企業382万社のうち、全体の99.7%を占めています。
その経営者であるオーナー社長は、ほとんどの人が「誠実で真面目」であると谷田育生さんは語ります。常に会社のことを考え、会社にすべてを捧げる「経営者の鏡」
しかしそのような社長がいても、必ずしも経営がうまくいくとは限りません。

スポンサーリンク

 

谷田育生さんは宝輪社長時代、出社は週に1回だけ、趣味や付き合いに時間と経費を費やし、年間300日遊びながらも、会社を成長させ、なんと資産70億円を築きました。
「社長が遊ぶほど会社が儲かる」

本書ではその具体的な理由、仕組みを解説しています。
また、どのように遊ぶのか、何をすべきなのかというメソッドも公開し、経営者を、そして人生を楽しむためのヒントをまとめた1冊となっています。

 

宝輪の略歴

社名 :株式会社 宝輪
創立: 昭和43年10月
資本金 :2,000万円
代表者: 代表取締役社長 蕪竹理江 (Rie Kabutake)
業種:・貨物自動車運送事業[ISO14001認証取得事業所(本社)]
・商品事業
・不動産賃貸事業

現在株式会社宝輪は娘の蕪竹理江氏が事業承継しています。

谷田育生さんの娘の蕪竹理江氏は事業承継についての本を書いています。

 

谷田育生元社長の経歴

1954年、三重県生まれ。

1972年、株式会社宝輪に入社。現場で5年間、ホンダ製バイクの運送業務をとりまとめ、1982年、28歳で代表取締役社長に就任。

以降、運送業務でのノウハウをいかし、事業を拡大する一方、運送市場の広がりに限界を感じ、不動産投資や自動車販売リースなど幅広く事業を展開。

それらのビジネスチャンスはすべて本業以外の遊びの時間に獲得している。

「経営者は遊びの中でセンスを磨く」、「経営者は50代で引退」といった独自の経営哲学を持つ。そのため、55歳で事業承継を完了し、現場の第一線を退いた現在は、趣味の釣りやゴルフ、海外旅行などを楽しんでいる毎日。

スポンサーリンク

新規事業について、中小企業の経営者は特に「なんとなく」で考えている人が多いように思います。

「なんとなく、将来必要にはなりそうだ」

「なんとなく、探しておいた方がいいかもしれない」

「いい話があれば、なんとなく考えてみよう」

このような漠然とした意識では、いつまで経っても新規事業は始められません。余裕がある時こそ、必要に迫られていない時こそ、新規事業を本気で始める最良のタイミングです。そこに十分な投資ができる資金もあるでしょう。

逆に、新規事業を探す際にやってはいけないのは、「必要に迫られて」探すことです。「本業が落ち目になってきたから、他で挽回しなければ」という状況に追い込まれると、新規事業の将来性をじっくりと見定める余裕もなく、かつそこに充てる満足な資金もありません。

中途半端な状態にもかかわらず、すがる思いで見切り発車をして、失敗してしまうという例は、枚挙にいとまがありません。

中小企業が置かれている状況は依然、厳しいですが、そんな中でも着実に成功を収めている企業はもちろんあります。そうして堅実に成功している経営者が陥りがちな罠として「うちの業態は安定しているから大丈夫」という慢心があります。

スポンサーリンク

谷田育生元社長の新規事業の考え方

新規事業について、中小企業の経営者は特に「なんとなく」で考えている人が多いように思います。

「なんとなく、将来必要にはなりそうだ」

「なんとなく、探しておいた方がいいかもしれない」

「いい話があれば、なんとなく考えてみよう」

このような漠然とした意識では、いつまで経っても新規事業は始められません。余裕がある時こそ、必要に迫られていない時こそ、新規事業を本気で始める最良のタイミングです。そこに十分な投資ができる資金もあるでしょう。

逆に、新規事業を探す際にやってはいけないのは、「必要に迫られて」探すことです。「本業が落ち目になってきたから、他で挽回しなければ」という状況に追い込まれると、新規事業の将来性をじっくりと見定める余裕もなく、かつそこに充てる満足な資金もありません。

中途半端な状態にもかかわらず、すがる思いで見切り発車をして、失敗してしまうという例は、枚挙にいとまがありません。

中小企業が置かれている状況は依然、厳しいですが、そんな中でも着実に成功を収めている企業はもちろんあります。そうして堅実に成功している経営者が陥りがちな罠として「うちの業態は安定しているから大丈夫」という慢心があります。

関連記事

NO IMAGE

燕三条の「工場の祭典」タダフサのパンきり包丁は研ぎ直しサービスもある

スーパー・ササダンゴ・マシンの正体や経歴!煽りパワポとは?

相川優希(いちごみるう)はランチパック変態!仕事は?ブログは?

ローカル路線バス乗り継ぎの旅は第25弾で太川&蛭子コンビ解散!マドンナは新田恵利

亀屋良長の名物は?女将吉村由依子の経歴!危機をいかに救った

斉藤由貴の経歴やドラマや結婚は?若いころの尾崎豊との関係は