オスプレイは沖縄近海に不時着し大破!尾翼の「竜」の文字の意味は?


スポンサーリンク

 

12月14日(水)

ニュースピックアップです。

アメリカ軍普天間飛行場配備のオスプレイが沖縄近海に

不時着、機体は大破しています。

その不時着した機体の尾翼に「竜」の文字が海から突き出ていた

のをニュースを見て疑問に思った人がいるかもしれませんね。

この機体は普天間基地に所属しています。

 

VMM-265 海兵隊中型ティルトローター飛行中隊で別名「Dradons」

ゆえに「竜」

尾翼に書かれた文字は中隊のニックネームですね。

VMM-265所属の機体にはすべて「竜」の文字が入っているのです。

出典:http://gigazine.net/news/20130426-futenma-osprey/

 

ちなみにロゴはこんな感じです。

出典:http://gigazine.net/news/20130426-futenma-osprey/

 

 

 

出典:毎日新聞

乗員2人負傷 国内不時着は12年の「普天間」配備以来初

防衛省や海上保安庁に13日夜、米軍から入った連絡によると、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の垂直離着陸輸送機オスプレイ1機が沖縄本島東沖近海に不時着水した。同日午後11時55分ごろに米軍が救助を求めていた乗員5人を救助した。2人が負傷しており、米軍基地内の病院に搬送されたという。国内でのオスプレイ不時着は2012年の普天間飛行場配備以来初めて。

防衛省関係者によると、事故機は普天間飛行場を離陸し、沖縄本島北部に向かう途中の午後9時半ごろに不時着した。その直前に事故機から「これから降りる」と米軍側に連絡があったという。防衛省によると、場所は名護市東沖約1.6キロの海上。

在沖縄米海兵隊は13日深夜から14日未明にかけてツイッターで「MV22オスプレイ1機が関係する航空機事故が沖縄沖で発生した」などと発表した。「全搭乗員はキャンプ・フォスターの米海軍病院に移送され治療を受けている」としている。

垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが駐機する米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾市で2016年11月17日、和田大典撮影出典:毎日新聞 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが駐機する米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾市で

 

オスプレイはヘリコプターと固定翼機の両方の機能を持つティルトローター式の輸送機。12年10月、米軍が国内で初めて普天間飛行場に12機を配備。現在普天間には24機がある。

オスプレイは開発段階から墜落などの事故が相次ぎ、沖縄県では配備に対する県民の反発が続いている。日米両政府は15年5月、東京・横田基地への配備も発表しています。

 

まとめ

オスプレイの事故の内訳を見ると圧倒的に

おおいのは操縦ミス

これは操縦士の能力が優れていても起こりえるもの。

能力を上回って、より低空で難しい場面では事故は

起こりえます。

 

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

籠池泰典氏の証人喚問の生放送や放映時間は?証人の日当や交通費や質疑者予定も

NO IMAGE

バイトテロSNSの炎上を防ぐ!従業員と普段のコミュニケーションを

NO IMAGE

冷蔵庫に入れるべき「食品」8つ!手を抜くと命にかかわることも?

NO IMAGE

花村淳(はなむらじゅん)は吉本所属!闇営業のギャラは?発覚芸人は?

かるしお認定食品10種と国立循環器研究センターのプロジェクト内容とは

笑福亭松之助師匠のプロフィールや息子や明石家さんまとの関係は?