遠藤謙(ロボット義足)の経歴や学歴!競技用義足以外の研究は?


スポンサーリンク

 

10月31日(月)

プロフェッショナル 仕事の流儀「世界が驚いた!ロボット開発者スペシャル」


放送日:2016年10月31日(月)午後7時30分

 

「ロボット義足」の実用化を目指す気鋭のエンジニア、遠藤謙(38)。

その原動力は、がんを患って足を切断した親友との約束。この夏、実用化に近づいた試験機を試すために、親友が遠藤のもとにやってくることに。果たして結果

 

遠藤謙の経歴と学歴

生年月日:1978年7月10日(38歳)

出身地: 日本静岡県沼津市
国籍 :日本
学歴:2001年慶應義塾大学機械工学科卒業。2003年同大学大学院にて修士課程修了。2005年より、マサチューセッツ工科大学メディアラボバイオメカニクスグループにて博士課程の学生として、人間の身体能力の解析や下腿義足の開発に従事。

2012年博士取得

専門:専門分野 バイオメカニクス、ロボット工学
勤務先 :ソニーコンピュータサイエンス研究所研究員。

プロジェクト D-lab、See-Dコンテスト、D-leg
設計 ロボット義足、途上国用義足、競技用義足

べての人に動く喜びを与えるための事業としてXiborgを起業し、代表取締役に就任。2012年、MITが出版する科学雑誌Technology Reviewが選ぶ35才以下のイノベータ35人(TR35)に選出された。また、2014年にはダボス会議ヤンググローバルリーダーズに選出。

 

競技用義足以外の研究

%e3%81%88%e3%82%93%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%91%e3%82%93

義足と言ってももちろん競技用だけではありません。

義足といえば、競技用にスポット我愛羅るのです。

しかし世界には、戦争や事故・病気などで、足をなくし日常生活もままならない人がたくさんいます。

そういうところを感じ取った遠藤謙さんは素晴らしいです。

その国の実情に合わせ、廉価版の義足を作ったことも評価に値しますね。

 

インドでは病気や事故で足を失う人が多いと聞いた遠藤謙さん。実際にインドに行ってみたら、足を失ったひとりの少年に出会いました。そしてその少年がつけていた義足は、膝が曲がらないタイプのものでした。

そこで遠藤さんは、現地で安価な義足を無償提供していたNGO「ジャイプールフット」と協力して、足の底が地面につくと膝が曲がるタイプの義足を開発し、その少年に届けたそうです。

 

そしてその活動をきっかけに、同じ価格帯でよりよい義足を、現地の加工技術で作れるように設計し、現地の人がビジネスとして成立できるように、技術面からサポートしているそうです。

 

こんな記事もどうぞ!

柴田崇徳博士「パロ」開発者の学歴や職歴!セラピー用ロボとは?

古田貴之(ロボットクリエーター)の経歴!高齢者のためのロボットとは?

夢の扉+でオリィ研究所吉藤健太朗が出演分身ロボット「オリヒメ」開発

ソフトバンク「Pepper」1分で1000体が売り切れ?価格維持費は?

[ad3ad-1]

 COMMENT

関連記事

日本料理人「石原仁司」プロフェショナルの流儀京茶懐石の達人

寺本英仁の経歴!島根県邑南町の場所は?全国自治体注目の理由

伊藤秀男(日本通運)海外運送の仕事技術!役職年収や趣味は?

加藤忠相プロフィール(株)あおいけあの介護事業はどこが違うの?新しい?

池川義輝(焼き鳥職人)「鳥しき」の口コミや場所や予約状況!年商は?

クヒオ大佐の妻「宮沢りえ」主演の舞台のあらすじや評判は【NHK仕事の流儀】