谷亮子(生活の党)自民党から参院選に出馬か?の理由は?自民でも金


谷亮子参議院議員が次回参議院選で自民党から

立候補?という情報が週刊文春よりありました。

そのことについて少し考えてみました。

最近政治家を巡る話題はどうも低レベルのものが多く辟易としています。

スポンサーリンク

谷亮子氏の不可思議な行動

谷亮子氏は現在”生活の党と山本太郎となかまたち(以下、生活の党)”

に所属しています。

前回参議院選では民主党より立候補当選を果たしました。

しかし、生活の党が山本太郎氏と仲間になる際、小沢一郎氏より事前の

説明がなかったことに不信感があるようです。

しかしそれが自民党から出馬する理由だとしたらあまりにも弱くないですか?

 

谷亮子政治家の経歴

2010年第22回参議院通常選挙にて民主党より比例区で出馬、

初当選を飾る2011年国際柔道連盟より女子柔道「史上最優秀選手」として表彰

2012年新党「国民の生活が第一」の結党に参画
新党「生活の党」の結党に参画

 

谷亮子が自民党から出馬をうわさされる?ワケ

■今のところ谷亮子氏の後援会長が自民党とのパイプがある

■小沢チルドレンの代表格の谷亮子氏が小沢一郎氏に不信感をもってしまった

■谷亮子氏が単純に勝ち馬に乗りたい

長い野党生活に飽き飽きした

自民にいってスポットを浴びたい

 

 

谷亮子氏は2010年参院選で民主党から当選。それ以降、国民の生活が第一、日本未来の党と、小沢一郎氏(74)と行動を共にしてきた“小沢ガールズ”の筆頭格だ。
なぜ自民党を選んだのか。
「現役時代から谷氏を支える後援会長が自民とパイプを持っており、打診に応じたようです。近日中に発表する見通しです」(同前)
谷氏本人に話を聞いた。
「生活の党からは出馬しないと会見した直後に、複数の党から参院選出馬の打診をいただきました。どこから出馬ということを含め、後援会の方々と相談している段階ですが、6年前の出馬には反対だった夫も今回は応援してくれています」
自民からの出馬については言葉を濁すが、小沢氏との別れの理由については、
「山本太郎さんと合流する際に、私は副代表だったのですが事前に小沢先生から一切相談がなくて。山本さんが好き嫌いということではなく、一言だけでも筋を通して欲しかったんです」
谷氏が改選を迎える参院選についても、小沢氏は煮え切らなかったという。
「年明けから『統一名簿を実現する』と言って下さいましたが、具体的な動きがないまま国会も閉会してしまって。私が決断しなかったら今も参院選への態度は曖昧だったと思います」
小沢氏から学んだ点については「色々あります」と前置きした上で、「政党の作り方ですね(笑)。これだけ何回も間近で見てきましたので」と、ヤワラちゃんスマイルを見せた。
一方、谷氏にフラれて苦境に追い込まれたのが生活の党。参院選で二人が当選しなければ、国会議員五人以上という政党要件を満たさなくなってしまうのだ。
政治部記者が明かす。
「そんな小沢氏が最近、よく会っているのが維新の党を除名処分になった“浪速のエリカ様”こと上西小百合氏です。あの剛腕が、国会を休んで旅行をしたお騒がせ議員に会うのは、“スカウト”のためではないか」
現在は無所属の上西衆院議員(33)に真相を問うと、
「小沢先生と数回食事に行ったのは事実ですが、生活の党に勧誘されたということはありません。私は安倍政権での憲法改正には反対なので、どこか政党に入るなら野党ですけど」
とあっさり接触を認める。
小沢氏との宴席では選挙の話で盛り上がるという。
「あ まり本会議でお見かけしないので、どういう方かわからなかったのですが、気さくで、本当に選挙に詳しい人という印象です。私が『無所属のほうがポスターを 貼ってくれる方が多い』とか『支援者との会合で十個テーブルがあったら、十杯ビールを飲む』なんていう話をしたら、小沢先生も大喜びでした」
ただ前回、維新の党で比例復活当選した上西氏は、国会法の規定で生活の党には移籍することができず、合流には新党結成しかない。
上西氏は「私のためにありえませんよ」と語り、小沢事務所も、上西氏の勧誘を「事実はありません」と否定する。しかし、エリカ様は笑顔でこうも語るだ。
「でも新党なら私の名前も入るかな。『生活の党と山本太郎と上西小百合となかまたち』って(笑)」

 

まとめ

何せ谷亮子氏といえばだれもが知る

女子柔道の草分け的存在です。

 

柔道選手としてはオリンピックで2度、世界選手権で7度金メダルを獲得した人です。

でも政治家としては当選時には与党であった民主党も

その後数々の失策で国民から愛想をつかされ野党に転落しました。

 

栄光と常に歩んできた人なので、スポットライトが当たらない

野党では満足できないのでしょうか?

 

谷氏は6年前の参院選で民主党から立候補し約35万票を得て初当選した。

民主でも議員、自民でも議員となるか。

実際谷亮子氏がこの6年間で国政の場で何をされてきたか

全く存じませんが、また移籍が噂される自民党で何をしたいかわかりませんが

様子を見たいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

クローズアップ現代大統領選挙に“異変”アメリカ社会に渦巻く不満

森田浩介(九州大学教授)「ニホニウム」発見命名!の経歴や出身大学!

ステーブンバノンの経歴は?過激発言が目立つ!元保守系メディアの会長

小泉今日子書評集「読売新聞」書評欄に連載の97編を出版

NO IMAGE

バイトテロSNSの炎上を防ぐ!従業員と普段のコミュニケーションを

「ぺるりん」下田市のゆるキャラ!私の何がいけない?福井祐輔市長が不快感の理由