一保堂嘉木の煎茶と上生菓子は上質な大人の楽しみです。!


一保堂 喫茶室嘉木

嘉木ではお茶と上生菓子が楽しめます。

スポンサーリンク

江戸時代創業のの老舗です。

茶葉・茶器・陶器を扱う店舗「近江屋」としていまから

約300年前の享保年間(1717年)に創業

品質の良さで評判を得る。山階宮(やましなのみや)より

「茶、一つを保つように」と<一保堂>という屋号を賜わり

 

現在に至る。本店とオンラインショップでしか手に入らない

(一保堂)の銘の入った清水焼の急須・湯のみセットは

憧れの一品です。

さて、喫茶室はいつも満員です。京都外から来られる

お客様も多く、お茶の販売も忙しそうです。

 

茶葉はは煎茶か玉露がおすすめ、

注文すると店員さんが、ポットと時計をもってきます。

 

入れ方もきちんと教えてくれます。

時計は時間を図るためのものです。

 

管理人の奥さんいわく、こんなにきちんとお茶を

入れたことは無いわ^^と言わしめた徹底ぶり

まったく妥協はありません。

 

何度か通うと説明はもちろんスキップしてくれます。

それから、お茶には

必ず今日の和菓子が付いてきます。

 

京都の有名和菓子屋さんより取り寄せた上生菓子

 

また茶葉の色の鮮やかさにも目を奪われます。

鮮やかな色です。茶葉の質がいいのでしょうね。

 

お好みによりお薄やお濃もあります。

観光客の人や外人さんには結構人気があります。

 

お茶も一煎だけでなく、十分三煎まで味が落ちません。

とにかく宮家ご用達だけあって質がいいのです。

スポンサーリンク

管理人はここ嘉木に行くようになり、和菓子のおいしさに

目覚めました。

ここで店員さんに今日の生菓子の和菓子店の場所をきき

何度その和菓子店へ買い物にいったかしれません。

嘉木でゆっくりしてから、和菓子店へ

 

家に帰りゆっくりお茶を入れ、上生菓子をたべる。

大人のぜいたくなひとときです。

 

一保堂 嘉木喫茶室

営業時間:
午前10時から午後6時(ラストオーダー:午後5時30分)

 

東京丸の内店 喫茶室 嘉木 

 

  • 【濃茶
  • ・雲門の昔
    (うんもんのむかし)
    1,188円
  • ・北野の昔
    (きたののむかし)
    1,080円
  • 【薄茶】
  • ・京極の昔
    (きょうごくのむかし)
    648円
  • ・関の白
    (かんのしろ)
    540円
  • ・天下一(てんかいち)
    1,944円
  • ・麟鳳(りんぽう)
    864円
  • ・くき玉露
    702円
  • ・嘉木(かぼく)
    810円
  • ・芳泉(ほうせん)
    648円
  • ・くき煎茶
    594円
  • ・オーガニック煎茶
    864円
  • ・極上ほうじ茶
    540円
  • ・極上玄米茶
    540円
●その他、季節限定のメニューもあります。
  • 玉露
  • ※全てお菓子つき ※価格表示は税込

 

おみやげ

月餅屋直正

わらびもち

わらび餅1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 COMMENT

関連記事

「キューブ型」ババロア「球体」モンブラン、変形スイーツはいかが?

キットカット岩泉ヨーグルトの販売期間やカロリーや台風義援金はいくら?

セブンイレブンスイーツ新製品はいちごのロールケーキ

かき氷奈良の有名店「おちゃのこ」濃い濃い大人の抹茶氷がおすすめ

寺尾玄の経歴とトースターの通販と口コミ!会社売上高推移は?

ランサーズのpookサービス!スキルシェアの内容とメリットは?