仲宗根梨乃のプロフィールや結婚!振付の仕事や担当グループは?


仲宗根梨乃について

スポンサーリンク

日本テレビ系 23:00~

アナザースカイ世界的ダンサー・仲宗根梨乃。ロスでMJへ捧げるパフォーマンス

で仲宗根梨乃さんが登場

仲宗根梨乃さんはダンサー兼振付師で現在はロサンジェルスを拠点に活動を行っています。

 

仲宗根梨乃の経歴

氏名:仲宗根梨乃またはリノ・ナカソネ・ラザラン

生年月日:1979年6月11日(36歳)

学歴:沖縄県立那覇商業学校

 

幼い頃からマイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソンが好きで、自分も将来エンターテイナーになる事を夢見ていた。

小学5年生の時にマイケルが出演する映画『ムーンウォーカー』を見て、進路を固めたようです。

アメリカのエンターテインメント界に近づきたい一心で、沖縄県立那覇商業高等学校卒業後、

19歳で渡米。大学に通いながらダンスの練習を開始しました。

丁度、ジャネット・ジャクソンのバックダンサーオーディションに合格したときであり、悩んでいたところ、ジャネットの尽力で新しいビザが発給されることとなり、

無事にダンサーを勤め上げることが出来た。その仕事が転機となり、様々な仕事が舞い込むようになったそうです。

2009年、アメリカ合衆国のダンス競技番組『America’s Best Dance Crew』シーズン3に、女性ダンスグループビート・フリークスの一員として出演し、準優勝。一気に評価が高くなりました。

2010年、プッシーキャット・ドールズに一時的に加入。

 

 

仲宗根梨乃の結婚について

結婚は2007年7月6日、開業医を父に持つフィリピン系2世の

リー・ラザランと結婚。2012年5月に離婚しています。

 

仲宗根梨乃の振付の仕事

最初は韓国での仕事が多かったようです。

2008年5月に、韓国の男性グループSHINeeのデビュー・シングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」で振付師としてデビューを果たしました。

ココから本格的に振付師の仕事がはじまりました。これをきっかけに、多くのK-POPアーティストの振付を担当することに。

2009年、少女時代のシングル「GENIE」の振付を行う。彼女らの長い脚を生かした“美脚ダンス”が話題になりました。

少女時代オリジナル振付

2011年、ブリトニー・スピアーズのツアー「Femme Fatale Tour」において、「トキシック」の振付を担当。

2013年、台湾のみならず、チャイニーズ居住地で絶大な人気を誇る、ショウ・ルオ(SHOW/羅志祥)の2013年のワールドツアー「舞極限」の振付担当が決まり、話題を呼んでいます。

 

スポンサーリンク

関連記事

小林幸司(イタリアンシェフ)が銀座に店を出した理由と場所や予約方法は?

ロナルド・コットンは冤罪事件で11年の服役!被害者ジェニファーは?

日本相続学会副会長吉田修平(弁護士)のプロフィール【クローズアップ現代】

野村忠寿(野村忠宏の兄)のプロフィール!柔道をやめた理由は?

中村朱美(佰食屋)はどんな人?会社のポリシーや働きやすさを追求!

金美香(チムニー)の年齢や経歴グローバル人財開発部の課長の仕事内容は