新郎新婦から謝辞の文例本人の率直な気持ちを述べよう

新郎新婦からの謝辞文例とは

謝辞は基本両親や親族が述べますが、

新郎新婦本人たちが行う場合も

最近多く見られます。

 

挨拶内容はほぼ同じですが、

結婚当事者本人のため、

より率直な言葉で述べることがコツです。

謝辞の意味

謝辞は主催者側を代表して行うもの

一般的には新郎側の父親が行います。

 

しかし最近では親の謝辞に続いて、新郎または

新婦が挨拶をして宴をしめくくるというケースが

増えています。また両親が挨拶しない

パターンも見られます。

 

謝辞の内容は新郎新婦が行う場合も

両親が行う場合もほぼ内容は同じです。

 

各出席者へのお礼、新生活の決意

今後の支援のお願いなど

最近の披露宴では新郎新婦が

 

謝辞の代わりに、両親への

花束贈呈、記念品贈呈、手紙の読み上げ

そういうケースもあります。

 

本人から謝辞を述べるケース

●招待状の差出人が新郎新婦の場合

●人前結婚式等新郎新婦主体の

結婚式

●列席者がほぼ本人の関係者

●結婚の事情など自分の言葉で

直接説明したい場合

●規模の小さいほぼ身内だけの披露宴

 

謝礼の例文(新郎バージョン)

キーポイント

①列席者へのお礼

②新生活への決意

新しい生活への決意など

③今後の支援

自分たちはまだまだ未熟なので

今後の指導や支援のお願い

④結びの言葉

列席者への感謝の言葉

二人でのべてもいい

[ad#ad-1]

謝辞文例(本人挨拶)

本日はお忙しい中、私たち2人のために

御集りくださり、またそのうえにありがたい

ご謝辞や心温まるお言葉をたくさん頂戴し

本当にありがとうございました。

 

私と花子は本日より夫婦として新たな生活を

スタートさせます。皆様方から

いただいた励ましのお言葉、ご注意をしっかり

またさすれることの無いよう胸に刻み

今後の人生にいかし歩んでまいります。

 

何分いたらない未熟な私たち2人でございますが、

どうか今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう

宜しくお願い申し上げます。

 

これから私どもの歩む道をあたたかく

見守ってくださるようお願いをし

本日のお礼にかえさせて頂きます。

 

本日はまことにありがとうございました。

 

まとめ

気持ちのこもった謝辞を書くことができれば

最高です。素直に自分の思ったことを

文章にできればいいでしょう。

[ad#ad-1]

 

 

 COMMENT

関連記事

婚約・結婚・内縁の婚約・結婚・内縁のトラブルで困った時の解決法!相談機関は?

NO IMAGE

婚活にアラフォー男子が成功する方法勘違いをなくす事!!

男性に出会える4つの幸せを呼ぶ習慣とは?難しく考えないこと

結婚式での上司・主賓のスピーチつまらない3つの理由と解消法とは

結婚式で余興を頼まれたら、慎重に準備しマナー違反がないように

披露宴の役割分担、事前の打ち合わせは抜かりなく行おう!