ジョントラボルタ「パリより愛をこめて」映画で驚いた豹変ぶりは?


パリより愛をこめて

 

いきなりだめだしではありません.

題名はたぶん007の「ロシヤより愛をこめて」から

「パリより愛をこめて」になったのだろうけど

「パリを血にそめて」とか「テロリスト・イン・パリ」

「パリのテロリスト」

管理人ならそういう題名をつけたかな

 

ひさびさ、トラボルタ映画を観ました。

じゃまなカツラ?植毛?もとって暴れまくり

かっこよかったですよ。

 

今回は実力派 ジョナサン・リース=マイヤーズとの

ダブルキャストのおもむきです。

 

ジョントラボルタがジョナサンの実力にほれ込み

キャスティングをお願いしたようですよ。

「96時間」の製作リュック・ベッソン&ピエール・モレル監督の

コンビによるスパイ・アクション。

 

 

スポンサーリンク

 

パリのアメリカ大使館に勤務し、

人も羨む生活を送ってい るリース(ジョナサン・リース=マイヤーズ)

だったが、彼の裏の顔はCIAの下級職員で、

夢は正真正銘のエージェントになることでした。

 

そんなある日、 CIAからリースにある事件の捜査指令が下り、

ワックス(ジョン・トラボルタ)という

スキンヘッドの男とコンビを組むことに。

 

制作コンビがあの2人なので予想していました。

さてトラボルタはどれだけ敵を殺したのか?

もうやたらめったら拳銃をぶっ放しまくり

 

何のためらいもなくぶっ放しまくります。

ここまで行けばきもちがいいですよ^^

 

時々小粋な?ギャグを織り交ぜます。

とにかくトラボルタが暴れまくっているだけ、

スキンヘッドになってカツラもとって暴れまくっています。

 

トラボルタはやはり存在感がありますね。

 

トランスポーターのジェイソンステイサムも同じ路線です。

強くてスキンヘッド

この作品も制作・脚本がリュックベッソン

リュックベッソンはこういうイメージの

主人公がすきなのかな。

 

スポンサーリンク

 

 

この暴れっぷりからあまり

「パリより愛をこめて」というほど愛を感じません。

 

しいて言えばカシア・スムトゥアニク

が自爆テロを試みて失敗するシーンで

愛を感じました。

 

監督
ピエール・モレル
製作
リュック・ベッソン
インディア・オズボーン
製作総指揮
ビルジニー・ベッソン=シラ
脚本
アディ・ハサック

キャスト

  • ジョン・トラボルタ=チャーリー・ワックス
  • ジョナサン・リース=マイヤーズジェームズ・リース
  • エリック・ゴードン
  • リチャード・ダーデン
  • カシア・スムトゥアニク=キャロリン

まとめ

トラボルタはやはりいい。

敵のスパイ役のカシア・スムトゥニアクが美しい。

トラボルタは女性好きそうなので

彼女には出演キャスティングの希望は

出さなかったのかな?

カシア1

彼女についてはまた記事を別に書きます

 COMMENT

関連記事

『追憶』の映画公開日と監督は?キャストやあらすじネタバレ!

『君の名は。』が大ヒット口コミ評価がヤバイ!予告編や興行成績を紹介

岡本多緒の出演作はなに?学歴や体重や 髪型について紹介!

美少年ケイン・デニスのプロフィール!国籍は芸能活動や来日情報は?

BB-8スターウォーズ新キャラはシリーズ史上最高に「カワイイ」かも

樹木希林のエリカ38(遺作)公開日やあらすじは?モデルは山辺投資詐欺