AWA利用料引下げ月額960円!音楽定額配信サービスは根付くか?


音楽定額サービスAWA(アワ)の月額利用料値下げ

AWAの月額利用料が値下げされます。

 

エイベックス・デジタルとサイバーエージェントは

音楽定額配信サービス「AWA(アワ)」の利用料を

値下げしました。

プレミアムプランを「スタンダードプラン」として

利用料を月額1080円から月額960円に値下げしました。

使い始めの無料期間が終わって利用者がいったん離れたら

再び有料の契約にユーザーを戻すのが

大変です。

1000円未満でユーザーの心理的ハードルを引き下げ

腰の定まらない消費者を捕まえる作戦でしょう。

各社魅力的な定額配信ですが

管理人は現在どのサービスとも

契約予定はありません。

理由は単純で、いまあまり音楽を聴きたい

心境ではないから。タダそれだけです。

聞きたくなったらまたその時契約します^^

 

スポンサーリンク

AWAの料金プラン

フリー ライト スタンダード(旧プレミアム)
月額料金 0円 360円 960円
再生料金 月60分 無制限 無制限
再生曲のスキップ 1時間に6回まで 1時間に6回まで 無制限
リコメンド機能  ○  ○
 プレイリストの再生  ○  ○  ○
プレイリストの再生 ×  ×  ○
 オンデマンドの再生 ×  ×   ○
 リピート再生 ×  ×   ○
 オフライン再生 ×  ×   ○

 

AWA定額配信サービスとは

定額制配信は月額利用料を払えば、楽曲を

好きなだけ聞けるもの。

ストリーミング配信とも呼ばれます。

 

欧米では1曲ずつ購入するダウンロード型から

定額配信へ移行が進んでいます。

 

日本でもアップルなどの相次ぐ参入で注目されています。

 

本格普及が見込まれていますが、類似サービスの

相次ぐ乱立で、ユーザーが混乱しています。

またポータルサイトもサービスの内容の

説明がへたくそで、ユーザーが戸惑っているのでは

と推察されます。

またこの種のサービスを複数契約する

ユーザーも日本ではそうそういなと

思われます。

AWAはエイベックスとサイバーエージェントが

開発した定額制サービス。

平成27年5月27日から配信し、使い始めの90日

は無料期間。

 

スポンサーリンク

 

今月25日から順次無料期間が終了し

利用者プランの変更が今後出てきます。

 

なのでこのタイミングでAWAはプレミアムプランで

値下げに踏み切ったのでしょう。

 

この960円とはくしくも、米アップルの定額制

サービス「アップルミュージック」の月額料金980円

より20円安い金額です。

 

あわせて配信曲数も当初500万曲目標と

していたものが、アップルの3000万曲以上の

品ぞろえに合わせ、洋楽を充実させることにより

アップルなみの曲数を目指しています。

 

邦楽だけではAWAのほうが優位性があるとも

言われています。

日本のユーザーにはそのあたりがアピールポイント

になるかと思います。

 

まとめ

ユーチューブなどの普及で日本のユーザーは

無料でデジタルコンテンツを消費することに

なれています。

 

音楽だけでなく画像も動画も無料で楽しめます。

著作権侵害がユーチューブの場合おおく

削除のかのうせいもありますが、

従って自分の聞きたい音楽が

自由に聞けない不自由があります。

 

このことから日本人の有料の壁は

高いといわざるを得ないです。

この壁をユーザーに飛び越えてもらうには

AWAのサービスにますますの改革が必要。

WEBページでの説明も研究が必要と思われます。

WEBはもっとわかりやすくね.

 

個人的にはいまどの音楽定額配信に契約予定は

ありません。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 COMMENT

関連記事

京都の夏のひんやりは!宇治の中村藤吉本店でお茶のスイーツを堪能

ブロススープカップの販売場所や期間や価格とカロリーは?女性に人気!

「メルカリ」or「ヤフオク」の利用の年齢層に差は?長所生かし使い分けを!!

「ストリエ」小説投稿アプリは登録者募集中、LINE風デザイン

ブルーシールの関東の店舗はどこ?通販やメニューやカロリーも調べた!

ヤマト運輸人手不足で宅配サービス見直し!再配達料金を徴収すれば?