株式会社刀の決算内容や上場はいつ?社長の森岡毅氏経歴は?【カンブリア宮殿】

株式会社刀が3月1日(金)ガイアの夜明けで取り上げられます。
株式会社刀といえば、あの森岡穀氏が社長を務める会社です。
森岡氏は同社を上場企業にするために立ち上げたのは明らか。

では株式会社刀の決算内容と森岡社長の経歴を見ていきます。

元USJ夏山桂三がレゴランドアトラクションを手がける

  • 会社名:株式会社刀(Katana Inc.)
  • 本社所在地:大阪府大阪市西区靱本町1丁目16番8号
  • 代表者:代表取締役CEO 森岡 毅
  • 資本金:9,900万円
  • 業績:2022年11月期までの通期本決算の業績の推移や財務が公開されています。

決算情報(Financial information)

株式会社刀_決算公告

企業情報(Company profile)

  • 会社名
    株式会社刀
    Katana Inc.
  • 資本金
    9,900万円
  • 本社所在地
    大阪府大阪市西区靱本町1丁目16番8号
  • 代表者
    代表取締役CEO  森岡 毅

※株式会社刀 公式WEBサイトより

損益計算書 / Profit and loss statement

 

 

株式会社刀_PL_損益計算書_グラフ
項目 金額
当期純利益 Net income -2.53億円

貸借対照表(バランスシート) / Balance sheet

株式会社刀_BS_バランスシート_グラフ
項目 金額
流動資産 Current assets 69.53億円
固定資産 Non-current assets 97.02億円
流動負債 Current liabilities 11.07億円
固定負債 Non-current liabilities 6億円
純資産 Net assets 149.4億円
株式会社刀_BS_バランスシート_グラフ
項目 金額
総資産 Total assets 166.5億円
利益剰余金(内部留保) Retained earnings 9.44億円
純資産比率 Capital ratio 89.7%
ROA(総資産利益率) Return on assets -1.5%
ROE(自己資本利益率) Return on equity -1.7%
流動比率 Current ratio 628.1%

スポンサーリンク

株式会社刀森岡毅社長の経歴

森岡 毅(もりおか つよし)

  • 戦略家・マーケター。
  • 大学卒業後、P&Gに入社。
  • P&G世界本社(米国)へ転籍し実績を上げた後2010年ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に入社。
  • 高等数学を用いた独自の戦略理論を構築した「森岡メソッド」を開発、経営危機にあったUSJに導入し、わずか数年で劇的に経営を再建。
  • その使命完了後の2017年、マーケティング精鋭集団「株式会社刀」を設立。「マーケティングとエンターテイメントで日本を元気に!」という大義を掲げ、集客施設においては西武園ゆうえんちのリニューアル
  • 破綻した旧グリーンピア三木(現ネスタリゾート神戸)をわずか1年でV字回復、22年7月より経営権を引き継ぎ、更なる発展を目指す。
  • 他にも成熟市場である外食産業や金融業界など多岐に渡る業種・業界において抜群の実績を上げながら、沖縄北部テーマパーク事業の実現に向けて邁進している。

株式会社刀の上場予定は?

現時点では株式会社刀の上場予定日や市場についての具体的な情報は見つかりません。
CEOの森岡穀氏の考えでは、沖縄JUNGLIAテーマパークの開業時期に合わせ上場を計画しているのではという予定が有力です。

株式会社刀とは革新的なテーマパーク事業を手がける企業であり、特にその代表取締役CEOである森岡穀氏は、業界内外で高く評価される人物です。森岡氏の経歴には、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のV字回復に貢献したことや、ネスタリゾート神戸、西武園ゆうえんちなどのテーマパーク再生プロジェクトへの参画が含まれます。これらの成功を経て、森岡氏は2017年に株式会社刀を設立し、次なる野心的なプロジェクトとしてJUNGLIAテーマパークの開発に着手しています。

JUNGLIAテーマパークは2025年夏に沖縄県北部での開業が予定されており、サファリライド、ジップライン、気球などのアトラクションの他、天然温泉や沖縄の伝統料理を楽しめるレストランを提供する予定です。森岡氏は沖縄の自然環境、地政学的利点、観光産業への挑戦可能性を理由に、この地を選びました。

JUNGLIAテーマパークの開発は、沖縄の経済に対して大きな波及効果をもたらし、地元の観光産業の発展に貢献することを目指しています。森岡氏はこのプロジェクトを通じて、地元経済の活性化、就業機会の創出、そして地域の自然や文化の価値向上に寄与することを期待しています。

このように、株式会社刀と森岡穀CEOは、革新的なアイデアと実行力で、日本のテーマパーク業界に新たな風を吹き込むことを目指しています。JUNGLIAテーマパークは、ただのアトラクションの集まりにとどまらず、地域社会への貢献や経済的な波及効果も視野に入れた、野心的なプロジェクトと言えるでしょう。

株式会社刀と森岡穀CEOのビジョン

株式会社刀は、革新的なアプローチでテーマパーク業界に新たな息吹を吹き込む企業です。森岡穀CEOは、独自のビジョンと実行力で、地域社会への貢献と経済的波及効果を生み出すことを目指しています。彼の指導のもと、株式会社刀は、ただの娯楽提供者にとどまらず、地域経済の活性化と文化的価値の向上を図る社会的企業として位置づけられます。

森岡穀CEOの経歴と株式会社刀の設立背景

森岡氏は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)での成功経験をはじめ、複数のテーマパーク再生プロジェクトで実績を上げてきました。これらの経験から培ったノウハウと情熱を基に、2017年に株式会社刀を設立。革新的なテーマパークの開発を通じて、新しい顧客体験を提供し、地域社会への貢献を目指しています。

JUNGLIAテーマパークの開業計画と特色

JUNGLIAテーマパークは、沖縄の豊かな自然を生かした、恐竜サファリライドやジップライン、気球などのアトラクションを提供する計画です。このテーマパークは、地下1600メートルからの天然温泉や、沖縄の伝統料理を提供するレストランを併設し、訪れる人々に特別な体験を提供することを目指します。

スポンサーリンク

沖縄を選んだ理由

森岡穀氏は、沖縄が持つ豊かな自然環境、地政学的な利点、そして挑戦的な観光産業の可能性を高く評価しています。沖縄の年中安定した気候とエキゾチックな魅力が、テーマパーク事業の成功に不可欠な要素と考えられました。

テーマパーク事業への挑戦と未来の展望

森岡氏は、JUNGLIAテーマパークを成功させることで、沖縄だけでなく世界各地での多拠点展開を目指しています。テーマパーク事業を通じて、沖縄の経済に波及効果をもたらし、地元観光産業の発展を促進することができると信じています。

社会への影響と地域貢献

JUNGLIAテーマパークは、地元経済の活性化、就業機会の創出、地域の自然や文化の価値向上に寄与することを目指しています。森岡氏は、このプロジェクトを通じて、沖縄県だけでなく日本全体の観光産業の発展に貢献したいと考えています。

株式会社刀と森岡穀CEOは、その革新的なアプローチと社会への貢献を通じて、テーマパーク業界において独自の地位を築いています。JUNGLIAテーマパークの開発は、ただの娯楽施設以上の価値を生み出し、訪れる人々に新しい体験と地域社会への貢献をもたらすことでしょう。

 

 

関連記事

西村琢(ソウエクスペリエンス)の学歴や家族は?【カンブリア宮殿】

服部匡志(ただし)フリーランス眼科医の経歴や著書!ベトナムとの関係?

テルモ社長佐藤慎次郎のプロフィールや年収は?本好きで有名

柏屋5代目本名善兵衛の薄皮饅頭は通販可能?日本三大饅頭も紹介!

桑田一成(エコリング社長)の経歴や大学は年商は100億突破!

鈴木純子(矢場とん女将)の経歴や通販!店のメニューやアクセスは?