カストーディアルに込めたディズニーランドの魔法の哲学とは?

カストーディアルの役目

はただ掃除をする清掃員ではありません。

ディズニーの掃除に込めた哲学とは

どういうものなのでしょう。

 

 

ディズニーランドではテーマ・ショーを

完璧なものにするため、従業員の身だしなみや

清掃には特に力を入れています。

 

其の中でも清掃にはディズニーの哲学

がすべて詰まっているといえます。

 

東京ディズニーランドの社員研修でも

掃除は必ず研修メニューに含まれてます。

 

開園中はカストーディアル(清掃人)は各々

担当エリアがあります。

 

どんな小さなゴミでも15分以内に回収する

システムになっています。

 

閉園後は何百人のナイト・カストーディアルにより

オンステージが水洗いされます。

 

掃除の基準は赤ちゃんがハイハイしてもOKという程度

という厳しいものです。

 

こういった考えもウォルト・ディズニーの

哲学に基づいたものです。

 

ディズニーは「ディズニーランドは夢の国

夢の国にはゴミひとつ落ちていてはダメ」

といっていました。

 

スポンサーリンク

 

ディズニーランドは排出するゴミにも

ずいぶん注意しています。

 

ゴミは臭いがでるため、できるだけ臭いをださず

ゴミを収集しやすいよう食べ物をのせる容器は

軽い紙皿やプラスティックが使用されています。

 

そしてゴミ箱は臭いが出るまえに回収され

バックステージに集められます。

 

清掃にまつわるこんなエピソードを

聞いたことがあります。

 

ある冬の日人事担当役員と人事部長がトイレを

とおりかかると、若いキャストがトイレに向かって

「ずいぶん汚れちゃったね。おれがきれいにしてやるから」

 

事情を知らない役員は「彼は大丈夫なの?」ときくと

「あれはアメリカのディズニーランドで

教えている方法なのです」

と人事部長は答えました。

 

 

このキャストはかって、深夜の清掃を担当する

ナイト・カストーディアルという仕事に就いた時

広いオンステージで一人働いている自分を

心細く思ったそうです。

 

その頃カリフォルニアのディズニーランドで

彼と同じ仕事に就いていた人で、素晴らしい

キャストが居ると聞き、カリフォルニアの

研修ツアーに参加したそうです。

 

彼はそのキャストにアイ自分の悩みを

打ち明けました。

 

するとそのキャストは「すばらしい仕事だし

さびしいなんて全然思わないよ」と答えました。

 

だってここに並んでいるのは僕の友達だから

と自分で名前を付けた便器を端から紹介しました。

 

彼はそのキャストの熱意に感動し東京に

戻った数か月後に、トレーナーに昇進しました。

 

カストーディアルのマニュアルには

「私たちは掃除をしているのではなく、掃除という

ショーを行うのです」

清掃はタダ綺麗にするだけではなく

キャストの自覚も磨いているのかも

しれません。

 

まとめ

ディズニーランドは掃除も一つのショー

掃除ににはディズニー哲学がすべて詰まっています。

なんと素晴らしいことではないですか?

みなさんも今度ディズニーランドに行かれたら

カストーディアルをそういう目でみたら

ディズニーランドもっと好きになると

思いますよ。

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

日本一学生の多い街、なんと10人に一人が大学生の京都市!

合格祈願のめでたいお菓子2017年版発売日や受験前の食事も紹介!

城戸真亜子のプロフィールや現在!結婚や子供は?絵画や介護は?

鉄緑会の指定校や学費は?東京大学理科三類の6割が入塾した!

「泊まれる本屋」本棚の中にベッドが。施設や宿泊料金注意点は

人気フィギュアランキング ベスト20