松本洋一 (寝取られ俳優日本一)の経歴や演技は出演本数が半端ない

 

じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~

2020年2月13日(木)  24時12分~25時00分  テレビ東京系

日本一の寝取られ俳優と言われている松本洋一さんが出演。

 

松本洋一は月に多くて10本、これまで推定500本ものAVに出演。いわゆる不倫モノ……妻や彼女を寝取られる役を演じ、現在は“日本一のネトラレ俳優”の異名を持つ松本洋一さん(41歳)。とはいえ、誤解なくいっておきますが。

実はAV男優ではなく、純粋な俳優なのです。主役がAV女優であることは言うまでもない。次いで、その相手役となるAV男優。AV作品において、AV女優との“絡み”がないネトラレ役は、いわば脇役である。松本洋一 の寝取られ役だが、ストーリー性が重視される不倫モノにおいては無くてはならない存在だ。

それも俳優の演技力を要求されるのはもちろんです。
自ら俳優の道を選んでから芸歴は20年を超える松本洋一さん。
ベテラン俳優である。

ではなぜ寝取られ俳優なのか?

高校2年生の時に親戚のおばちゃんが心筋梗塞で急に亡くなっちゃって、葬式の後におじちゃんと花札をしたんです。おじちゃんは気丈に振る舞っていたのに、その一週間後に首を吊って死にました。それで悟った。

高校を中退し、俳優を目指した。事務所には入らず、最初からフリーランスだった。だが、現実はそう甘くはない。売れない。考えてみればこれが普通なのだ。

まったく芝居の仕事は増えなかったのだ。その後、花屋やアンテナ工事、お好み焼き屋、弁当屋など、20種類以上のアルバイトを経験したという。

そんなある日、役者の先輩でから「AVのエキストラが足りないんだけど、出てくれないか?」きっかけは予想もしないことから始まった。

紹介していただいた先輩自身もはネトラレ役としてAVに出演していた。

松本洋一はAVに出るっていうことに嫌悪感まではいかないけど、当初はあんまり良いイメージを持てなかった……。

もしもAVに出たら、“AV男優”という扱いになってしまうんじゃないかと。将来、CMとか大きな仕事が入った時に、ネックにならないかって心配になった。

先輩から紹介されたAVのエキストラの現場に行ってみると、AVのネガティブなイメージは覆された。

[ad#ad-1]

「その監督さんの作品はすごく内容がしっかりしてたんです。ドラマ仕立てで台本があって、ちゃんとストーリーや構成がある。これなら、アルバイトばかりで何もしないより絶対やったほうが良いな、と。役者として少しでも多くカメラの前に立って、台本があって、芝居をする環境にいるべきだと思いました」

仕事のない環境より仕事のある環境を選んだ。

監督から「次回は、妻を寝取られてしまう旦那役をやってくれないか?」とネトラレ役での出演オファーを受けたのだ。松本さんは、「ぜひお願いします」と即答した。

最初は月に1本だったAVの仕事が、5本、6本……と次第に増えていった。もはや、不倫などの作品において必要不可欠な俳優になったのだ。

役者として“寝取られている人”を演じているだけ。悪いことをしているわけでもないし、マイナスなんてないんです。AVといえど、れっきとした作品。

もちろん、世間から賛否があることは理解してますが、現場のみんなは一生懸命やっていて、実際たくさんの人が見てくれています。よくよく考えたら隠す必要なんてないし、もったいないと思って。自分が“ネトラレ俳優”であることをオープンにしたんです」

2018年からTwitterなどのSNSで自ら発信するなど、世間から認識されるように動いた。その結果、個性派俳優のひとりとして松本さんの名前が広く知られるようにもなってきた。

 

[ad#ad-1]

松本洋一の演技は

松本洋一演技はシッカリする。たとえAVといえど、台本を事前に渡してくれない作品には絶対に出演しないというポリシーがある。

松本洋一にはAVはもちろん普通のドラマと何ら変わらないのです。
作品の性質上縛られて転がされた状態で演技することも多い。
当然AVはAV女優が主役、次にAV男優でも視聴者はAV男優の顔など覚えていない。

ましてや寝取られ役の松本さんの顔など覚えていることはないでしょう。
だって画面の隅で転がっている役が多いから。しかし松本洋一さんの演技に手抜きは全くありません。

松本洋一出演作

禁断の事件簿 ストーカーを愛した女
ほか約500本のAVに出演している

[ad#ad-1]

関連記事

NHK連続テレビ小説の歴代作品を表にしました。あの作品も

「並木月海(ボクシング)プロフィール!高校と身長は?戦績から五輪も!」

辻井いつ子(ピアニスト母)のプロフィールは元アナウンサー?教育法は

井上尚弥の父真吾が座間市アパートを経営!事故物件の経営は辞めず

杉本八郎(元エーザイ研究員)の経歴や研究!母の認知症を治したい

高森洋(傾き住宅)の経歴や会社名不同沈下の専門家【ホンマでっかTV】