鳥井篤史「KAGUNOMI-DOU」のフィンガースイーツ【LIFE~夢のカタチ~】


LIFE~夢のカタチ~ 珠玉のひとくちスイーツでバレンタイン!

2020年2月8日(土)  11時00分~11時30分

洋菓子店がひしめくスイーツ激戦区、大阪市西区新町にパステルブルーの外壁がステキなフィンガースイーツの専門店「KAGUNOMI-DOU」があります。
オーナーパティシエは鳥井篤史さん。

フィンガースイーツは受ける、今の時代にピッタリ、インスタ映すること請け合いのお菓子ですよ。

スポンサーリンク

 

どうして、フィンガースイーツを作るのにいたったか?パティシエの経歴は?
調べてみました。

オーナーパティシエの鳥井篤史さんはホテルでの修行からお菓子作りの基礎を学び、イタリアン・フレンチ・スパニッシュなど数々のレストランでの経験を通して、デセールや各国の料理・食文化についての造詣を深めていきました。

鳥井篤史さんがフィンガースイーツの専門店を思いついたのは、イタリアのバール文化の影響。

イタリア人は仕事の行き帰りや合間にフラッと訪れては、コーヒーやお酒を味わう文化があります。スイーツをもっと気軽に楽しむ文化を作りたいと、鳥井さんはバールのスタイルが気に入っていたのです。もともと自分のお店を持つことは夢だったのですが、どこにでもあるようなスイーツショップではない「スイーツバル」を作ろうと思っていました。

スイーツバルはイタリアンバールから着想を得て、イタリアンバルにあるブルスケッタ(パンの上に具を色々な具を乗せた一口サイズの前菜)みたいなスイーツを作っちゃおうと考えたんです。

なかでも、鳥井篤史さんのこだわりは、フィンガースイーツとワインのマリアージュ。ソムリエの資格を持つ、イタリアンワイン専門店のオーナーの意見を聞き、ワインをセレクトしています。

鳥井篤史さんは高校時代の友人の設計士とお互い夢を語り合う中で「自分が独立したらお店を設計してくれ」って頼んだです。そしたらその夢が本当に実現して、このカグノミ堂が出来上がったというわけです。

店名の由来のカグノミは「香木実(かぐのきのみ)」と書くことができ、もともとは日本のお菓子の始祖とも言われた果実のことを指す言葉。

鳥井篤史さんはそんな日本の伝説とも言えるお菓子の始祖の名前を店名に付けたいと思い、カグノミ堂という名前が思いついたんですよ。

バレンタインに向け、鳥井篤史さんは店名のルーツになったフルーツの「橘」を使ったスイーツを作ることに。どんなスイーツが完成するのでしょうか?バレンタイン用のフィンガースイーツ作りに密着します!

スポンサーリンク

 

鳥井篤史「KAGUNOMI-DOU」の口コミ

クロスタータ(シャインマスカット).ネロ.チョコラテ 各320円 アイスティー 500円 合計金額1460円

いつも週末ばかりやから
いつ来ても狭いイートインは満席!
もう10回ぐらい前まで来て帰ってるんちゃうか。
今日も最初前通った時は満席!
30分後もう1回来たら 「うわっ空いてる♪」
やっとやん!諦めんで良かった〜〜

13時過ぎ、まだまだたくさんあるわ〜
あほやから5個ぐらい食べてしまいそうやけど
3個で我慢しよう♪

分かった!この店何でオープンが遅いのか。
お酒飲む人が多いねや。
今日も何回もお酒おかわりしながら
その都度ケーキも食べてる人が居てはった。
1つが小さいから食べれるし
足らんかったら追加してしまう。
酒入ったらもっとそうなるやろな〜

クロスタータは極薄タルトで
コーヒー、紅茶って感じやけど
チョコかチーズ系やったら
「酒や酒!酒もってこい!」
ってなるかー。そんな酔っ払いこの店に居らんわ!
そんな店ちゃうねん!
でもお酒にも合うやろな〜(笑)

いろんな種類を食べたい人にはええな。
多分15種類ぐらいやったと思うから
オッサン本気出したら全部食べれるで!

もしくはセレブ買いしたろ!
カッコつけて「全種類ください!」って。
それでも5000円ぐらい。
逆にカッコ悪っ!
オッサン店出たら全員に笑lunch:5.0

 

スポンサーリンク

 

  • 2019/05訪問ジュエリーのようなスイーツ☆

    lunch:5.0

    • [ 料理・味 5.0
    • | サービス 5.0
    • | 雰囲気 5.0
    • | CP 3.0
    • | 酒・ドリンク 4.0
    使った金額(1人)
    ¥1,000~¥1,999

昨日は、『脱.オッサン 女子休日』な1日で相方さんと久々にLove×2な休日...

大阪.なんばから1駅の西大橋駅そばの『カグノミ堂』 https://www.kagunomi-dou.jp さん。

可愛い入り口をくぐると、ウッディな空間の奥にはジュエリーショップのようなショーケース。
ショーケースの中には、ジュエリーと見まがうようなプチサイズのスイーツがいっぱい(///∇///)

濃厚なチョコがそびえる『オランジット』、可愛くイストロベリーがデコされてる『タルトフレーズ』、ワインといただきたいぐらいクリームチーズを大人なお味に仕上げた『マルチーズ』など『美味しいスイーツそ一口ずつ』な珠玉のスイーツをいただきました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

お腹空かしていったら全種類制覇できたかも知れないぐらい(笑)、可愛くって美味しかった(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜♪

ここだけのために西大橋に立ち寄った甲斐ありました♪

おそらく、季節ごとのフルーツでメニューの入れ換えもあるのかと思うので、季節を変えてまたおじゃましたいですv(・∀・*)

関連記事

GWの穴場の花の都公園はチューリップが見頃です。

紀州犬激減の理由はブリーダーの高齢化や小型洋犬全盛のため?性格は?

くにさきオイスターは通販で買える?値段やサイトは?ヤンマーが経営

長谷康弘(長谷園8代目当主)の経歴や家族は?『かまどさん』の特長は?【カンブリア...

NO IMAGE

深町久美子(セラピスト)の経歴や職業は?和田耕治の妻で著書は

千代川宗禎(ちよかわそうてい)の寺や経歴はガッツリ系の説法が効く